フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月21日 (火)

春画人形 忍び居茶臼

相変わらず同じようなものの紹介です。

ネットオークションで入手した粘土?陶器?製の春画人形です。

E2
わりと大きく、高さが約15cmありますので、スケール的には1/8ぐらいでしょうか。

E3
かなり手垢でよごれていますし、補修の跡もありますが、許容範囲内です。

E4
合体部分!

E5
私が持ってる同じ感じの、小ぶりの同じ体位の四十八手春画人形と比べてみました。

E6
ね?けっこう大きいでしょ。

この体位は密着感がたまらんのや!と知り合いが言うとりました。

ちょいとオーバースケールですが、和室で和合していただきましょう。

E1
猫もあきれています・・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年7月18日 (土)

鬼怒川秘宝殿の人形が盗難!

最初に言っときますが、私は犯人とちゃいますよ!

昨年末に閉館した鬼怒川秘宝殿から等身大の人形7体が盗まれたそうです。

K3

【速報】秘宝殿の人形7体が盗まれる! 犯人よ、今すぐ出頭せよ 

昨年末閉館の秘宝殿、ろう人形7体盗難 日光・鬼怒川 下野新聞

私も以前訪問したことがありますが、わりとしっかりしたコンセプトと造型の場面設定で良いところでした。→訪問記 

盗まれたのは印象に残っている人形ばかりですね。
ネットでは「こんなもん盗んでどないすんねん?」的な声も聞こえますが、私には二度と作られることのない昭和の遺物、宝物、骨董品のようにも思えますし、盗んだ人もそうい気持ちで犯行に及んだのか?はたまた転売して儲けようとする輩か?

どんどん秘宝館が閉館していきますが、しかるべき組織がしかるべき所に保管して、見たいひとに公開されるようになってほしいですが、でも、それでやりくりできんかったから潰れるんですよね~。
クールジャパンのひとつとして、政府が保護してくれんかの~。
都築響一さんにがんばってもらうしかないか。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年7月14日 (火)

春画裏絵つきお面

今回はお面の紹介です。もう人形ですらなくなってしました・・・すみません。

M1
翁と於多福。簡単な桐箱に入っています。

M2
かぶれるような大きさではなく、ミニチュアです。大きさは5.5cm。
お面の裏絵が春画・枕絵のレリーフになっています。

翁の裏側。

M4
お多福の裏側。

M3
小さいので、絵も塗りもそれなりですが、ま、許容範囲内です。

これも隠し絵の一種ですね。小さいので、温泉地の社員旅行に来た親父のお土産だったんでしょうか?
昔、うちの親父が海外旅行のお土産に買ってきた、逆さにすると水着が消えてヌードになるボールペンを思い出しました・・・

ところで先日、福井県に仕事で行ったときに、奇岩撮影に東尋坊に寄りました。

T1
何度も来てますがこのブログを書き始めてからは初めてだったので、前からちょっと気になっていた、それらしいお店があったので寄りました。
何軒かいつもの調子で「裏にエッチな絵が描いてある人形あります?」と聞いて回ると・・・何と!一軒ありました!(写真の店ではありません)

T2
ちょうど今回紹介したようなお多福のお面でしたが、売っていたのはもっと大きく、実際にかぶれるお面ぐらいの大きさで、値段は6000円でした。

残念ながら写真は撮れませんでしたが、持った感じ、見た感じでは樹脂製で、裏の浮き彫りもちょっと今風の面持ちだったので、そんなに古いものではないでしょう。

さも売れ残ってる風でしたが、間が悪いことに今回紹介したお面(ネットオークションで二個で1000円)を入手したあとだったので、値段が高く思えて買いませんでしたが、話しのネタに買ってもよかったかな?とちょっと後悔しています。

でもまだ探せばこういうものが売ってることが確認できたのは収穫でした。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年7月10日 (金)

キャストオフ!九谷焼春画人形

骨董はもう買わないと言いながら、また買ってしましました・・・
「九谷焼 色絵花唐草文元禄美人」

K2
ま、ネットオークションの出品者の説明なので、本当にそうなのかどうかもわかりません。
これまた実は前から狙っていたもののひとつです。(九谷焼ではなく伊万里焼のときもあります)

K6
何が面白いかというと・・・ジャ~ン!

K7
なんと着物の裾部分を外すことができて、大事なところが丸見えになる仕掛けになっています!

K1
春画人形のひとつかもしれませんが、これって現代エロフィギュアの「キャストオフ」じゃないですか!
(※キャストオフとはフィギュアの衣服が取り外せて丸裸にできる仕様のことを言う)

日本男児、時代が違っても考えることは同じなんですね!このスケベ心に敬服!わたしゃ日本に生まれて嬉しいですわ。

これまで出品されていたものは大きさが20cmぐらいの小さいものが多かったんですが、これは高さ30cm強あり、存在感があります。
アソコのアップ。

K3
お尻。ちょっと細身のお尻で、実際のモデルでもいそうですね。

K4
繰り返しになりますが、時代が変わっても男衆のスケベ心を満足させる職人の工夫があったんですね。

K5
じゃあ女性は?というと、秘宝館には大奥で使用された張り型などもバリエーション多数展示されていましたから、男女共、性にはおおらかだったんでしょう。

今回の人形はどの程度珍品なのか分かりませんが、それほど精緻なつくりではありません。
しかし江戸末期から明治・大正時代の超絶技巧の木工・彫金・彫刻作品を見ると、当時の好事家のために特別に作られた、今の樹脂製フィギュアのキャストオフに勝るとも劣らない作品があったかもしれませんね。
平田郷陽の「粧ひ(よそおい)」なども、そういった目で見てしまう私はただのスケベ?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年7月 9日 (木)

スペース・バンパイアinモデルアート

先の日記のコメントで映画「スペース・バンパイア(原題 LIFE FORCE)」(1985年)の話題が出たので、ちょっと古い雑誌を発掘。

モデルアート誌 1986年3月号

M1
ご存知の方も多いと思いますが、モデルアート誌は模型専門月刊誌の草分け的存在で、他の模型専門雑誌に比べると作例も硬派なものが多いなか、この号はフィギュア特集!
自ら「特集:柔らかく迫ってみました”フィギュア制作講座”」と謳ってるぐらいです。

この特集で特筆すべきは、やはり小坂勝氏によるスペース・バンパイアに登場する全裸の美女エイリアンの作例でしょう。

M2
なんと陰毛つき!青少年も買う全国誌でっせ!30年前でっせ!これを快挙と言わずして何と言おう!

M3
小坂氏自身も映画公開時にボカシが入っていたことに、いたくご立腹だった様子を本文にも書いておられます。

M4
このエイリアンに扮するマチルダ・メイの完璧な裸体に悩殺された男どもは星の数ほど!私もそのひとりで、DVDも持ってます。私が持ってるDVDではボカシは無くなっています(男の方には入ってますが)。ま、映画のストーリー自体はシッチャカメッチャカですけど(テーマ曲は大好き)。

7月10日追記:なかなか興味深いブログ発見!→『スペースバンパイア』:男性バンパイアのミニチュアプロップ (勝手にリンクしてますので、問題あるときは削除しますのでお知らせください)

M5
30年ほど前、ちょうど私も模型の世界の入り込んだころは、既存のプラモデルに満足できず、自分の作りたい模型を創作し始める黎明期でした。
同じころホビージャパン誌でもピンクレディのミーちゃんも作例があったと思いますが、上手かったな~。
この頃はちょうどカンブリア紀の生命爆発のように色んな模型、フィギュアの可能性が現れては消えていった時代だったと思います。
(そして2015年現在、生き残ったのは「萌えキャラ」のエロフィギュアだけだった・・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

では最後に大好きなテーマ曲を!

2015年7月 7日 (火)

秘宝 裸弁天 ブロンズ調

もう一点、裸弁天の紹介です。トップアート(未確認情報)のブロンズ調「裸 弁財天」

B7
トップアートと言えば、美術品や工芸品の通販で新聞の一面広告でよく見ますね。

これは一見ブロンズに見えますが、素材は樹脂製(コールドキャスト?)です。

B3
先日紹介した木彫弁財天を現代風にアレンジして、リアルな肉感的美女に仕上げてあります。

琵琶もエッジがきいていてリアル。(Tさん、ありがとう!)

B6
スタイルもよろしおまんな。

B4
ボリュームのある長い髪も魅力的。

B5
そしてなによりもお顔がよろしい!

B1
お待たせいたしました!アソコもしっかり作ってありまっせ!

B2m_2
諸事情によりモザイク処理。

大きさは台座をいれて、高さ27cmぐらいで、ちょうど1/4スケールぐらいでしょうか。

B8
さて、こちらは以前、男性週刊誌の広告にあった同じくトップアートのエロ弁天、あっ!いやもとい、「吉品 裸弁財天」さま。(私は持ってません)

B1
こちらは今風Fカップの爆乳でエロフィギュアっぽいスタイルになっていますね。(でも顔はイマイチやな~

先日紹介した木彫弁天様は、まだ神棚に飾りたいようなありがたさがありましたが、これらの弁天さんはいったいどういった意図で作られたんでしょうね?やっぱり私みたいなエロ親父や、エロフィギュアはさすがに買えない真面目なお父さんに、「弁天様」とエクスキューズをつけて買いやすくしてくれてるんでしょうかね・・・

ま、詳しくは知りませんが、弁財天のルーツはヒンズー教の芸術・学問の女神サラスヴァティーが伝来したものだそうです。

Srspo008a
シルクロードを伝わる長い年月の間、通る国々や時代に合った姿、お顔や装束、楽器に変わってきたんでしょう(よもや極東の地で身包み剥がされるとは知らずに・・・)。

その意味では現代の弁天様が時代のニーズで萌え弁天やエロ弁天に姿を変えていったとしてもいささかもおかしいことはありません。(画像は東京 了法寺の萌えキャラクター「とろ弁天」)

Original
もっとも定着するかは別問題ですが・・・。

関連日記:秘宝 裸弁天 木彫 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

【送料無料】ブロンズ製◇仏教美術◇裸身...

【送料無料】ブロンズ製◇仏教美術◇裸身...
価格:14,800円(税込、送料込)

2015年7月 5日 (日)

秘宝 裸弁天 木彫

前にこの日記を書いたときから欲しかったんですが、どうも顔が仏さんのように神々しいものが多く(当たり前か)二の足を踏んでました。

が、先日ちょっと色っぽいお顔の弁天様がネットオークションに出ていましたので落札しました。

V1
ヒノキの木彫でしょうか。ふくよかなお身体に笑みを浮かべたお姿。大きさは13cmほど。

V2
後姿もプニプニしてますね。よろしいな、このクビレの無さ!(うちの嫁さんにそっくり!)
同じ仕様のものがよく出品されていますので、人気のある商品だったのかもしれませんね。

V3
でも手彫りのせいか、顔は少しずつ違ってます。
この弁天さんはちょっと流し目っぽくて、口角の上がった意味深な微笑が艶っぽい。

V4
胸にはポッチリと乳首も。

V5
そして秘所はクリちゃんもビラビラも後ろの穴もちゃんと彫刻してあります。

V6m
大人の都合によりモザイク処理。

ちなみにこちらはよく売ってる裸弁天さまのお顔(彩色版)
ね?欲しくないでしょ?

Kiboriyoshikawa_405003_3
ま、こういうものは全くの門外漢で、なにがイイものでなにがダメなモノかさっぱり分かりませんわ。

今回の木彫も、もっと自分のタイプの顔やプロポーションに彫り直したいような気もしますが、ご利益が減りそうなのでやめときます

弁財天は芸事、財宝の神様らしいので、仕事場の奥に鎮座していただき、商売繁盛を祈願しましょう。(付属のケースは高さ27.5cm 横23.5cm 奥行19cm)

V7
お金が貯まりますように!税○署が来ませんように!

で、久しぶりにちょっと遊んで、シームレスフィギュアで今風「裸 弁天」!

V8
えっ?ただの琵琶を持ってる姉ちゃんじゃねぇか!(← 皆さんの声

V10
琵琶は「武(もののふ)外伝・源平絵巻」より。

関連日記:秘宝 裸弁天 ブロンズ調 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

☆裸弁才天(弁財天) 桧 坐3....

☆裸弁才天(弁財天) 桧 坐3....
価格:64,800円(税込、送料込)

2015年7月 2日 (木)

1/3 スケール リアルヌードフィギュア 再び

懲りずにネットオークションで1/3 スケール リアルヌードフィギュアを落札しました。

S1
今回の顔は東洋人っぽいです。しゃがんでいても高さ32cmほどあります。

この業者の最初のポールダンサーがよく出来ていたので、何種類か買ってみましたが、スケールが大きくなるとどうも大味ですね。
(オリジナリティも無くなってるし・・・)

S3_2
でもこの模型のオッパイは小ぶりで豊胸っぽくなくていいです。

S2
相変わらずアソコはよくできていますので、モザイク処理

S4
ほかのフィギュアと一緒に。

S5
ま~この手のフィギュアはもう買わなくてもいいでしょ。日本をターゲットにするなら、もっと日本人受けする顔を作らないとダメでしょうね。
(よっぽど気に入る顔のが出たらまた買うかも)

ところで上のヌードフィギュアはタイの業者ですが、前にネットで見た同じくタイの屋台で売られている僧侶のフィギュアも意味も無く(意味はあるか)リアルで面白いです。

P1600769
見たときちょっと欲しくなりましたが、こんなん家にあってもね~

P1600773
タイにはリアルフィギュアの伝統があるんでしょうか?

P1600796
それにしてもリアルですね~  造型の天才がおるんかい?値段は5000円くらいだそうです。

参考サイト→タイはお坊さんを尊敬しすぎて超精巧なフィギュアまである 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »