フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 熊田曜子フィギュア | トップページ | dos x kas オリジナルフィギュア SR-08 FC-01 »

2014年6月15日 (日)

日光人形の美術館 訪問記

ありがたいことにアクセスが10000を超えたので、たまには真面目な施設の訪問記も。

N1_2
こちらは、2011年8月に訪問した日光鬼怒川温泉にある「日光人形の美術館」です。
古今東西の人形を展示した美術館で、市松人形からリヤドロ、現代作家の創作人形もあります。

N2
前にもどっかで書いたかもしれませんが、人形の世界や緊縛の世界は広く、深く、私がこのブログでやってることは入り口あたりをウロチョロしてる程度のことです。創作人形を使った緊縛も、きれいな写真集が何冊も出版されていますもんね。

さて、さすがにこの美術館には緊縛はありませんので安心してください。(残念かな?)

N10
有名な竹久夢二の絵「黒船屋」の人形。

N3
この夢二のモデルのお葉(およう)は、責め絵師の伊藤晴雨のモデルもつとめていたといことですから面白いですね。
アンニュイな雰囲気が作家心をくすぐるんでしょうか。

伏目が綺麗な小牧多賀子さんの人形。

N4
ホントはこういうのが作りたんですわ(ウソ

N5
球体関節人形もあります。

N9
わりと大きな人形。

N7
足の爪までリアルに綺麗に作ってありますね。

N8
これだけ綺麗に人形が作れたら楽しいでしょうね。

日光人形の美術館HP (何度も言いますがエロっぽいのはないですよ)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 熊田曜子フィギュア | トップページ | dos x kas オリジナルフィギュア SR-08 FC-01 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光人形の美術館 訪問記:

« 熊田曜子フィギュア | トップページ | dos x kas オリジナルフィギュア SR-08 FC-01 »