フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

幻想耽美

たまには実店舗の本屋にも行かなあきませんね。
先日大阪駅前のルクアに出来た蔦屋書店に行ったときに見つけました。

「幻想耽美」パイインターナショナル (2014)

T1
アート・イラスト・ドールなど50名の作家の幻想的・耽美的(そしてちょっとグロテスク)な作品が見ることができる写真・画集です。
私の好きな山本タカト、池永康晟はじめ、天野喜孝、空山 基、トレヴァー・ブラウン、金子國義など有名な作家、このブログでも紹介した矢沢俊吾や山下信一といったフィギュア作家の作品もあります。

T5
イラスト:6に対して、立体:4と言ったところでしょうか?

T2
前にも書きましたが、人形の世界は奥が深く、想像できるようなことは、誰かがどっかですでにやっています。

T3
その一端を垣間見る見るにはちょうど良い一冊ですね。(上品なエログロも堪能でしますし)

T4
しかし石原豪人や秋吉巒が入ってないのはまだ許せるとして、耽美イラストに佐伯俊男が入ってないのは許せんな!佐伯俊男こそ最高の耽美・妖美イラスト作家なのに!

最初に書きましたが、昔は書店巡りが趣味でしたが、最近はネットショップで本を買うことが多く、手元に届いてからガッカリすることも多いです。でも実際に本屋で色んな本を手に取って見ると、意外な発見があったりしてやっぱり面白いですね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年6月24日 (水)

春画 底絵つき博多人形

最近ネットオークションで入手した春画付き博多人形(?)を紹介します。

遊女の背中に昇り龍の刺青をいれる老彫師。大きさは幅23cm高さ15cmで、スケール的には4~6分の1ぐらい。

U1
人気のある題材のようで、これまでも何種類か入札しましたが、やっと落札(結構高額で)。

U2
下から見るとこんな風になってます!

U3
これはモチーフの遊女と彫師の二人が交接しているタイプですね。

U4
こういう人形に正式な名称があるのか分かりませんが、裏返し、底付きとか裏絵付き、ソコチンとかの呼び名で紹介されています。

こちらは遊女ひとりの座り姿の人形ですが・・・

U5
下にはこんな浮き彫り風の春画が!

U6
合体部分はなかなかリアルなので、ちょっとモザイクいれさせてもらいます。

U7
これなんかはいわゆる「隠し絵」のたぐいでしょうか。
こちらも幅20cm高さ25cmほどあります。
同じような坐像でも、手でひとりあそびしているものなど、バリエーションは数知れずあるようです。

U8
前にも書いたかもしれませんが、先日京都の古い人形屋さんに行って、この手のものがあるか聞いたとき、「そんなもんないない」と鼻であしらわれました。

私自身この手の人形の存在を知ったのは数年前で、秘宝館めぐりをしていたときです。
下に鏡が置いてあり、仕掛けが見えるように展示に工夫がありました(下の画像は伊香保 珍宝館)

U13
そのときは「けったいなモンあんねんな~。こんなん買う奴おるんかいな?」と思いましたが、自分がそんな奴になってしまうなんて・・・

今みたいにAVや写真集が無いころ、浮世絵の春画や枕絵はその役割を果たしていたかもしれませんし、こういった人形は、いわば昔のエロフィギュアのようなものだったのかも?

先日骨董市に行ったときもあまり見かけませんでしたが、私が子供ころ(昭和30~40年代)なら、まだ温泉地のお土産店なんかでも売っていたのかもしれませんね~。
それとも、やはりキワモノのたぐいで入手困難なものだったんでしょうか?
ご存知の方はぜひ教えてください。

さてこちらもネットオークションで入手した陶器製の姑娘人形。

U9
大きさはこれぐらいです。高さ12cm。

U10
出品者の説明には中国 清朝の100年以上前の景徳鎮の陶磁器とありました。
「光緒年製」の落款。

U11
よく分かりませんが、陰毛や乳首、乳輪がきれいに描かれていて気に入ってます。

U12

ま~、前に日記のコメントにも書きましたが、骨董品はよく分かりませんので、これ以上手は出さないようにします。(たぶん・・・)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年6月19日 (金)

また骨董市に行く

京都大アンティークフェアに行ってきました。

A1
だいたいどのへんにお目当てのものが売ってるか分かってきましたが、思わぬ掘り出しものがあるかもしれませんので、ブラブラ見て回ります。

A2
小さな春画根付。3つまとめて買うからまけてと交渉するも不成立。

A9
歓喜仏も欲しかったけどな~。

A7
今回初めて見た古式銃、クラシックガンのお店。先日倒産したコルト銃も。

A3
全部本物らしいです。こんなん売ってるんですね。

A4
関連日記→骨董市に行く 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年6月 8日 (月)

お手軽陰毛試作

先の日記で紹介した、簡単「カズやん流 陰毛の作り方」をKAIONさんが1/6スケール フィギュアで試作してくれました。早々のお試し、ありがとうございます!

I1
素体はファイセン、HOTSTAFFのシームレスボディを使用されてます。シリコンボディなので、両面テープではやや着きが悪いようです。

I2
オケケは黒のマジックテープの細かい方を切って使用されたそうです。
お手入れしていない下の毛という感じで、なかなか卑猥ですな~

I3
きれいな陰毛はやはり一本一本接着か植えるのが一番良いと思いますが、モジャモジャオケケなら、今回の方法でもそれなりに再現できそうですね。
(KAIONさん曰く、アップだと「黒いタワシ」

最近ではフィギュア用の陰毛シールなるものもネット販売されてますね。(小スケール用ですが)

Bcee7de9
切腹人形は1/12スケールで、毛は羊毛フェルトを使いましたが、大スケールだとマジックテープの太さ、縮れ具合がピッタリかもしれませんね。(私は以前、百均のつけまつげを切って使いました)
両面テープならパイパンにしたいときに簡単に剥がせ便利と思いましたが、シリコンボディには一工夫いりそうですね。

PS:それにしてもいきなり人形の陰毛のアップで始まるブログも少ないだろうな・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年6月 1日 (月)

女切腹人形を作る

四十八手人形ならまだしも、これではもう立派な変態ですかね?

S6_2
前から作りたかった、女性の切腹人形(フィギュア)を作ってみました。

S2
海外でも「FUJIYAMA」「GEISHA」「SUKIYAKI」に並んで日本を代表する言葉「HARAKIRI」!
私の腹切りについての最初の記憶は小学生のころ先生に聞かされた武士の話で、自分の腹を十文字に切り、相手に向かって腸を投げつけてビビらせたというやつです。
もちろん三島由紀夫の割腹自殺もリアルタイムで知ってる年齢です。(ま、小学生でしたが)

ハラキリとはちょっと違いますが、中世の西洋でも生きたまま腸をウインチで巻き取る拷問や映画「ハンニバル」では腹を掻っ捌ばかれて教会の窓から吊るされ、内臓 を下にぶちまけるシーンが登場しますね。
グロテスクですが「エログロ」というように、グロテスクとエロチシズムとは密接な関係、表裏の関係があるように思います。(少なくとも私はそう思います)
それをもっとも端的に表わした映画は「悪魔のはらわた」(伊 1973年)でしょうか。フランケンシュタイン物のひとつですが、博士が死体を合成して生き返らせた女(けっこう美人)の腹の縫い目から手を入れて内臓(はらわた)を愛撫するという超変態ストーリーです。

ところで戦国時代の女性の自害と言えば、小柄(こづか)をのどに当てるシーンを思い出しますが、はたして武士のように割腹して自害することはあったのでしょうか?
それはさておき、女性の腹切り愛好者は存外多いようで、本やイラスト、ビデオ、ネットの画像検索でも結構出てきます。
これもエロとグロが見事に一体化した象徴で、「切腹美」なるものがあるんじゃないでしょうか。

S10
さて、私も「切腹美」に魅せられたひとりではありますが、深遠な愛好家ではありませんので、今回もなんちゃって造型です。

スケールはいつものように1/12で、針金を芯にして粘土で作っていきます。

S7
小刀は後から作るので、その部分は針金で代用。

形ができました。

S8
アクリル絵具で色を塗ります。

S12
今回は簡単な「カズやん流 陰毛の作り方」を解説。
まず両面テープを陰毛の形に切り、股間に貼りつけ、もう一面の接着面を出します。次に黒の羊毛フェルトを細かく切り、テープの接着面にふりかけ、長さや向きを整えて、出来上がり!

S9
気に入らなかったら、テープをめくって作りなおせばいいので、簡単でっせ!

で、完成!手の平の上で切腹!

S5
横一文字だけでは見た目が地味だったので、わざとらしくちょっと腸をはみ出させました。

S3
さて、もっと流血があったほうが良かったのか、

S11
足元に血溜まりも作ったほうがよかったか、白装束をはだけさせたほうが良かったのかなどなど、色々課題はありますが、また今度試してみます。

S4
ところで今回、腹の横一文字部分を粘土で作っているとき、電話がかかってきて、話してる間に粘土が乾いてしまいました・・・一番楽しみなところだったのに!残念!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »