フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2017年2月17日 (金)

遊女の秘貝 裏絵博多人形

と勝手に命名。

また本業が忙しくなってきたので、毎度おなじみネットオークションで入手した裏絵博多人形の紹介です。

U1
定番の「うたた寝」の意匠。髪型から遊女でしょうか。

U2
出品時の画像では、珍しく台や毛氈がついてましたが、これは以前の所有者がこしらえたもので、元からあったものではないでしょう。

U3
大きさは約、横20cm×奥行10cm×高9cm。台は24cm×10cm。

裏返すと・・・

U5
ご覧のように、男女の絡みや、一人慰めではなく、見事な陰部が現れます。

U6
陰毛も繊細に描かれ、秘貝の具も、そこはかとなく艶かしいですね。

U7

良いものがコレクションに加わりました。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年2月 7日 (火)

四十八手人形を作るぞ! 第十五弾!

全国の四十八手人形ファンのみなさま、大変お待たせしました!半年ぶりのご無沙汰です。

Os1
有難いことに本業が忙しく、趣味の方までまったく手が出せず、もっぱらネットオークションで憂さ晴らしをしていましたが、やっと時間が空いて早速作り始めました。

さて、久し振りの第十五弾の体位は「押し車(おしぐるま)」です。

Os4
「こんな体位、やったことないわ~!」と知人も言ってましたが、小学生のころ遊びや体育で「耕運機」とか言ってやってた、あのしんどいやつですわ。

Os3
男女共に、けっこう体力の必要な体位だと思いますが、はたして気持ちいいんでしょうかね?

Os2
一応合体部分も。今回の造形も意識したのは重力には逆らえない「垂れ乳」!

Os7
この体位、こんど泡の国のオキニに頼んで試してみようと知人が言ってました。

Os5_2
毎度恒例のGIF画像。(GIFアニメが動かないときはPC表示でお願いします)

Newimage1
やっぱりしんどそう coldsweats01

さて、作り方はいつもと同じ。まず芯を作り、

P1
ポーズを決めていきます。今回は頭を先に作りました。

P2
粘土で造形していき、

P3
手足など細部を作り、紙ヤスリで表面を整え、

P4
髪の毛を作ります。今回の女性は、お気に入りの「中村アン」の髪形をちょっと意識しました。

P5
彩色も毎度のアクリル絵具。

P6
なんちゃって陰毛もつけて、

P7
ハイ!完成!恒例の手のひら合体(ピント合ってない)

P8
あ~やっぱり仕事抜きの責任の無い造形は楽しいわ!happy01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年2月 3日 (金)

眠り猫ゲッツ!

相変わらずのコレクション紹介ですみません。

U1
やっとネットオークションで「眠り猫」をゲットできました。大きさは高さ8cm 全長16cm 奥行10cm。

N1
前にも書きましたが、この眠り猫は何故か高値がついて入手できませんでしたが、このせいと分かり、予算内で落札できるまで待ってましたが、やっと入手。

N2
ま、あんまり可愛くないのはしかたないですね。
で、裏返すと・・・

U4
裏絵・隠し絵が現れます。

U5
ほぼ立体のような奥行きのあるレリーフですね。

さてこちらもネットのフリマサイトで入手した男女の春画博多人形。大きさは高さ18cm 全長20cm 奥行11cmとなかなか大振りの人形です。

U6
それなりの年代モノのようで、かなり汚れはあるものの、

U7
男女共に良い顔の作りですね。

U10
もちろん裏返すと・・・

U8
合体!?なかなか立派なイチモツです!

U9
あんまり関係ありませんが、近所のブックオフに行くと、「カラーアトラス 人体」の中古本が安価で売ってて購入。

K1
リアル女性器 VS

K3
先日買った女性器標本模型!(画像は反転してます)

I4_2
やっぱリアルには勝てん!か?coldsweats01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年1月21日 (土)

東寺 初弘法に行く

今日は東寺の初弘法に行ってきました。

だいぶ前にも来たことがあるんですが、あのころとは見たいものが変わってますので、楽しみです。

H1
天気予報では京都市内でも雪の予報もあった寒い一日でしたが、日差しも出る天気の良い一日でした。
骨董店だけでなく、手作り品や食べ物の屋台など1000店以上の出店があり、見てまわるだけでも結構楽しいです。

H2
目当ての春画人形などを置いているところも何店かあり、値段を聞いてはビックリしたり、あきらめたりした末、なんとか手の届きそうな人形を2点購入しました。
裏絵博多人形と伊万里焼き(?)のお多福人形。

H4
博多人形のほうはけっこう汚れてましたが、年代モノということで。

H5
お多福は上品な出来で綺麗だったので思わず購入。ひとり遊びバージョン!

H6
帰宅して早速飾ってみました。

H7
寒い日で、温かそうな食べ物屋もいっぱいあり、タイ焼きとお好み焼きで小腹の足しにして帰宅しました。なかなか楽しかった!また行こう。

さてこちらは1月13日に行った、京都パルスプラザの骨董市。

I2
小規模なもので、すぐ見てまわれました。

I3
こちらで買った携帯木製ケースの女性器の解剖模型。

I4
古い医学標本模型のようで、蝋細工の手作り品のようです。

I5
解剖・内臓系もけっこう好きなんですよね!

毎回こんなんばっかりですみません coldsweats01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年1月 9日 (月)

年明け早々買い物紹介

おめでとうございます!正月早々にインフルエンザに罹ってしまい、やっと体調が戻ってきました。

と言うわけで、今年一発目は無難に昨年末に買ったモノを一挙紹介です。

S9
おなじみ裏絵 博多人形。炬燵の中でバックからバージョン。(布団をかぶせてバック?)

S2
色の剥げた部分などもありますが、首の折れ等の破損はありません。

S3

こちらもおなじみ裸弁財天のバージョン違いで、大黒様との結合タイプです。(高さ21cm)

S4
残念ながら木彫像ではなく、樹脂製に着色したものです。

S5
以前紹介した寿老人や今回の大黒天以外にも、他の男性四福神ともまぐわってる像があるのかもしれませんね。

さてこちらもおなじみの手びねりの土人形の四十八手人形ですが、今まで見たことのなかった、女性が後ろ向きの体位(左 本駒駆け?)があったので、思わず入手。

S6
S7
しかも箱つきで、他の土人形よりも少し大きいです。(横7~9cm)

S8
こういうものは型押しの人形ではないので、ひとつひとつ微妙に形が違っていたりするので、集めだしたらキリがありませんね。

というわけで、本業が忙しいときはほったらかしで、今年もちんたらマイペースで書いていきますが、よろしくお願いします!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年12月31日 (土)

良いお年を!

なんやかんや言いながらも、このブログも3回目の年末を迎えることができました。
当初の、可動フィギュアを使った緊縛シーンや拷問シーンを再現するというコンセプトは何処かに消えてしまい、今年は自作の四十八手人形の制作も中断中で、もっぱら買い集めた骨董品、春画人形、エロチックフィギュアの紹介に終始してしましました。

そんな中でも、骨董市で暗中模索だった春画人形の資料が見つかったこと、KAIONさんのサポート、稚恵蔵さんの「楽園」の紹介など、私の知らない多方面に実り多い一年でした。

さて、四十八手人形制作でお世話になってる知人の近況ですが、体位の実践研究で石鹸の国のお世話になっていたオキニが夏に突然姿を消し、意気消沈したのが制作中断の理由のひとつだったのですが(もちろん本業が忙しかったの言うのが最大の理由なんですが)、年末にオキニが復帰していた!ことを偶然知ってご満悦です。また通いつめているそうで、来年には四十八手人形も再開できると思います!やっぱり「(性)愛の力」は偉大やね!

大晦日の今日は年末整理した作業場のガラスケースに春画人形を少し並べてみました。

U2
下から見るとこんな感じ。年が明けてからゆっくり飾ろう!

U1

ま、こんな調子ですが、来年もよろしくお願いします! happy01

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年12月28日 (水)

春画 博多人形 夫婦座像 裏絵

もう皆さん飽きてきたでしょう coldsweats01

N1
今回もネットで入手した春画博多人形の紹介です。

N2
よく見かける意匠で男女が寄り添ったデザインです。明治~大正期のものでしょうか?かなり汚れています。

N3
しかしこのデザインによくある首折れや大きな破損はなく、何よりも女性の顔がとてもおだやかで綺麗ですね。

大きさはこれぐらい。幅11.5x奥行10x高さ11cm ぐらいです。

N5
もちろん裏返すと・・・

N4
こちらの裏面はあまり汚れておらず、わりと綺麗な状態です。

N6
秘所交接部分も丁寧に作られていますね!happy01

N7

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年12月23日 (金)

資料発見!「明治日本のエロス」

この前、春画人形などの資料に北原照久氏の「和印」を紹介しましたが、今回紹介するのはそれよりも以前に出版された「秘蔵・性コレクション 明治日本のエロス」福田和彦 著 河出書房新社 1999年刊 

S1
春画研究で数々の出版物を著している福田氏の明治期~大正期の浮世絵、源氏絵や人形、絵皿など工芸品に焦点をあてた珍しい著書です。 

S2
私が収集している酒盃や春画人形だけではなく、

S4

錦絵やガラス乾板の当時のヌード写真なども網羅しています。

Z1
明治期の春画人形は、主に海外への輸出品だったことや、小さな四十八手人形や春画の類は嫁入道具のひとつだったこともわかります。

S3
この手の工芸品は昭和中期まで温泉地のお土産などで形を変えながら残っていたようですが、明らかに作りが雑にになってますね。→参考品

S5

私も持っていますが、この伊万里焼の立像なんて、ほんとうにきれいですね。

関連日記:資料発見!「和印 」北原氏の裏コレクション 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年12月18日 (日)

若い娘の裏絵博多人形

また懲りもせず、裏絵人形をネットオークションで買ってしまいました。

U1
若い娘、姫様型のもので、比較的新しいものなのか、汚れも少なく綺麗です。

U2
この片肘をついた横座りのデザインは、遊女のものなどいろんなバリエーションがありますね。

U3
お顔はふくよかで、とても品があり、気に入ってます。

U4
もちろん裏返すと・・・

U6
お決まりの春画レリーフ!

U7
こちらも汚れも無く、きれいな造型ですね。

U8
これは男女和合の隠し絵のタイプですが、姫様の秘所が作られているものもありますね。

U5_2
大きさは、幅23cm、奥行き15cm、高さ13.5cmで、比較的大きなサイズです。

いよいよ置くところが無くなってきました。どないしよ?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年12月15日 (木)

陶磁器 母子像

まだ本業が忙しく、やはりネットオークションで入手した、陶磁器製の裸の母子像の紹介です。

I1
伊万里焼でしょうか? 高さは約30cm。 白磁の色合いが艶かしいですね。

I2
届いたときは、さっと拭いただけの状態で、指の届かない隅などはホコリで汚れてましたが、綿棒などで入念に掃除したところ、見違えるように綺麗になりました。

I3
エロ度は低いですが、赤ちゃんを抱いている作りも凝っていて、とても気に入ってます。

I4
大きさも高さ約30cmと大きく、存在感がありますね。

I5
底に銘の刻印もあります。

I6
前に骨董市で買った(おそらく伊万里焼き?の)裸婦立像とよく似ています。この立像、最近話題の中世ドイツの画家クラナッハ(クラーナハ)の妖しい裸婦像に通じるものがありますね。(と、思うのは私だけ?)

I8
母子像ですが、同じようなデザインがリヤドロにもありますね。

I9
I7

洋の東西を問わず、愛おしく慈しむ対象は同じですね。(ちょいエロも)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

«1/5スケール 吉川ひなの フィギュア