フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

フォトラを使ってみる

メインブログでも紹介した、簡易撮影キット「フォトラ」を使って人形を撮影してみました。

久しぶりに縄から解かれたシームレス人形に、前回紹介した着物を着せてみます。

Y1m
少し胸元をはだけて。

Y2
ちょっと肩を出して色っぽく

Y5m
ん~なんか、モデルにポーズをつけている写真家アラーキーになった気分です

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月30日 (金)

人形用和服調達

さてシームレスフィギュアに使用する着物を色々調達。
嫁さんにも作ってもらってますが、ちょっと出来合いのものも欲しくなりました。

まずはネットショップでメディコムトイの1/6スケール 和服「峰不二子」を中古で購入。

K1
和服調達のためだけで紹介するのはもったいないので、そのうちフィギュアとしてちゃんと紹介します。
K3
こちらはオークションで入手した着物セット。

K2
腰巻や下着つき。時代劇フィギュアのアルフレックス製ですね。

K4
すこし前買ったネオブライスの着物セットは、1/6ということでしたが小さすぎて使えませんでした。

K5
アルフレックスの着物がなぜか息子所有の日本兵に・・・ 右の黒人女性が着ているのは、嫁さんが作ってくれた着物です。

K12
さて、どうやって使うかな~

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月28日 (水)

荒木元太郎 作品集

さて先の日記で紹介した、こちらは私が持っている荒木氏の作品集「COM’P・X コンプエクス 荒木元太郎」オークラ出版と「荒木元太郎 作品集 Montparnasse モンパルナス」コアマガジン

006
これは私が持っているヴィー・ナイト・シクセスですね。
007

ソードシルバーや

H3
綾波など、有名な作品ばかりですね!

H4

これは、氏がNEO'GENTLE名義で描いたコミック「処女戦士ラヴィア」桜桃書房。

H5
巻頭にはフィギュアを使ったコマ割りグラビアもあります。

H6

ま、私がこのブログでやりたいことなど、とうの昔に色んな人にやられてるってことですわ

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月27日 (火)

有機炭素系人間型汎用機器 V・9T・06S

さて今回紹介するコレクションは、ご存知、荒木元太郎氏の1/6スケール オリジナルフィギュア 「有機炭素系人間型汎用機器 V・9T・06S(ヴィー・ナイト・シクセス)」の完成品です。

A1
荒木氏のフィギュアは好きで、キットも何点か持っていますのでそのうち発掘します。(作っていませんが)

A2
さてこれは、完成品で、荒木氏が彩色したものと聞いて購入しましたが定かではありません。(もともと半完成品を組み立てたものかもしれません。サイン入りの箱があったと思います)

A3
なんと言ってもその魅力はサフレスという塗装法で、非常に透明感がありきれいです。

A4
プロテクター?や各関節も可動します。

A5
この塗装法が登場以来、フィギュアの彩色がガラリと変わったイメージがありますね。

A6

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月24日 (土)

嬉野武雄観光秘宝館 訪問記

本業の仕事のひとつのワークショップで各地を行くことがあります。
その時は仕事の前後に名所旧跡、博物館、美術館に寄ったりしますが、その様子はメインのブログで書いています。
で、こちらではメインのブログ(お子ちゃまも見ているので)では、あまり詳しく書けないところを紹介しようと思います。

さて今回は2011年8月に訪問した、佐賀県の嬉野武雄観光秘宝館です。

U1
昔からスケベな私ですが、秘宝館は当館が初体験でした。

実は30年前、まだ独身時代に職場の男女グループで旅行に行ったとき、今は亡き「鳥羽国際秘宝館」に私が行きたいと希望したところ、女性陣から猛反対で断念した残念な経緯があります。(馬の交尾ショーとかあったんですがね)

さてチケットを購入して、ワクワク入場。

U2
いきなりエッチな等身大のロウ人形が出迎えてくれます。このお顔は往年のワキ毛AV女優 黒木香っぽいですね

U3
陰陽石のレプリカや小物展示のあと、通路に沿って歩いていくと、

U4
全て等身大のまぐわい人形の展示。

U5
このマリリン・モンロー似の人形、ドレスを着ていますが、手前のハンドルをグルグル回すと、その風でドレスの裾がめくりあがり、大事なところが見えるという趣向。

U6
私も「手がつるほど」回しました

有明婦人は回転しながら、正面を向くと大事なところにムツゴロウが飛び出して邪魔するというシロモノ。

U7
これは塀にある覗き穴を見ると、いきなり小水が噴射され飛んでくるというシロモノ。

U8 
こちらはビーチに寝そべるトップレスギャルの大事なところを隠しているタオルをカニは引っぺがして、アソコが丸見えになるというシロモノ。

U9
こちらが噂では数千万円かけて作ったと言われる「ハーレム」
二階のテラスの吹き抜けから俯瞰しています。すべて等身大ですから、結構な広さですね!

U10
どんなプレイやねん!

U11
小品展示には江戸時代の張型や

U12
象牙製の根付風の細工物などありました。

U13
それで、初めての秘宝館の感想はどうだったか?と言うと、「とても面白かった!

おそらく30年前、20代のころに興味本位で見ていたら、「わ~!しょうもな~!お金損したわ~!」と思ったかもしれません。
なんか、この歳になって分かる、わび・さびや、許せる、楽しめるモノってありますよね。

残念ながらこの秘宝館は今年2014年3月で閉館になりました・・・。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月22日 (木)

ぽっちゃりフィギュア

たまには最近のフィギュアも紹介しましょう。

「TAP TAP細胞はあります!」

「5時に夢中」で中瀬ゆかり親方が叫んでました。

世間では最近ぽっちゃりブームらしいですが、世の男性は太古の昔からガリガリの女性より、少し肉付きの良い女性の方が好きですよね!少なくとも私はそうです。
しかし、市販の美少女フィギュアは、オッパイこそ異様に大きいですが、スタイルはスリム体型が多いです。
今回はそんなフィギュアの中では珍しく「TAP TAP細胞がある」ぽっちゃりフィギュアの紹介です。

まずはタイトー プライズのすーぱー ぽちゃ子

P1
顔こそアニメ顔ですが、なかなかの肉感です。大きさは1/10スケール。

P2
カレンダーを背景にパチリ!

P3
偉大なるお尻!パンツの食い込んだ感じがよろしおすな~

P4
さてこちらは数年前に豆魚雷から発売された「BOOTY BABE FRANKEN BABE」

P5
髪型はまさにフランケンシュタインの花嫁。大きさは1/6スケール。

P6
縫合だらけの偉大なる乳と尻。

P7
顔色悪いですが、よしもとのなるみ姉さんに似ています。
P8
BOOTY BABEは肌色や髪型など色んな種類が発売されていました。

ぽちゃ子と比べるとこれぐらいです。

P9
ま~これまで美少女フィギュアのぽっちゃりと言えば、クィーンズブレイドの「武器屋 カトレア」ですかね。
DAIKI 1/7スケール。でもポッチャリというよりもダイナマイトボディ!乳デカ!

P10
こちらはオーキッドシードの「ちちのえ+3」のYoung HIP Cover Gal
こちらも1/7スケール。

Q1
こちらも大きなお尻ですが、ぽちゃというよりもデカ尻ですね。ブラジル体型か。

リアルなぽちゃと言えば、やはり土偶アイドル「水樹たま」ですかね。

3c93dbde

「TAP TAP細胞は、やっぱりありました!」 よろしいな!このタップタップさ!

こちらはアマゾンで評価が高かった「グラマー裸婦ポーズBOOK」(大洋図書 刊)

Q2
こちらはもう「ぽっちゃり」と言うよりも「くずれた」「油断した」「だらしない」と言ったほうが良いかも。

Q4
でも少しソソられてしまうのはナゼ?

Q3

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月20日 (火)

サブ・ゼロ セクシーフィギュア

さてキューティーズに引き続き、大昔のコレクションの紹介です。

サブ・ゼロ(SUB・ZERO)というメーカーも今はどうなっているか知りませんが、やはり15年ほど前に完成品セクシーフィギュアを出していました。

S1
1/6スケール 17歳 自室ベッド上にて(ソフビ完成品)

S5
赤いベッドのファーつき。富士額ですね!

