フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月28日 (火)

箱付 陶器製春画人形 元禄人形

ちょっと面白いものがネットオークションに出てましたので、落札。(こればっかり)

「元禄人形」と表書きのある箱つきの陶器製の春画人形です。手びねりの小さな土人形ではなく、釉薬のかかった焼き物です。

G1
大きさはこれぐらい。長さ:約13cm、幅:約6.5cm、高さ:約7cm。わりと大きいです。

G2
好色男が、嫌がる女性に言い寄ってる風。

G3
女の顔が「山田邦子」みたい(笑)

G4
で、肝心の裏側はどうなってるか?と言うと・・・

G5
珍しく挿入前の女陰にちょっかい出して、珍棒を膨らませてる男の図でした!

G6
よく濡れたあと合体!ですか? なかなか面白い趣向の人形でした。

さて、また本業のほうが忙しくなりそうなので、少し更新が滞るかもしれませんが、時々覗いて見ていただければと思います。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月23日 (木)

箱付 九谷焼 春画盃

た~!もう買わんと宣言したのに、また買ってしまった~!

H1
と言うわけで、共箱つき九谷焼の大中小の春画杯(盃)です。

H2
ネットオークションで金彩の絵柄のきれいなのが出ていたので落札。

大の絵柄。直径 約8cm。

H4
中の絵柄。直径  約7cm。

H5
小の絵柄。直径  約5.5cm。

H6
裏側はこんな感じ。

H3
箱には「盃 九谷 ○(読めない)一」の落款あります。
H7
すいません・・・人形と関係なくて・・・(もう買わんぞ~!)

関連日記:春画 さかずき ぐい飲み  春画 九谷焼酒器セット 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月18日 (土)

たがひがたつかふ双女人根付

と、勝手に命名しましたが、先日ネットオークションで入手した、象牙根付を紹介。
出品時には「本象牙 在銘 春画根付 繋双女人」と紹介されていました。

T1
たぶん古いものではなく、中国製の現代工芸品でしょう。

T6
大きさはこれぐらいで、長さは5.2cm。

T3
双頭の張形で楽しむ二人の御婦人の像が面白いので、思わず落札しました。

T4
さて、江戸時代などの昔は「レズビアン」のことを何と言ったんでしょうね?
このような張形を「互形(たがいがた)」、「比翼型(ひよくがた)」、「両首」りょうしゅ)」「千鳥(ちどり)」と呼ばれたそうです。

T7
こちらは伊豆の秘宝館に展示していたもの。

T8
江戸時代の将軍家に仕えていた奥女中が使用していたそうですよ。(ほんまかいな?)

T5
で、我家のミニ秘宝館に収蔵。(ん?ちょっと黄ばみすぎですが、ホントに象牙?)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月14日 (火)

エロはアートだ!

Tさんから情報いただきました。

都築響一 presents エロトピア・ジャパン展

Nt_160613erotopia03_2
お馴染み都築響一氏の秘宝館コレクションや写真などが紹介されているようです。
ヴァニラ画廊など東京ではときどき開催されてるようですが、なかなか上京する機会とタイミングが合いません。関西でもやってくれないかな~

こちらで少しレポートされています。→ねとらば 

なるほど。回転ベッドも「失われゆく昭和」のひとつなんですね~

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月12日 (日)

おっさんの人形を作るぞ! 後編

おっさんの続きです。刺青 入れ墨 タトゥー フィギュア 人形 TATTOO

何をやりたかったというとズバリこれです。「刺青」

I1
前から作りたくて作りたくてウズウズしてました。

I3
私が子供ころは銭湯に行くと、紋々の入った親父が何人か必ずいたもんです。

I2
実は私の元々の職業は鍼灸師なんですが、若いころ大阪 西成区の鍼灸院に勤めていて、やはり背中に刺青の入った方々もよくハリを打ちにきました。

I5
なかには色や模様まで至らず、途中でやめた下描きのような方もいて、ある日そんな般若の輪郭だけを背負った方がいらしたとき、まだ入ってなかった目の部分に針で内出血させて、目を入れてさしあげたとこもありました。(若いときやからできたんでしょうね。今ならようせんわ

I4
さて、当初刺青をどう表現しようか考えたとき、まずネットや写真集の刺青画像をスキャンして、転写シールに印刷して貼り付けようかと思いましたが、こんなテキトーな出来の人形に、やたら精密な絵柄があっても変ですし、なによりも勝手に絵柄を使って「その筋」の方に因縁つけられてもかなんので、自分で考えて描くことにしました。

まずどんな感じになるのか作りかけの人形でテストしてみます。ま、こんなもんでしょう。

I6
そしておっさん人形に背中に鉛筆で簡単な下書きをします。

I7
商品名「ガンダムマーカー」で絵柄をフリーハンドで描いていきます。

I8
絵柄は私の大好きな生きた化石をデザインして「シーラカンスの瀧登り」の図(笑)

I9
できました。構想期間数ヶ月、所要時間やく1時間。ま、テキトーな人形にはこの程度のなんちゃって刺青でちょうどよいでしょ。

I10
さて、みなさんのお察し通り、女性の刺青人形も前から作りたかったのですが、今回の経験であたりがついたので近いうち挑戦してみます。

関連日記:おっさんの人形を作るぞ! 前編  

調べてみると、刺青やタトゥーのフィギュアは意外にあって、「龍が如く」「クローズ」「ワンピース」などのフィギュアがあります。
なかには刺青キューピー人形なんかもあって、結構ファンは多いのかもしれませんね。


(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月11日 (土)

おっさんの人形を作るぞ! 前編

先日本業が忙しかったとき、無性に「おっさん」の人形が作りたくなりました。

K1
自作の四十八手人形では、腹の出たくたびれたおっさんばかり作っているので、ちょっとカッコイイ(?)渋めのおっさんを作ってみました。

K2
テキトーに作ったふんどしなので、キリッとしてなくてすみません。

K11
ふんどしを取るともちろんこんな感じ。ちんこは大きめ。

K3
エレクチオン!

K5
こんな人形に需要があるのか? あるなら商品化も視野に(笑)

とか言いつついつものGIFアニメで遊んでみます。

Newimage1
フニャ~ → ビーン!→ フニャ~ → ビーン!楽しんでいただけましたか?
(今回制作の目的の半分は、このGIFを作りたかったこと 笑)

男は女性の裸をお金払っても見たいもんですが、反対に女性は男性の裸(特に陰部)はそんなに見たいと思わないと聞いたことがありますが本当ですか?
それならこんな人形、需要ないですよね。
もしこのブログを見ている奇特な女性がいらしたら是非ご意見ください!

さて作り方はいつもと同じで、針金を芯にして粘土で作っていきます。

K9
形ができました。

K6
彩色して、なんちゃって陰毛をつけて出来上がり!やっぱりパンチパーマですよね!

K7
上の画像のちんこは「仮性ホーケー」バージョンですが、巨根バージョンも作ります。
(ファイセンの影響大!)

K10
そしてふんどし付けて、和室ドールハウスで撮影。(ふんどしはティッシュでにわか作り)

K8
しかしこれではいまいち面白くないですね~。

K12
ということで次回 後編に続きます。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月 8日 (水)

四十八手人形を作るぞ! 第十四弾!

全国の四十八手人形ファンのみなさま、大変お待たせしました! いや~本業の仕事がやっと一息ついて、3ヶ月ぶりに作れました。

Y1
第十四弾の体位は「櫓立ち(やぐらだち)」です。

Y4
AVでお馴染み「駅弁ファック」スタイルですね。

Y2
これは私の知人も興味本位で試してみたことがあると言うてました。
この格好でラブホテルの大きな鏡の前でやるとちょっと興奮するらしいです。
でも「しんどい」「重い」「腰悪くする」とも言うてました(笑)

Y3
合体部分。え?よく分からんて?

Y5
では、よく分かるようにストロボを光らせて、

Y6
ズームイン!ちょっと生々しい?(たかが模型ですが、一応モザイクしときます)

Y14
いつものGIF画像で。(GIFアニメが動かないときはPC表示でお願いします)

Newimage1
ん・・・小柄な女の子ならいいですが、相撲取りみたいな女性だったらちょっとした苦行ですね

という訳で、今回もメイキングがここから。

作りかたはいつもと一緒で針金を芯にしてポーズをあれこれ試しながら、粘土で造形していきます。

Y13
形ができました。今回も分離・合体できるように作ってますので、どうしても「ゆるい」部分が出ます。本当なら、もっと女性がギュッと男性にしがみついてる感じで作りたかったです。

Y8
次にアクリル絵具で彩色して、なんちゃって陰毛を付けて出来上がり。

Y9
ちゃんと自立しまっせ!

Y12
ローアングルで撮影。珍棒も満子も出し入れできるよう少し大きめに作ってます。

Y11_2
さていつものように手のひら合体の後、今回も和室ドールハウスで撮影しました。

Y10

久しぶりに作ると、やっぱり楽しいな~!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年6月 1日 (水)

九谷焼 春画四十八手人形

また懲りもせず買ってしまいました

X1
ネットオークションに出ていた、九谷焼 春画人形12個(出品時紹介文)です。

S1
これまでも何種類か紹介した手乗りサイズの焼き物で、手びねりの素焼きタイプのものではなく、型押しの陶器製のようです。

S2
そのためこのサイズとしては比較的細工が細かく、着物などの彩色も丁寧にされています。

S3
ただ肝心の結合部分はそれなりの作り、塗りで、少々物足りない。

S4
知識がなく、あんまり見たことのない作品だったので、つい熱くなり想定予算オーバーで落札してしまいました・・・。

S5
届いてから精査(舛添都知事風)してみると、よく似た体位、デザインの人形、また毛色の違う人形もありましたので、もしかしたらセットものではなく、前の所有者が時間をかけて、あちこちから収集したものかもしれませんね。

S6
ま、骨董収集はこういったことを思いめぐらせるのも楽しみのひとつかもしれません。

大きさはこれぐらいで、高さ約3~4cmです。

S7
箱付きでしたが、経年のため虫食いがひどく、天日干ししたあと箱は倉庫にうっちゃりました。

600x4002016041200010

近所にできたニトリで売ってたコレクションケースに収納。

Su2
ほかの四十八手人形を並べてみました。なんか集団乱交状態みたいで壮観!

Su1
参考日記:四十八手人形  四十八手人形ふたたび  

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »