フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

浮世絵陰陽和合 木彫春画 懐中香合 

さて、なにかよく分からないものですが、興味があって入手しました。

W1
桐の化粧箱には「浮世絵陰陽和合」と書かれており、中には約6.4x10.5㎝ 厚み2.3㎝の楕円の物体が6つ。

W2
ちょうど薄いレモン石鹸のような形で、表面に銘があり、パカッと開けると片方の内側に浮世絵のレリーフが彫刻してあります。
(一応、届いたままの状態で紹介しますが、蓋の銘と中の彫刻に齟齬があるかもしれませんので、あしからず)

これは「喜多川歌麿 絵本小町引」とあり、

W3
おそらく各浮世絵師の代表春画、枕絵集の図柄のレリーフなんでしょう。

W4
柘植か榧でしょうか。彫刻自体は、とても緻密に見えますが、表の字がレーザー彫刻みたいなので、骨董品ではなく機械彫り・手彫りの現代の工芸品の一種でしょうね。

W11
こちらは「葛飾北斎 喜能会之故真通」

W5_2
こちらは「歌川国芳 江戸錦吾妻文庫」

W6
こちらは「渓斎英泉 春情指人形」

W7
こちらは「歌川国虎 祝言色女男思」

W8
これが元絵ですね。

S113807g10

これは「歌川国貞 艶紫娯拾余帖」

W9
挿入部分も陰毛も細かく彫刻されていますね。

W10
この商品、検索しても出てこないし作者名や製造元名も無いので、勝手な想像ですが、ト○プアートあたりが数量限定で、海外で作らせたものかなにかでしょうね。

出品者の説明では、もともと1点25000円、セットで15万円だったそうです。
もし名のある作家の手彫りなら、1点、数万円してもおかしくないと思いますが、よ~分からん世界なんで、テキトーなこと言わんとこ。

「香合仏」のような夫婦円満、子孫繁栄のお守りの一種かもしれませんね。彩色されたものもあるようです。
どなたかご存知のかたは是非情報を。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月26日 (土)

「HOW TO SEX」の思い出

連休中、仕事場の大掃除をしていたら探していたものが出てきました。
奈良林祥 著「「HOW TO SEX」  ほかもろもろ。

S1
奈良林先生の「HOW TO SEX」は現在50歳以上のお父さん方は、多かれ少なかれお世話になったんじゃないでしょうか?

実はこの本には私にはイヤ~な思い出があって、中学生のころに、この本を古本屋(もちろん生活圏ではない)で意を決して買おうとしたら、店の親父に「お前まだこんな本、買うたらあかん」と言われ、私が「おじさんの代わりに買ってこいって言われたんや」と言うと、「そのおじさんと一緒に来い」と言い返され、すごすごと退散した憶えがあります。こっ恥ずかしい思い出・・・

その後、なんとか入手したわけですが、実践に役立つまでには長い年月が必要でした。(いやたいして生かしてないか・・・)

ま、それはどうでもいいんですが、今回、趣味の四十八手人形を作るにあたって、「たしか、体位の本を何冊か持ってたよな~」と思いながらも、どこにあるのか分からず、ネットや洋書やらを資料にしていましたが、今回の大掃除で見つかりました。

まずは「HOW TO SEX」(KKベストセラーズ)

S2
おそらく類書のパイオニアで、初版は昭和46年5月。私が持ってる本は昭和47年1月ですでに113版!!どんだけ売れてんねん!
男女の体位を写真で紹介。ん~シンプル イズ ベスト!

S3
こちらは「PLAY SEX FOR YOU 快楽のために」 KKベストセラーズ 昭和50年

S4
同じく奈良林祥氏の本で、「HOW TO SEX」の続編みたいなもんでしょう。

S5
巻頭のこのモデルさんにはお世話になりましたな~

G1
動物画家の木村しゅうじ氏が挿画を描いていたり、今見ると面白い発見があります。

G2
こちらはカルーセル麻紀の「JOY SEX セックスをたのしもう」 近代映画社 1976年(昭和51年)

S6
「HOW TO SEX」の二番煎じ本ですが、モデルが当時私の好きだった日活ポルノ女優の八代夏子だったので購入した記憶が。→参考ブログ

S7
しかし体位のモデルは別人でがっかり・・・。

S8
これらの本は、浮世絵四十八手の様子というよりも、より深く挿入する角度とか、実践的な体位の指南書でしたね。

その後、私の興味がなくなったのか、その手の本が少なくなったのか分かりませんが、少し間が空き、ヘアヌード写真集全盛のころに出版された、「金沢靖 写真集 愛のかたち LOVE is 」 竹書房 1992年

S9
大判の写真集でモデルは外人。見開きで浮世絵四十八手を再現しています。
近作の「時雨茶臼」と

S10
「宝船」 ん~ なかなかの資料になるな~

S11
せっかくなんで、先日教えてもらった、ネット動画の「48手動画」も紹介。

こちらは2005年に出た「THE LOVERS 'GUIDE―究極の愛のすべて…愛する人々へのメッセージ」本の友社

S12
結構きわどい写真も多く、てっきり発禁になると思っていたらならなかった本です。(わいせつの基準が分からん・・・)

S13
洋書のHOW TO本の邦訳でしょうか。洋書には同じパターンの本が多いです。

昔は美術用の木製ポーズ人形で体位を再現していましたが、それが実際のモデルになり、外人になり、今はネットで何でも入手できるからか、この手の写真集を見なくなりました。
思えば、大昔はそれこそ春画や枕絵で夜の営みを勉強したわけですから、つい最近まではそれがこういった本や写真集で代用されていたんでしょうね。
ま、それが必要なくなったということは、今の若いひとたちは昔ほど体位やSEXに興味がなくなったということでしょうか。(一部肉食系を除き)

それに引きかえ、奈良林先生の本を一番買ったと思われる「団塊の世代」の親父たちは今でも週刊ポストや週刊現代に「まだまだ現役!SEX特集!」みたいな記事や「大人の作法」などの本まで刊行され、お盛んなようですね。恐れ入ります。

浮世絵四十八手、体位本に関しては個人的には、マンガや絵画の参考用のポーズ写真集的なもので、各体位がクルクル360度回せて見れるCDつきみたいなのを出版してほしいですね。

さて出てきた本は、さすがに恥ずかったのか、ずっとカバーがついてました。

S14
寝屋川の中村興文堂と四条畷のエース書房。なんかお里が知れるな・・・

PS:なんと10年前までまだ出版されてたみたいですね!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月23日 (水)

四十八手人形を作るぞ! 第五弾!

なんとか連休最終日に間に合いました!

全国4~5名のファンの皆さん、お待たせいたしました!四十八手人形の第五弾です。

H1
今回は四十八手っぽい豪快な体位の「宝船」。

H2
男が仰向けで片足を上げて、女性がその足を抱えて上からまぐわう体位で、舟と帆に形が似ているところから名付けられた体位だと思いますが、こんなん「やったことないからよく分からん」と知人が言ってました。

H3
作り方いつもと同じく、針金を芯にして粘土で作っていきます。

P14
合体させると結合部分がほとんど見えなくなる、秘所好き泣かせの体位ですので、分離中の画像を。なんちゃって陰毛つき。

H6

試したことない体位は、気持ちいいのかどうなのか分からず(と知人からの伝聞)、いまいち造形も決めどころの無い、フワッとしたゆるい作品になってしまいました・・・

H4
分離させる必要性から、男の足にギュっとしがみつくスタイルも取れなかったのも一因かも。

H5

これは勉強のために石鹸の国に行かなあきませんな~

オマケ GIFアニメで遊んでみました(動画が表示されないときは、pc表示に切り替えて見てください)。参考→フリーソフト「ちくわしか持ってねえ」 

Sex10

本来は上下運動?かもしれませんが、この「上でかき回される」のもいいですよね!(クチュクチュクチュという音は想像してね

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月20日 (日)

アカギ屋?SM調教フィギュア

最近全然SM、緊縛系のフィギュアの紹介がなかったですね。

そこでネットオークションに出ていた、SM ボンデージ フィギュア完成品を4つ落札しましたので紹介します。

S1
おそらく「アカギ屋」製キットを組み立てたものだと思います。(間違ってたらすみません)

S2
出品者の説明では、「以前に素人組み立ての完成品を落札したもの」の出品で、塗りも上手とは言えず接着剤のはみ出しなどもあります。

S3
でも、ま~ ガレージキットはキットを購入しても組み立てる人は半数もいないと思いますので、その意味ではメーカーサンプル以外の完成品はとても貴重かもしれませんね。

S4
実際、出来はともかく、拘束台や拷問機など結構存在感があり、「キットは組み立ててなんぼ」(関西弁で値打ちが出るの意味)の楽しさが伝わってきます。

S5
大きさはこれぐらい。1/8スケール。

S6
時間があれば、陰毛をつけたり、顔ぐらいは塗りなおしたいかな。

ついでに紹介。

G1
これも随分前にネットオークションで入手した、SMフィギュア。

G2
30年ほど前のアドベンの改造品でしょうか?スケールは1/20です。

G3
よく似たものが伊香保の「愛と生命のミュージアム」にありました。

G4
今でもオークションに出品されていますね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月17日 (木)

DETOLFを照明してみる

先日買った、IKEAのガラス飾り棚デトルフには専用の照明キットはあるんですが、結構高いので代用品を使用。
これです。

L1
スティック型LED照明。台がありますので、立てて使用しても、寝かせて使用しても良さそう。

L2
設置前。(部屋を暗くした状態)

L3
設置後。左右から立てて照明。

L4
L6
2段目はガラスの上に寝かせて、下を照明しています。

L5
なかなかよろしいな。実はこのスティック型LED照明、近くのリサイクルショップで一本99円で投売りしていて、20本まとめ買いしてきましたが、それでも2000円足らずでした。
ラッキー

筒型のケースは、人形のホコリよけケースにピッタリ!

M9_2
一粒で二度おいしい!

関連日記:DETOLF買う 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月14日 (月)

まっつく MK2.フィギュア

メインブログでも紹介しましたが、こちらでも紹介。

mattuk(まっつく)氏原型、MK2.JK FIGURE x 3D PRINT フィギュア2種を入手しました。

M1
デジタル造形した女子高生を3Dカラープリンターで出力したフルカラーフィギュア完成品。

M2
私のアナクロ造形と違い最先端造形ですね!

M7
JKHM105-Z ミラーで髪型を直してるコギャル?

M4
JKT105-Z 急に雨に降られて下着が透けてるコギャル?

M5
大きさはこれぐらい。約1/10スケールですかね。

M3
造形もシチュエーションも小物にいたるまで、非常によく出来ていますね。実際の女子高生をスキャンしたのではなく、一からデジタルで作ったスカルプトでしょうから、素晴らしいセンスですね!
(モデルや参考写真などがあるかもしれませんが、それでもたいしたものです)

この完成品は石膏積層型フルカラープリントなので、近くで見るとどうしても積層や色滲み、粒子の粗さがありますが、ま、現時点では許容範囲内でしょう。

M6
このプリントアウトを前段階の素材として研磨、修正してより精密なモデルを作ることができるでしょうし、実際にそうして商品化されているものも多いです。

JK FIGURE x 3D PRINTさんではこの完成品だけではなく、各スケールのレジンキャストキットも発売しています。

こういう技術は日進月歩なので、10年もしないうちに、出力品も現在のPVCの美少女フィギュアの完成品と同じくらいのクオリティになるでしょう。

ホント、私にもこれだけのセンスとデジタルスキルがあれば四十八手人形なんて作り放題なんですがね。
いや今後はむしろ、高性能ハンディスキャナーと3Dプリンターが各家庭に普及すれば、わざわざデジタル造形しなくても、パートナーと「まぐわって」いるところをスキャンして出力すれば一丁上がりですよね!
いや~未来は明るいな~!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月11日 (金)

四十八手人形を作るぞ! 第四弾!

夏休み中は本業のワークショップで忙しく、コレクションの紹介ぐらいしかブログを更新できませんでしたが、やっと時間ができました。

皆様お待たせしました!四十八手人形の第四弾です。(作りたくて作りたくてウズウズしてました

K1
今回は女性上位の「時雨茶臼(変形)」

K2
膝をついた形ではなく、四股を踏むような感じで、上下にズッコン!バッコン!するやつですね。

結合部分が見えて、なかなかやらしいんですが、「激しいとチ○ポが折れそうでコワい!」を知人が言うてました。

K3
作り方はいつもと一緒です。針金を芯にして粘土で作って、

P15
形ができました。着色前。
P12
アクリル絵具で着色。垂れ乳、三段腹の熟女をこよなく愛する皆様へ。

P13
なんちゃって陰毛もつけ、完成しました。手のひらの上で合体!
P11
ま、いつもように雑でテキトーな作りで申し訳ありません。

ここは例の和風ドールハウスに助けていたきましょう。

K4
今回の体位はリバーシブル(?)で後ろ向きで挿入も可能。この体位も、肛門と会陰部の向こうに出入りするチン○とマ○コがよう見えてやらしいと知人が言うとりました。

K6
合体部分アップ!

K7
あんまり激しくしたらアカン・・・で、出る・・

K8
お後がよろしいようで。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年9月 4日 (金)

また買ってしもた~ 春画 底絵つき人形

性懲りもなく、また買ってしまいました底絵つき人形。

H1
しかも前買ったのと同じような遊女と老彫師の作品。大きさは幅が約24cm。

H2
今回はケース付きなので、人形自体は破損もなく綺麗な状態でした。でもケースは元からのものかは不明。大きな座布団つきのモノも見たことがありますね。

H3
刺青の図柄は緋牡丹でしょうか。

H8
落ち着いた着物の鶴の柄もよろしいな。

裏の絵はこんな感じ。いやいやいや、あの体勢からこの合体は無理があるでしょ!

H4
結合部アップ!先っちょだけ入ってます。

H5
出品画像だけでは作りが甘かったので、もっと小さいものを想像していましたが、届いてみると前に購入した(右)のと同じくらいの大きさでした。しかも値段は半分以下で入手できました。

H6
でも前の作品の方が少し写実的で着物の色も綺麗ですね。今回のケースに入れるとなかなか映えます。

H7
参考日記:春画 底絵つき博多人形 

さてこのご時勢、今なら「このデザインはうちのパクリだ!訴えてやる!」なんてことになったかもしれませんが、当時(40~60年前)は人気のあるデザイン、意匠なんかはパクり、パクられが常習、日常茶飯事だったのかもしれませんね。

こういうモノは結局購入者がより良いモノを選び、パチモンは淘汰され、デザインや造形の優れたモノが残っていったんでしょうね。

えっ?違うて?

「顔が良くて、アソコが見えてればいいの!」  

ごもっとも!

(今はそれすらもご法度で、世知辛い世の中になりました・・・ポルノ解禁の夢は遠くなりにけり・・・)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »