フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月29日 (金)

サリナ・ヴァレンティナ 1/6 アクション ドール

クラシック・ビューティー・エンターテイメント「サリナ・ヴァレンティナ」
(Classic Beauty Entertainment Sarina Valentina 1/6 Action Doll)

S1
私はてっきりファイセンがベティ・ペイジ同様、伝説の女優をシームレスボディの可動ドールとして発売したものと思ってましたが、どうも違うメーカーのようですね。(間違ってたらすみません)

それはそうと実は私はサリナ・ヴァレンティナってどんな人か知りませんでした。
今回のものはKAIONさんが、所有のフィギュアを撮った画像を提供してくれたものです。
私同様、知らなかった人も多いかと思いますので、KAIONさんのご好意で紹介させてもらいます。

なかなかのベッピンさんですよね~

S6
スタイルもなかなかバッチグー!(死語)

S8
さて下着を取ってみると・・・

S9
!!!!!

S4
な・な・なんと!サリナはニューハーフだったのだ~!今で言うオトコノ娘(コ)!

S5

なるほど~!そういうことだったのね!

ん~!ファイセンの男性シームレスのオマケと言い、これを商品化する海外メーカー恐るべし!!
もうこれからどんなものが商品化されるか楽しみ!!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月26日 (火)

タイの踊り子 ツインシスターズ

前回のアジアンな人形はおそらくタイの民芸品だったと思うのですが、これまた偶然というかちょうど同じ時期にネットオークションで陶器製のタイの踊り子人形2体が出品されていたので入手しました。

B1
まったくエロくないですが、奇しくも先のタイの人形のように双子の踊り子のようなので紹介しちゃいます。

B2
大きさはこれくらい。高さ19~20㎝。サイズ的には約1/6スケールぐらいでしょうか。

B6_2
ポーズも衣装も違い、模様も丁寧に付けられいます。

B3
ちょっと九谷焼っぽいですね。

B4
メイド・イン・タイランド。

B5
こちらH度エロ度は皆無ですが、先の人形が仲良く踊っている姿と思えなくも無い?

B7

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月22日 (金)

アジアンなセクシー人形

この前、中国の泥人形を紹介したとき、同じような人形を香港で買ったとコメントいただいたKAIONさんがその人形を探し出して、私にプレゼントしてくれました!ありがとうございます!東南アジア タイ インドネシア ビルマ フィリピン ミャンマー ベトナム エロ フィギュア Hな エッチ 春画 人形
そちらがこれ!アジアンテイストのヌード人形。

A4
セクシーですね~!もともとは腰ミノを巻いていたそうです。

A5
指ではじいて音を聞いてみると、陶器?素焼?テラコッタ?的な音です。

A6
やはり日本の博多人形や中国の泥人形のようなものでしょう。
KAIONさんは37年前に購入されたそうです。大きさは40cmほどで、スケール的には1/4でしょうか。

実は以前訪問した秘宝館で、同じような人形を見たことがありました。他の和製、洋物の展示物の中でも異彩を放っており、できれば入手したいと思っていました。

こちらは伊香保温泉「珍宝館」にあったもの。

A1
そしてこちらは伊豆の「伊豆極楽苑」にあった人形。

A2
この半艶消しの肌合いは、なんともなまめかしく、独特の色香がありますね~。

今回の人形も、胸のふくらみ・・・

A11
アソコの作りも、陶器なのにとても柔らかそうで、変にリアルな造形よりも触感に訴えかけてきますね!

A8
実はこの人形が届く前に、ネットオークションに「タイ古典舞踊人形」と言うのが出品されていて、落札したのがこの人形(右)。

A9
そのときはKAIONさんに送ってもらった人形がどんなものか全く知らずに、同時に入手したものが同じテイストの人形だったので、かなりビックリしました。

A12
シンクロニティ?世の中こういうことがあるんですね~
双子の踊り子のようで、エキゾチックな顔立ちも魅力的です。

こちらも衣装を脱がせると見事なヌードを披露してくれるかもしれませんね。(でも結構きっちり縫製しているので、脱がせるのは手間がかかりそうです)

A10
昨今のリアルなフィギュアに比べると、多少簡略、デフォルメはされていますが、美少女フィギュアのようなアニメチックではなく、セミリアルな魅力と言うか、絶妙の生々しさがあって、私好きです、こういう人形

A7
で、我が家のプチ秘宝館に設置。

A13

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月18日 (月)

やっと入手!ファイセン シームレス男性素体!

最初にちょっと愚痴ります。ファイセン スーパーフレキシブル シームレス男性素体が販売予約開始されて、あるネットショップで予約を入れましたが、どういうわけか販売が開始されてからも延期延期で全然送ってくる気配がないので、業を煮やしてキャンセル!
結局ヤフオクで入手しました。(たぶん、入荷数と注文順の関係だったと思いますが)

T10
そういうわけで、もういろんなところで紹介されているのサラッと紹介します。

T1
先行の女性素体同様、ステンレススチールの骨格でストレスなく動かせます。

T2
なんと言っても、私にとっての今回の目玉は、オマケの三形態のティムポ!

T4

寒冷地バージョン!(ちぢこまってます)

T6

温暖地バージョン!(ダラ~ンと脱力)

T5
硬直バージョン!(バ○アグラでシャキーン!)

T3
いや~!これは参った!参りました! ファイセンの大英断に拍手!!

T7
これは男女問わずいろんな趣味・趣向の人にも売れること間違いなし!

しかも、ティムポは結構リアルな形状・大きさで、ファイセンの常識・理性を感じますね。

シコ シコ シコシコ シコ シコシコ シコ シコ!

U2_2

大きくなちゃった!

T8
大きさもリアルですが、やっぱり絵的に迫力不足? ここはやっぱりジャパニーズ・スペシャルバージョン「UTAMARO」も欲しいですね!

残念ながらこのボディにはヘッドが付いてないので、別に用意する必要がありますが、これでやっと可動フィギュアで枕絵 四十八手を再現できそうです。
でも実際には女性の局部の改造やティムポも硬くないので、工夫など必要かな。

少々マッチョ過ぎる体型のほかに細マッチョとか、いろんなボディのバージョンも欲しいですね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月15日 (金)

インド 春画 ミニアチュール

人形ではありませんが、またよく分からんものをネットオークションで入手しましたので、紹介します。

M1
薄い象牙の板に描かれた、インド風春画4枚。
なんと言ってもカーマ・スートラの国ですからね。

大きさ約10cm×7cm 厚さは全て1mm程度です。

M2
大きさ約6.5cm×10cm

M3
大きさ約7cm×6.5cm

M4
大きさ約7.5cm×5.5cm

M5
少し調べてみるとインドの工芸品でミニアチュール(細密画)と呼ばれるものだそうです。
象牙を薄く板状にして、その上に描かれており、薄く板にしても、象牙はまた丸く復元しようとするので、薄い透明のフィルムで巻いてあるそうです。

M7
裏を見ると象牙?ですかね。やはりフィルムが巻かれていますが、保存が悪かったのか、やや丸く反ってきています。フィルムにも破れや色移りがあります。

M8
絵も細密とはちょっと言いにくいですが、ま~ま~きれいに描かれているでしょうか?

M6
値打ちが有るのか無いのか??

情報お持ちの方がいらしたらまた教えてください。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月12日 (火)

風呂屋の番台

お風呂は好きなほうなので、出張で地方に行くときは温泉メインで宿を取ったりします。
最近は都会でもスーパー銭湯やクアハウスがあり、ホテル代わりに安く利用することもあります。

さて、私の子供の頃は当たり前でしたが、今でもあるんでしょうか?番台のある銭湯や風呂屋。

現在のスーパー銭湯などは、ロビーでお金を払って男女別の入口に入って行くのが通常になってしましましたが、昔は男女に脱衣所が見渡せる場所に番台がありました。

R2
森光子が出ていたTVドラマ「時間ですよ」よく見てました。
今ならセクハラで訴えられそうですが、おおらかな良い時代でした。男子なら一度は座りたい憧れの場所でしたね~
番台に座れなくても、お金を渡すときにチラッと女湯のほうを覗いた記憶があるのは私だけではないはず。

たまに地方の混浴露天風呂などで、女性が入ってきたりするとバスタオルを巻いていて何も見えないのにセクシーですよね。
50年ほど前までは、わりと当たり前のように観光地には混浴の温泉があったらしいので、もう少し早く生まれたかったな~。

R1
独身だった30年前ほど大阪 西成のアパートでひとり暮らししていたころ行ってた銭湯には、若奥さんみたいな女性が座っていて、いつも珍棒をしごいて大きくしてから、番台の方を向いてパンツを脱いで、若奥さんに見てもらってました!

ってもちろんウソで、20代の私は少し恥ずかしくて、コソコソ着替えていた記憶があります。

R3
今回のフィギュアは10年ほど前に販売されたタカラの温浴剤入り玩具「昭和おもひで温泉」のシークレットです。

R4

もし今でも番台の求人があったら、応募したいな~

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月 9日 (土)

中国 泥人形 泥人張彩塑

今回紹介するのは、ネットオークションで入手した中国天津伝統工芸、泥人形の姑娘(くーにゃん)です。

C4
と言っても、あんまり詳しいことは知りません。
粘土で塑像したものを、乾燥、素焼きして彩色したものとありますが、工芸品なので、型取りして作っているかもしれません。
髪飾りの花や紐は別素材です。

C3
独特の立ち姿で、顔立ち、お化粧にも様式があるのでしょう。

C5
大きさは約38cmあります。こういうものにスケールをつけるのも野暮ですが、だいたい4分の1スケールぐらいでしょうか。結構大きいです。

C2
おそらくお土産品で、こんな箱に入ってました。

C1

オッパイすら出てませんが、人形遊びのコレクションのひとつとしてご容赦を

こちらの本は「泥人張彩塑芸術( The art of nirhen zhang's clay sculpture)」

C6
30年近く前に、職場の先輩が中国に行ったときに買ってきてくれたお土産です。
「カズやんはこんなん好きやろ」と渡されましたが、当時はあんまり興味が湧かなかったんですが、いま改めて見ると素晴らしい本です。

C7
共産党政権以前の中国の生活・風俗や衣装がいきいきと表現されています。

C9
まさにリアルフィギュアと言って良いでしょう。動きにもシナやケレンミがあって勉強になります。

C8
粘土で衣装までリアルに作るのは、日本の博多人形にも通じますし、果ては現在の美少女フィギュアのルーツと言ってもよいかもしれませんね。
たぶん世界中にこういった人形があるんでしょうね。

さて、こちらはフィギュア王のムック「東映動画アーカイブス」ワールドフォトプレス刊(2009年)

C10
ご存知、宮崎駿や高畑勲、大塚康生などが若い時分に参加していた「太陽の王子 ホルスの大冒険」などの東映動画の記録集ですが、大変興味深いことに、作画の参考に作成された各映画のキャラクターのクレイモデルが掲載されています!こんなもの残っているんですね!

C12
「白蛇伝」のクレイモデル。
C11
これらにも泥人形の影響が多分に見えます。

泥人形をネットで少し調べてみると、これまでは歴史的な場面や人物が作られることが多かったみたいですが、現代作家の今風の装束、風俗の人形も発表されているみたいで、とても興味があります。ご存知の方がおられたら是非御情報くださいませ!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月 5日 (火)

技法書の紹介

本業のブログでも紹介しましたが、エッチな人形を作るのにも役に立つかもしれませんので、こちらでも紹介します。

「Korper perfekt modellieren」

M5
姉妹書「Portraets in Ton」は主に頭部の制作についてでしたが、本書は頭部、体幹はもとより、腕や脚や足先など部分の制作方法が詳細な写真で構成され解説されています。

M6
肘や膝など多くの筋肉や腱で構成された箇所も分かりやすいです。

M7
陰影を上手く使っているので、筋肉のふくらみや溝が見やすくなっています。
M8
これまで持ってる本の中では一番分かりやすいじゃないでしょうか。

M9
この本見たら上手く作れるかは別として、一冊持ってて損はないと思います。

参考日記→技法書の紹介 

思うに、こういう技法書は彫刻でも絵でもよく見ますが、「珍棒」や「万子」の作り方を懇切丁寧に解説したものはありませんね。(あたりまえか)
ギリシャ彫刻でも、ルネサンス美術でも、アソコは結構テキトーに流されているイメージがあり、むしろ日本の春画が一番アソコを立派に丁寧に描いているように思います。

R1
ま、現代アートでは、先ごろ話題になった、ろくでなし子さんはほっとくとしてして、ロン・ミュエックなどリアルで生々しい肉体を作っているので、そんな技法書もあってもいいのにね。

R2
さてこちらは一緒に買った「Modelling heads and faces in clay」

M2
タイトルどおり、頭部、顔の塑像に特化した技法書です。

M3
首の角度など、ミスしがちな造形にバッテンでダメだしがあったりして面白いです。

M4
私の四十八手人形なんて、バツばっかりつけられそう!勉強せねば

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月 1日 (金)

新年おめでとうございます!四十八手人形を作るぞ! 第十弾!

全国の四十八手人形ファンのみなさま、明けましておめでとうございます!
自作四十八手人形もやっとこさ第十弾を迎えることができました。
これもみなさまの応援のおかげです。ありがとうございます。

記念(?)の体位は「こぼれ松葉」(ちょっと地味ですが)

C6
これは私が・・・いや違った、知人の好きな体位のひとつで、「とにかく楽(らく)!」らしいです。
分かりませんが、女性も楽なんじゃないでしょうかね?

C5
作り方はいつもと同じ。針金を芯にして、粘土で形を作っていきます。

A1
細部を整え、ペーパーがけをして形ができました。

B2
アクリル絵具で着色。今回のオッサンはスケベ髭の親父。

B3_2
なんちゃって陰毛をつけて出来上がり。

A2
恒例の手のひら合体。

A1
この体位は松葉崩しのひとつで、いわゆる「♪横浜~よこはめ~」体位ですね。

C2
酔っ払ってなかなか発射できないときは、この体位で合体したままテレビ見ながら、いつの間にか寝てしまったことがあるとかないとか?(知人談)

C3
今回のヒゲ親父も、モソモソお乳を触りながら寝落ちしそうです。

C4
一方女性のほうは、「もう~いつまで入れてんのよ?

C7
いつものGIFアニメで遊んでみました。(一応モザイク入れときます)

S8
(見れないときはPC表示でお願いします)

さて今年もこんな感じでだらだらとスケベなことを書いていきますが、みなさんよろしくお願いします

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »