フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2019年8月 8日 (木)

広島はベッピンさんが多い?

いつも登場する知人の話。
先日仕事で広島に行ったそうで、いつものように繁華街近くのホテルを取ったそうだ。
広島に仕事で来たのは今回が初めで、第一印象は「美人が多い!」(笑)
以前九州に行ったときも、「福岡、熊本は美人が多い!」と言ってた記憶が・・・
で、昼間の仕事が終わり、ホテルで一服したあと夜の街を徘徊。
とりあえず夕食と原爆ドームを見学したあと泡の国へ。

Ebhqx5puiaes9z

いつものように金欠の知人は、下調べもせず、「1.5諭吉でマットができる女の子」と言う最低条件を提示しながら各店舗を回ったそうな。何軒か「そんな予算ではマットプレイはどこもありせんよw」と鼻であしらわれたそうだが、とある一軒で「行けますよ!」と言われ入店。(画像はイメージです)

Ebip5lsu4ae5dfd

昼の仕事で長時間歩き疲れていたので、ゆっくり癒して欲しかったので、マットは必須。

最近の若い子はマット嫌いが多く、おのずとマットができるのは年配嬢に限られる。
いくら美人が多かったとは言え、この条件で即入店できたお店でなんでお相手してくれる嬢に、さしたる期待はせず、ま、吉本新〇劇のあいちゃんみたいな娘が出てきてもラッキーぐらいに思うように心構えはできてたそうな。

で、いよいよご対面!そこにはスタイルの良い小嶋〇菜(こじはる)似の嬢が!!
「ウウォ~!超当たり~!」
嬢(推定35ぐらい)によると、もっと若い子いるところは高いそうですが、知人にはもう十分十分。
プレイも性格も申し分なく、広島の方言も可愛く、「広島サイコー!」になったそうです。

良かったね。(うらやましい)

ま~今回はたまたま当たりを引いたんだと思いますが、「こんな可愛い娘は北海道のススキノの神戸蘭子似以来や」ととても喜んでおりました。
(美人の多い福岡や小倉、熊本でもそっち方面で当たりはなかったそうなので 笑)

そして〆は広島風お好み焼き。

Ebljrm6uyaaqqb7

この前は「もうそんな元気なくなったわ~」とい言うてましたが、まだまだ健在のようです。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年8月 2日 (金)

珍しく忙しい

この時期は毎年本業が忙しいんですが、今年は特に忙しいです。
と言うか、歳のせいで忙しく感じるのでしょうか?

普段は仕事場で作業しているんですが、夏休み時期は毎週末、外に出て仕事することが多くなり、今週は中二日ほどで、慣れない外回りの仕事が何件も入っていて、下準備プラス移動プラス仕事プラス移動が続き、結構ヘロヘロ。
それでも以前なら、移動途中にムフフな場所で慰安を求める体力・気力があったのですが、もうそんな気力も体力も無く、自宅と出張場所の往復で精も根も尽き果ててます(笑)
それでも先日は天王寺で仕事があったので、近くの飛T新地のなじみの女の子に会いに行きました。

と、以上、知人が言うてました。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年7月11日 (木)

お前百までわしゃ九十九まで 裸高砂人形

さて、前から気になって欲しかった人形をついに入手しました。

裸の老夫婦の博多人形。

T1

よく見る、長寿を祝う「高砂」とよく似た構図(?)なので、その変形かもしれませんし、こういうデザインが普通にあったのかもしれませんね。

M91975198478_1

少なくとも、裏絵や隠し絵のようなエロを目的にしたものではないような気もしますが・・。

実はこのお爺ちゃんのほう以前からは持っていました。
今回やっとお婆ちゃん共々の夫婦人形も入手できましたが、ここで思わぬ三角関係勃発!

T2

去年老妻を亡くした双子の兄が風呂場に乱入!

T3_20190713210401

弟「こりゃ!」兄貴!ひとの女房に手を出すな!」

T4

弟老妻「ありゃ!どちらがわしの旦那かね~?珍棒見たらわかるかね~?」

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年7月 2日 (火)

真鍮製 歓喜仏とネットオークションの傾向と対策

前から欲しかった歓喜仏の真鍮製の置物をネットオークションで入手しました。

Hb1

あんまり詳しくはありませんが、チベット仏教(密教)の聖天さんのひとつ?でしょうか。

Hb2

ご覧のように、小ぶりでそれほど凝ったつくりではなく、簡易な作りで、ネットオークションでも骨董市でもよく見る工芸品です。

Hb3

しかし、その割には値段が高く、骨董市ではだいたい15,000円~20,000円ぐらい。
ネットオークションでは1円から始まるものが多く、しかし入札しても入札しても高値更新され、結局10,000円以上に競り上がってしまいます。
おそらく、最初から最低値段が設定されており、サクラがその値段で入札しているんでしょう。

Hb4

実感では大陸系の出品者にはこの傾向が多く、いくら安値で落札しようと思っても時間の無駄です。(もちろん良心的ところもあります)

Hb7

今回の出品は、他の出品物を見る限り、個人の所有物の放出的な感じで、値段も上記の半値で落すことができました。

Hb5

とは、言うもののこの歓喜天・歓喜仏、あるところ(日記参照)でとんでもないコレクションを見ているので、集める気はとうの昔に無くなっていて、とりあえずこれ一個で満足しておきます。

チベット密教参考ブログ(画像が多くて分かりやすいです)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年6月26日 (水)

良く似た姉妹 木彫 裸天女像

先日ネットオークションに、すでに所有している「木彫 裸観音像」がガラスケース付きで出品されていて、ダメもとで入札。

K5

するとあまり競合相手がいなかったのか、割と安価で落札できました。

さて、後日届いて荷解きして、現物を見ると、持ってる像と何か違う。

K1

もともと、ひとつひとつ手彫りなので、顔が一個一個違うのは知ってましたが、やぱり何かが違う。

K2

という事で観音様を持ってくると

K6

あっ!手の位置も違うし桃も持ってない。なるほどそうだったのか。

K8

ま、当初は同じものが2つと思ってたのが、違う種類の像を入手できたと嬉しくなりました。

K9

で、今回の像は、出品時に書いてあった通り、「木彫 裸天女像」と名付けました。

K3

もちろん天女の女陰もしっかり彫刻してあります。ありがたや!

K4

まるで姉妹のようなので、同じガラスケースに入れてあげましょう。

K7

ケンカせず、御利益二倍増しでお願いします!

参考日記:木彫オ○コ観音 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年6月15日 (土)

老後2千万円足りない問題

政府の報告書で、「人生100年時代、年金だけでは足りないので2000万円用意しといてね♡」と言われ、大騒ぎしていますが、そんなこと、何年も前から周知の事実で、マネー雑誌でも、ポストや現代の週刊誌でも、昔から特集してましたよね。
ま、いまさら感はあるものの、私のスケベな悪友が先日遊びにきたとき、この話題で、「なんか2000万足らんらしいけど、オレの場合はプラス風俗代やな~」と言う話になり、いっしょに試算してみました。

悪友も私と同じ年齢で、今年58歳。自営業なので、定年はありませんが、仕事も右肩下がりなので、この先いつまで続けられるか分からない。
そんな中少ない小遣いから、OGT温泉のソープやT田新地、S田山新地などで、月に平均3万円程度使っているそうです。
このまま幸いにも大きな病気や怪我・事故に遭わず、身体がまあまあ動き、車も運転できたと想定して、75歳まで遊びに行けたとしましょう。
とすると、今後17年間×12か月×3万円=612万円!
これが多いのか少ないのか、私は何とも言えません。
しかし自営業の悪友は政府の試算よりも、もらえる年金も少ないので、「う~ん」と考えこんでいました(笑)

Image2

今は昔と違い、薬を飲めば愚息もなんとか働いてくれます。しかも悪友の話では、お相手してくれる女の子も昔と違い、可愛い子・美人の子ばかりだそうで、日ごろのストレス発散、気分のリフレッシュに、風俗通いはどうしても止められないみたいです。
(世の中ではセフレとか風俗以外にもエッチができる方法があるそうですが、悪友は若いときに同僚の女性に手を出して、どエライ目に遭った経験があり、それ以降、お相手はプロ以外には手を出さなくなったそうです。)
70や80になって風俗行ってたら笑われるぞ!死ぬぞ!と言うのですが、案外、若い女性の胸の中であの世へ行くのも、悪友には本望かも知れませんね(笑)

もっとも、あの世に行かれた風俗嬢と家族には気の毒ですが・・・とにかく目指せ!プラス600万円!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年6月12日 (水)

念願のタイの裸菩薩坐像入手顛末記

おばんです。

前から欲しかったモノを入手しました。

これは以前伊豆の「伊豆極楽苑」で見た裸坐像。

Image

シャムかタイ製のものだと思いますが、なんとも言えない艶消しの柔らかそうな肌合いは、他の人形には見ない妖しさ、色っぽさがありました。
その後、タイの立像は何種類か入手できました。
でも長いこと、座像はなかなか見る事がなかったんですが、先日ネットオークションに出ていて、めでたく落札できましたが、今回紹介できるまでの顛末記を書きたいと思います。

以下画像3枚は、ネットオークションの出品時の画像です。

Iimg480x6401558323691iamxgr1564562

さて、この坐像、よく見ると女陰部分に手が加えられているようです。

Iimg640x480155832369111sevp1564605

これまで何ヵ所かで同じデザインの像を見ましたが、アソコはプックリした無毛の恥丘で(そこがまた魅力のひとつ)、このような女陰が作られ、陰毛まであるものは見たことがありません。しかも造形が雑!おそらく以前の所有者が手を加えたのでしょう。

Iimg640x4801558323733bfn91q1564643

それはさておき、今回出品者が骨董屋さんで、比較的近い場所だったこともあり、直接受け取りに行きました。(これがそもそもの失敗だったかも?)
品物を受け取り、帰ってから改めて隅々まで見たところ、ガ~ン!首が折れとる!!

B9

出品画像を見ると折れている様子ないし、と言うものの、現地でしっかり確認しなかったし、骨董屋のおっさんが箱に入れるときぶつけてたような気もするし、車で移動中に折れた可能性もあるし・・・

落札後、宅配便で送付してもらってたら、何らかの補償が可能だったかもしれませんが、もうこうなるとどこに責任の所在があるか分からんし、いずれにしてもこの坐像自体は欲しいし、ここは全て私の責任と開き直り、女陰も含め、他の破損部分も修正・補修することにしました。

B7

女陰部分以外でも色のハゲやカスレがあったので、首の折れと一緒に補修。

B8 

ハイ!出来ました!俺って天才?

B1

B3

B2

再彩色の際に、描いてあった雑な陰毛も消して、元の無毛恥丘に。

B5

女陰ももっとわたし好みに造形。

B6

これは半分私の手が入ってしまったので、勝手に「タイの裸菩薩坐像」と名付けちゃいましょう!

PS:パソコンの画像を整理していたら、以前ネットオークションに出ていた完品(と思われる)画像がありました。

D9jg9etueaav1gr

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)


 

2019年6月 7日 (金)

エロくない人形を買う

ネットオークションで、いつもエロい人形、春画人形なんかを物色していると、美人物の博多人形や日本人形に遭遇しちゃいます。
基本的には、裏絵・底絵の博多人形か裸婦タイプの人形しか手を出さいないんですが、たまに「ああ!これ欲しい!」と思ってします、ごくノーマルな人形があって、入札→落札してしまうことがあります。
以下、最近、ご縁があって私のところに来た人形たちです。

博多人形 文夫 作「寿」

D32sfzcu4aazytv

きれいな顔が気に入りました。

D32sfzbvuaehvmi

好きだった女の子に似てました(笑)

博多人形 高尾八十二 作「艶姿」

D4aqv1lu4aacgh1

色っぽいですね。

D4aqv1nu4aah3nn

作られた時代の、美人像があるんでしょうね。

D4aqv1puwai0dgh

京マチコさんに似ているような。

博多人形 植田進 作「水鏡」

D8bcfccv4aaouvl

これもきれいなで上品なお顔が気に入り入手。

D8bcfcgvsaevkt5

現代モノの人形でも、作家の個性がありますね。

日本人形 紫峰作「おいらん」

D7yrb8au0aeevgm

花魁の人形は、いろいろ集めているので、これはたまたま落札でした人形です。

D7yrb79v4aa7jpf

着物の色褪せもなく、とても綺麗な状態のものを、比較的安価で入手できました。

本当はエッチな人形、エロい春画人形ばっかり集めたいんですよ。
でもね、「えっ!こんな素敵な人形が、こんな値段!?」て思うと、つい・・・
と、言うわけで、今後もエロくない(でも色っぽい)人形を紹介するかも知れませんが、よろしくお願いします!

(このブログは「春画人形の世界」の一部です)

2019年5月20日 (月)

神戸まつりのサンバ パレードとワイルド7展を見に行く!

5月19日、神戸まつりのサンバ パレードを見に行きました。

Dsc_0071

Dsc_0156 

Dsc_0107

先の日記のように以前サンバ人形を作ったときは、ネットの画像や動画だけ見て作りましたが、実際のサンバダンサーも見たいと思ってました。

Dsc_0084

Dsc_0081

今回、初めて生サンバパレード、ダンサーを見ましたが、とても元気をもらいました。

Dsc_0130

その衣装も華麗で見事で、機会があったら人形も作り直したいですね。

Dsc_0196

Dsc_0225

いろんな場所でイベントが開催されていて、公園ステージで偶然見た、フラダンスの女の子が、ダンスもきれいで美少女でした。

Dsc_0175

その後、大阪の天王寺のあべのHOOPの「ワイルド7」展を見にいきました。

Dsc_0230

Dsc_0231

ずっと見たかった望月三起也氏自作のフィギュアが見ることができて良かったです。

Dsc_0238

Dsc_0242

Dsc_0313 

氏の作るフィギュアは(当たり前かも知れませんが)、氏の漫画に出てくる女性そのもので、絵にしろ、立体にしろ、その人の美的センスや好みがそのまま表現されるものですね。

Dsc_0294

Dsc_0254

Dsc_0248

フィギュアは思っていたより大きく、迫力がありました。

このブログは「春画人形の世界」の一部です)

2019年3月22日 (金)

カーニバル人形(改)

Image5
背中に背負った羽根を造花の花びらを使って作ってましたが、

C2
先日行った手芸店に、色んな色、形の実際の羽根を(わりと安価に)売っているところがあり、まとめて購入し、
C1
背負子を作り直しました。
C3

ちょっとやっつけ仕事感はありますが、ま~ま~派手なイメージになりました。
C4
このブログは「春画人形の世界」の一部です)

 

«妄想の昭和遊郭 おまけ