S6
1/6スケール サンタガール(名古屋のコスプレ少女)

S7
珍しく可愛い顔しています。

S8
ソフビの湯口にブーツや手袋の切れ目を使い、裸の部分に継ぎ目が出ないような工夫がされています。
これは現在の美少女フィギュアの造形に継承されていますね。

1/6スケール 女性ボディビルダー(23歳・旅行代理店勤務)

S9
このテカテカはわざとでしょうか?当時ボディビルダー界の百恵ちゃんとかいましたっけ?

S10
1/8スケール ポリレジン製塗装済完成品スタチュー「美・少女立体図鑑 秋山由衣(16歳)」

S2
これは珍しくポリレジン製。

S3
ちょっと遊んでみました。

S4
思いおこすと、当時、実在の女の子の写真をボックスに使ったフィギュアの未完成ソフビキットがありました。(確か持ってるはずなので、そのうち発掘してみます)
やはり、おなじように名前とそれっぽいプロフィールが記してありました。
当時の流行だったんでしょうか?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月18日 (日)

キューティーズ 1/4 ファッションドール

さて、たまには緊縛フィギュア以外のコレクションも紹介しましょう。

キューティーズ(CUTIES)というメーカーが今もあるのかどうか知りませんが、15年ほど前に購入したドールというかフィギュアを紹介します。

C1
当時はこのプレイボーイフィギュアみたいに、大きなファッションドールがよく出てましたね。→大人の「PLAYBOY」フィギュア 

ジェニーなどの大人版だったんでしょうか。キューティーズはこのプレイボーイフィギュアにも関係があったと記憶しています。
今回紹介するのは1/4スケールですので、大きさは45cm前後ほどあります。

1/4スケール ソフビ製塗装済完成品フィギュア フルールコレクション「フリージア タイプ5(ピンク肌)」

C2
体操服にブルマですか。今では見れないスタイルですね。

C3
胸のポッチリも見えて、今回の中ではいちばん可愛い顔かも。

1/4スケール ファッションドール  コー・ド・ファム トレイシー・ウイリアムス

C4
なかなかドレッシーなんですが、顔がなあ・・・

C5
1/4スケール アップルガール19(ナインティーン)

C6
私ら世代には懐かしの「麻田奈美」をモチーフにしたフィギュアなんでしょうが・・・

C7
やっぱり顔がなあ・・・・大久保佳代子かよ

C8
1/4スケール バニーガール イン カジノ

C9
耳をつけると箱の納まりません!

C10
この網タイツはなかなかヨロシイな!

C11
しかし、このメーカーの最大の欠点は「顔が可愛くない」とこの一言に尽きます。

こちらの「オ~!モーレッツ!」もこのメーカーでしたね。

最終的には受注で1/2スケールとか出してましたね。10万円以上していたと思います。

一部を除いて、当時のリアルフィギュアには綺麗な顔は少なかったように思います(偏見?)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月16日 (金)

飴 コーヒー ライター

メインのブログではさすがに書けませんでしたが、ここでは書けそうな思い出話しをひとつ。

40年近く前、私が中学生くらいの一番多感な時期(つまり頭の中はHな妄想だらけ)によく聞いていた深夜ラジオに「MBSヤングタウン」がありました。

何曜日か忘れましたが、笑福亭鶴光がパーソナリティーで、アシスタントが佐々木美絵(もちろん女性)という日がありました。

で、そのコーナーのひとつに「アメ・コーヒー・ライター」というのがあり、鶴光が歌うんですわ!
♪アメ・コ~ヒ~・ライタ~♪アメ・コ~ヒ~・ライタ~♪美絵のアメ・コ~ヒ~・ライタ~♪
って!

分からない人のために一応解説すると、本人の横で「美絵のオメ○開いた」と歌ってるわけです。とんでもないでしょ

当然リスナーから同じようなフレーズのハガキが送られてきて、そのたんびに美絵の~♪と歌われるので、とうとう佐々木美絵が「いいかげんにしてください!もうやめてください!」と怒り出した回があり、妙に興奮して今でも覚えています。

これって今にして思えば「言葉責め」「羞恥責め」ですよね!

ま、今ならセクハラで問題になること間違いなしですが、おおらかな時代でした。

いまでもひとつ覚えてるフレーズは「飴・駒・コロッケ」です。(オ○コ真っ黒け)
他のフレーズ憶えている方いらっしゃるでしょうか?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月15日 (木)

少女緊縛絵師 椋陽児

先の日記「エロポン第三弾」のフィギュアのモデルになった絵師・漫画家の椋陽児氏は少女・女学生緊縛画の大家です。

私が持ってた氏の載ってる本。

I3
I4
エロポンではイラストに忠実に、椅子など小道具も立体化していますね。
このテイストで、1/6スタチューとかどっか出しませんかね~

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月14日 (水)

きみはエロポンを知ってるか? その3 つゆだく天使

エロポン第三弾は「つゆだく天使 椋陽児の世界」

椋陽児氏は女学生、少女緊縛画の大家、漫画も描かれています。このフィギュアも緊縛された女学生がモチーフになっています。

原型師は第一弾とおそらく同じ高杉氏だと思いますが定かではありません。出来や小道具は格段に良くなっています。

机と甘露姫  誘惑の蜜姫

E1
吊るし滴り姫  椅子と雫姫

E2
喜びのしずる姫  芳醇糸引き姫
恍惚の液だれ姫

E3
大きさはこれぐらいです。

E4
ちょっとパースをつけて撮ってみました。

E5
E6
E7
ご存知のとおり、エロポン(商標登録までしていた)は、この第三弾で絶版になってしまいました。(一応第四弾の開発情報はあったようですが)

美少女フィギュア全盛の世の中ですが、本格的な大人のフィギュア(リアルテイストな)としてスタートした本シリーズは、私みたいなフィギュアマニアのなかでも、特にマニアックな人間にしか受入れられなかったということでしょうね。
ま、一家に一個これがあるなんて考えられませんもんね・・・。

きみはエロポンを知ってるか? その1 
きみはエロポンを知ってるか? その2 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月12日 (月)

矢沢俊吾氏の作品集

先の日記「エロポン第二弾」の原型師、矢沢俊吾氏の作品集「SHUNGO YAZAWA'S THE FASCINATORS 矢沢俊吾 フィギュア作品集」です。

008
結構偏った氏のフェチが見れます。でも好き!

死麗濡いいっすね!

009

女性の美しさと共に倒錯したエロスを表現した作品が多いです。

H1
イラストもイイですね! 解剖図もイイ!

H2

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月11日 (日)

きみはエロポンを知ってるか? その2  縄艶妖花

さて、前回に引き続きエロポンの紹介です。第二弾は「美牝・淫虐の館 縄艶妖花」

E1
このフィギュアの特徴は原型師がなんと矢沢俊吾氏だということです。
優美な女性フィギュアには定評がある矢沢氏の緊縛フィギュアというだけでも、この手の趣味の無いひとにもお勧めのものですね。

大きさはこれくらい。(これは金髪カラーバージョン。シークレット?)
第一弾に比べると、外人体型と言いますか、プロポーションが足の長いモデル体型になっています。

E2
小物も凝っています。何に使う道具なのか・・・お子ちゃまなので不明

E3
発売時に組み立てたものもどっかにあるはずなのですが見つからなかったので、未開封品を開けてました。(その代わり組んでません)

1・嬲震に艶めく秘肉

Sm2
Sm1
2・白肌染めゆく熱蝋花

E10
E11  
3・浣浄の洗礼

E14
E15  
4・開花する媚肛

E8
E9  
5・柔肌の牝犬  

E4
E5
6・恥辱の媚肉花器

E6
E7  
7・肉鞘鑑定の性宴  

E16
E17
8・縄艶妖花

E12
E13
これにも、ガチャ、箱、白黒バージョンなどあったと記憶しています。

矢沢氏のミニフィギュアがもっと出してほしいですね。
(キューティーハニーのフィギュアがあったかな?)

きみはエロポンを知ってるか? その1 
きみはエロポンを知ってるか? その3 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 9日 (金)

責め絵師 伊藤晴雨

先の日記で紹介した「最後の浮世絵師 伊藤晴雨(幻の秘画帖)」二見書房
I1
I2
調べたわけではありませんが、エロポンのフィギュアのポーズなんかも伊藤晴雨の絵を参考にしているかもしれませんね。

月岡芳年の残酷絵の立体化なんかも面白いでしょうね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 7日 (水)

きみはエロポンを知ってるか? その1 恥縄乱舞

その昔、エロポンというガチャがありました。
発売元はアルフレックスという、時代劇ものの1/6フィギュアを出していました。
発売は2005年ですから、もう9年以上前ですか。
発売当時はタモリ倶楽部やアダルト雑誌なんかでちょっと話題になりました。

さてその第1弾「緊縛絵師・原田雨情の恥縄乱舞」をご紹介。

C1
原田雨情は責め絵師の「伊藤晴雨」をもじった名前でしょう。

連縄髑髏墓場放置乃図

C2
腰巻手吊り上げ竹棒絞り乃図

C3
猿ぐつわ胡座縛り座図

C4
開脚片海老反り吊し蝋燭責め乃図

C5
後手縛り恥辱放置乃図

C7 
活大蛸開脚吸盤責め乃図

C6_2
大きさはこれくらいです。

C8
責めや緊縛をモチーフにしたガチャやミニフィギュアは他にもありますが、PCの18禁ゲームネタが多く、ほとんどはアニメ顔です。
その点、このシリーズは大人のSM嗜好、和のテイストを重視したものでした。

原型制作は高杉涼氏。販売の形態はガチャポンだったり、箱入りだったり、カラーバージョン、モノクロバージョンなどいろいろありました。

こちらは当時発刊されたアルフレックスのフィギュアを特集したムック本『究極のフィギュア「アルフレックスの世界』」日本ジャーナル出版

010
1/6スケールで時代劇フィギュア、「七人の侍」や「座頭市」など独自のアクションドールを出していました。

011
012
エロポンは残念ながら第三弾で終了してしまいました。

きみはエロポンを知ってるか? その2 
きみはエロポンを知ってるか? その3 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 5日 (月)

縄の食い込む女とナナ

今回は市販の緊縛フィギュアを紹介。

岡山フィギュア・エンジニアリングの「縄の食い込む女」

N1
なかなかのネーミングセンスですね

3年ほど前に購入してから開けてませんでしたが、良い機会なので中身を見てみましょう。

N2
どちらかと言えばリアルな方ですかね。
赤い縄のバージョンもありました。

N5
確かに食い込んでいます!

N4
自作の畳に寝かせてみました。

N3
巨乳じゃの~

さてこちらは先日ネットオークションで入手した「ナナとカオル」のナナの緊縛フィギュアですね。(Lさんが大好きな)

N6
どうもネイティブ純正ではなくバッタ品を掴まされたようですが。

N7
俗に言う魔改造品でしょうか。こちらも巨乳!

ちょっとクミックのヘッドで遊んでみました。

N8
縮尺や色味が違うので、パースとライティングで誤魔化してます

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 4日 (日)

四十八手の資料 笠間しろう

先の日記「四十八手人形」はこの本で勉強。

「夢枕 桃色 四十八手」 画・笠間しろう マガジン・ファイブ刊

K1
K2
笠間しろうの肉感的な女性の絵、とても好きなんですよね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 3日 (土)

四十八手人形

と言っても十二手しか持ってませんが・・・

T4_2
これはネットオークションで入手。

手びねりの土人形でしょうか。手作り感満載です!

T1_2
体位に詳しい人なら、これは「本茶臼」や!とか分かるんでしょうね。

T2_2
出所は分かりませんが、古いものでしょうか?少し汚れや傷がありますが、秘所・結合部分やお汁もしっかり作ってあります!

T3_2
大きさはこれぐらい。私の好きな「俵だき本手」

T5_2
この四十八手の体位を男女のシームレスの人形でやってみたら面白いでしょうね!
ボクはお子ちゃまでよく分からないので、一緒に実践勉強してくれる方いませんか?(もちろん女性限定!)

なんでこんなもんが欲しくなったのかと言うと、やはり秘宝館の影響でしょう。

H1_2
秘宝館で見た和合人形。象牙製でしょうか。

H3 
こんなん欲しいわ!

関連日記:四十八手人形を作るぞ! 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年5月 1日 (木)

ボンデージ・フィギュアの置物

もういつ買ったかも忘れてしまいましたが、海外製のボンデージ人形の置物です。

B1
種類は5種類。出来はすこぶるテキトーです。

B2
ま、今なら買うのを躊躇するレベルですが、最近はこういうユルイ出来のものも、それなりの味わいを感じられる年齢になってきました。

大きさはこんな感じです。わりと大きい。

B3
でも海外のボンデージ、緊縛って、まさしく拘束、梱包みたいで、女性をモノ扱いしているみたいですね

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »