フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2017年8月14日 (月)

余談

このところ本業が忙しく、なかなかこのブログの更新もできませんし、これと言ったコレクションも入手できませんので、人形とは関係ありませんが、いつも四十八手人形を指南してくれる知人の話しを書こうと思います。

知人もわたし同様自営業ですで、年に何回か地方へ出張することがあります。(もっとも零細企業の社長なので、金銭感覚はシビア。)

その際は商談場所の近く(少し遠くても)の、お楽しみのある繁華街に必ず宿泊するそうです。(例えば、東京都心で仕事があっても、西川口や横浜の黄金町や川崎など)

知人も私と同世代なので、最近では少々の熟女がお相手でもアンネの日がある女性なら、「カワイイ!」と思えるそうです。
先日、長野県の仕事の帰りで、岐阜 K園の格安 石鹸の国に行ったときの話し。(画像はOGT温泉です)

O1
超熟女店で一番若い嬢(推定45歳)と一戦まみえたとき、1.5諭吉で時間は50分だったそうですが自称「早撃ちマック」なので、、マットで泡踊り後、時間が余って、耳掃除、全身マッサージと、十分満足だったそうです。
嬢の容姿については、(知人は)小池栄子に似ていると思い込もうとしていたところ、嬢が自ら「山村紅葉に似ていると言われる」と聞いたとたん、モミジにしか見えなくなったとのことでした・・・ coldsweats01

ま~、知人曰く「若いころは自分より年上の嬢だと損した気分だったが、今はたいがい年下なのでラッキーとしか思えない!」そうです・・・達観、達観・・・

とは言うものの、関西には新地もたくさんあり、そこではかなり若い嬢もお相手してくれるそうです。

K17
でも知人は若い嬢より、やっぱりアラサー、アラフィフのお姉さんが好みで、楽しんでいるそうです。
聞いたところ、S新地のお気に入りのお姉さんが突然いなくなり、かなり落ち込んでましたが、今年復帰したそうで、喜々と指名してまた通いはじめました。

私は風俗にはあまり興味ありませんが、人の好みはそれぞれですね。
(TBT新地は私も友人に誘われて見学したことがありますが、ちょっと昭和初期にタイムスリップしたような不思議な感覚に襲われました。)

K18
知人もええ歳なんで「いかげんせい!」と言いますが、こればっかりは病気みたいなもんで、なかなか治らないみたいですね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年7月13日 (木)

愛しのマリリン

と言うほどマリリン・モンローのファンではありませんが、発売当時から気になっていたブリッツウェイのマリリン・モンローのスタチューを入手しましたので紹介します。

Ma1
スケールは1/4で高さ約45cm。

Ma7
マスプロ製品としては、ま~ま~よく出来ていると思います。

Ma2
でも市場価格が3~7万円と考えると、塗りがいまひとつですねかね。特に肝心の瞳の塗りは出来が悪いように思いました。

Ma8
さてそれ以上にがっかりさせられたのはここ。

Ma4
バストを拝もうとドレスをずらすと・・・なんじゃこの継ぎ目は!?

Ma5
最近の日本製の美少女フィギュアの出来る限りプロポーションやディテールを損なわないよう巧妙なパーティングラインや分割を見慣れた身としては、いくらドレスに隠れているとは言え、この分割ラインは許せる範囲を超えているでしょう。

Ma6
私としてはドレスを脱がせば、それこそセックスシンボル マリリン・モンローの悩殺超絶ボディが、あんな所やこんな所までくまなく再現されているフィギュアと勝手に思い込んでいましたので、ガッカリの3乗でした。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年7月 4日 (火)

骨董市の戦利品

最近の楽しみは新地通いと骨董市通いしかないと、知人が言うてました。
私も似たようなもんで、先日も恒例の「京都大アンティークフェア」を覗いてきました。

A1
ま、いつも何も買う気は無く、何か面白いものを見るつもりで、財布には小銭しか入れて行かないんですが、今回たまたま万札が数枚まぎれこんでました。

A2
まともな骨董には目もくれず(と言うか知識ゼロ)、いつものように興味のあるものだけ見て回ります。ま、値段を聞いても手の届く値段じゃないので。

A3
何軒か春画や裏絵人形を置いているディーラーがありました。

A4
そんな中で一軒、きれいな裏絵博多人形が置いてある店があり、値段を聞くと手が届かないでもない値段なので、ちょっと高かったですが買っちゃいました。(ま、高級ソープに行くと思えば安いもんやで。と知人)

B1
ぱっと見、博多人形の伝統的な意匠で、作りも綺麗だと思います。

B2
いいですね、このうなじ。色っぽい!

B3
お顔も美しい!
B4
このままで十分鑑賞に堪えうる作品だと思いますが・・・

B5
・・・・裏返すと

B6
とても艶っぽい造型!お見事!

B7
物理的にはあり得ない格好で、かわいい三毛猫が秘所をペロペロ。
B8
一緒に買った小さい春画人形の老彫り師。

C1
ときどきネットオークションでも出ますが、割と高額になったりします。
C2
小さいので、作り自体はおなざりです。
C3
すでに持ってる大きなものと。やっぱりこちらは出来がいい!

C5
実は今回のアンティークフェアでこの意匠の九谷焼人形を見ました。

A5
まったく同じデザインで、ちょっと期待して裏返すと・・・

A6
むむむ・・・何も無い・・・

A7_2
んんん・・・骨董って面白いですね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年6月11日 (日)

陶製裸婦像

ネットオークションでまた面白いものを入手しました。

陶人形師 追平陶吉氏の裸婦陶像。

O6
追平氏は戦国武将の陶人形で有名だそうですが、これは以前の持ち主が直接作家から購入したそうです。

O7
独特の力強い造形ですね。3kg以上とずっしりと重く、大きさは高さ37cmほどあります。

O8

O9
やっぱり気になるのは赤い腰布。

O10
めっくてみると・・・・独り遊び中でした!coldsweats01

O11
ダイナミックな造形ながら、なかなか色っぽいですね。

参考画像

O13

こちらもネットオークションで入手した花魁人形。

O1
あんまりエロくないので、こちらで紹介しました。ご興味のあるかたはどうぞ。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年5月16日 (火)

「艶」っぽい日本人形

とても面白い(と思う)ものを入手しました。

Iro1
雛人形などの日本人形作家 小出松寿 作 「艶」

Iro11
知識が無いので詳しくは分かりませんが、日本人形で乳房があらわになっているものは珍しいんじゃないでしょうか。

Iro3
Iro2
なによりも姿や顔に品がありますね。

Iro8
しかも艶っぽい lovelyIro5
赤い長襦袢も lovely
Iro7
大きさもあり、存在感もあります。(スケール的には1/4ぐらいありそうです)

Iro9
私が集めている裏絵博多人形なども隠し絵部分は色っぽい表現はありますが、総じて外観の造形は他の置物と変わらず着物を着た姫様や町娘姿多く、裸婦の造形は滅多に見ません。

Iro10
日本人形も着物を着た伝統的な意匠がほとんどで、この半裸の人形はかなり特殊なデザインではないでしょうか。

37ee2405917b1af1d6e50206d2873b24
比べるのは少し気が引けますが、平田郷陽の「粧い」にも通じるものがあります。

春画人形もいいですが、こういう艶っぽい日本人形も良いですね happy01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年5月12日 (金)

四十八手人形を作るぞ! 第十六弾! 「巣ごもり」

全国の四十八手人形ファンのみなさま、お待たせしました!三ヶ月のご無沙汰です。

Sugomori4
いぜん本業は忙しいのですが、忙しいときほどいらんことをしてしまう、あの「明日期末試験やのに、北斗の拳を全巻読破してしもた~」気持ちで作ってしまいました・・・coldsweats01

さて今回の浮世絵四十八手は「巣ごもり」です。

Sugomori3
側臥位?後背位?の変形みたいで、女性はまさに大股開きで挿れやすそうですね。

Sugomori2
これまでの四十八手人形のなかでも比較的合体部分が見えやすい体位です。今回の女性はいつになく剛毛。私のなかには「剛毛=淫乱」という勝手なイメージがあります happy02

Sugomori5
さて、この格好ではたしてお乳を吸うことができるのか?やったことないので分からんと知人が言ってました。

Sugomori1
挿れながら、乳を吸い、片手でもう片方のオッパイも揉めそうな理想的な(?)体位ですね。

Sugomori6
今度、石鹸の国で試してみようと!と知人が言うてました spa

このデザインは春画人形の布袋様によく使われています。参考日記:布袋様 春画裏絵つき 

さて作り方はいつもと同じで、針金を芯にしてポーズを決めていきます。
干渉する部分をあれこれ修正しながら、分離・合体できるように造形していきます。

Sugomori8
本当は女性の手がもっと男の頭を押さえこんだり、乳首も男のヒョットコぐちに吸い込ませたいところですが、そうすると分離できなくなるので悩ましいところですね。

Sugomori9
彩色して、パイパン状態でのまぐわい。

Sugomori7
今回作りたかったのは、乳首を吸う、ヒョットコ顔のオッサンでした。

Sugomori11
なんちゃって陰毛をつけて出来あがり。恒例の手のひら合体。(あとからメガネ作りました)

Sugomori10

私はこのように超アナログな手法で作っていますが、最近の造形作家はデジタル造形する人が多いです。今回のような二つの人体が絡んでいる造形も、干渉部分を処理しながら分離・合体ができるようにデジタル造形って出来るんですかね?
知ってる方、教えて!(出来るんなら私も一から勉強しようかな~。老眼で細かいところ見えへんし)

追伸:すいません。今回IF動画作れませんでした・・・

さ~て、これから秋ぐちまで忙しくなりますので、次の新作はいつ作れるかな~ think
また皆さん助けてくださいね!happy01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年4月25日 (火)

シーメール セクシーフィギュア by KAIONさん

このところ当初の趣向を忘れ、すっかり骨董品の紹介ブログと化してますが、KAIONさんがまた助け舟を出してくれました。

前回はセクシーアトムガールでしたが、今回は入手されたミニチュア ディルドを改造して、セクシー シーメールフィギュアの画像を送っていただきました。

Dscf1882s
以下、KAIONさん改造工程解説です。

Dscf1905as
①ミニチュア ディルドをリューターで、男根の根本を少し削り、エレクト(勃起)状態にしました。
本当は、角度をもっと上向きにしたかったんですが、タマタマとの兼ね合い(角度)もありますので、こんなところでしょうか。
亀頭部は、鉛筆タイプのパステルで着色。直に塗り付け、布で拭き取ります。
樹脂に付けたパステルは、時間が経つと色が薄くなってしまうので、その都度、塗り直します(簡単に出来るので)。
最初は、細い鎖等を付けて、ディルドにするつもりでしたが、リアル感があり、「シーメール」にしました。
ボディには、強力タイプの両面テープで付けました。

Dscf1948s

②首にチョーカーのある画像は、昔、タミヤのプラモ:1/35のフィギュアを改造する時、蚊取り線香の熱で、フィギュアの曲げたい部分をゆっくり温めると、そこが柔らかくなり、手や足を曲げる改造をしたことを思い出して、勃起度をアップしています。

Dscf1961s
お~ビンビンですね!綺麗なお姉さんにギンギンチンポ!なんとアブノーマルなこと!lovely

KAIONさん、ありがとうございます!これぞこのブログの本来あるべき記事なのです!
みなさんセクシー シームレスフィギュアで、どんどん遊びましょう!

関連日記:アトムガール by KAIONさん 再び! 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

 

2017年4月17日 (月)

春画 翁面

お面があんまり好きじゃないって前にも書きましたが、またネットオークションで出ていた小さな翁面を入手。

O1
大きさは、10㎝×8㎝×厚さ4,5cm

裏側はいつもの通りレリーフですが、これがとても立体的!

O2
レリーフというよりも、ほぼ立体と言ってもよいでしょう。

題材は「夜這い」でしょうか。町娘をてごめにする若旦那ってところですか。

O4
翁面の裏面湾曲を上手に使った造形がすばらしい!

O5
バックからの交接も珍しい構図ですね。

O7
結合部のアップ!

O8
立体的がゆえに突起部分が多い割には破損やはがれがなく、とてもきれいな状態でした。

前の持ち主が大切に保管してたんでしょうね happy01

関連日記:裏絵 能面と春画土人形 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年4月14日 (金)

デアゴスティーニの和風旅館

皆さん、ご無沙汰しております。久しぶりの更新です。

H8
いつも買い物に行くスーパーの隣にあるリサイクル店に、2012年に販売されたデアゴティーニの「週刊 和風ドールハウス 日本の伝統旅館を作る」の組み立て完成品が置いてあり、前から買おうかどうしようか迷っていたのですが、今回ある計画で意を決して購入。
(ヤフオクでは全巻110巻で3~5万円、完成品だと5~10万円~ぐらいでしたが、この完成品は2万円弱でした。)

H1
さて、持ち帰ってから、重要な事実誤認が判明!

H2
ドールハウスの統一スケールが1/12と思い込んでいて、この和風旅館もそうだと勘違いて買ってしまいましたが、どうも思っていたよりも小さいので調べてみると、スケールが1/20!

H3
だ~!計画が根本的に崩壊!

気を取り直して、同スケールのフィギュアを置いてみます。

H7
ダメもとで私の制作した四十八手人形を置いてみると・・・

H4
おっ!なんとか見れるかな?

H6
H5
ちょっとディスプレイの方法を考えてみます。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年3月25日 (土)

京都大アンティークフェアに行く

昨日は京都パルスプラザで開催中の京都大アンティークフェアに行きました。

A1
最近時間があれば見に行くようにしてるんですが、魔がさして買ってしまうといけないので、なるべくお金は持っていかないようにしています。

A8
何度か行くうちに、どのあたりに何が出店されているか分かってきました。

お目当ての春画人形もあり、珍しく紙箱つきのものがありました。

A2
桐箱入りは何個か持ってますが、販売店の紙箱を見たのは初めてです。

A4
保管がしっかりされていたので、中身はキレイでした。

A3
こちらの春画人形も欲しかったですが、

A5
値段が高くて買えませんでした。

A6
さてこちらの伊万里焼の半裸人形。

I1
お値段36万円也!

I2
私も似たような伊万里と九谷の人形を持っていますが、どちらも1万円もしませんでしたが、意匠や細工に違いがあるんでしょうね。

I3
骨董品は難しい!despair

と言うわけで、今回は何も買わずに無事帰宅できました。

すいません・・・相変わらずの骨董話でした・・・ coldsweats01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

«資料発見!「性の造形」と「高橋鐵コレクション」