フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

京都大アンティークフェアに行く

昨日は京都パルスプラザで開催中の京都大アンティークフェアに行きました。

A1
最近時間があれば見に行くようにしてるんですが、魔がさして買ってしまうといけないので、なるべくお金は持っていかないようにしています。

A8
何度か行くうちに、どのあたりに何が出店されているか分かってきました。

お目当ての春画人形もあり、珍しく紙箱つきのものがありました。

A2
桐箱入りは何個か持ってますが、販売店の紙箱を見たのは初めてです。

A4
保管がしっかりされていたので、中身はキレイでした。

A3
こちらの春画人形も欲しかったですが、

A5
値段が高くて買えませんでした。

A6
さてこちらの伊万里焼の半裸人形。

I1
お値段36万円也!

I2
私も似たような伊万里と九谷の人形を持っていますが、どちらも1万円もしませんでしたが、意匠や細工に違いがあるんでしょうね。

I3
骨董品は難しい!

と言うわけで、今回は何も買わずに無事帰宅できました。

すいません・・・相変わらずの骨董話でした・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年3月11日 (土)

資料発見!「性の造形」と「高橋鐵コレクション」

かなり古い本になりますが、春画人形に関する資料を入手しました。

S1
まずは「性の造形 民族の性典」 伊藤堅吉 著 図譜新社 昭和40年刊 函入りハードカバー188 ページ

S2
古今東西の性にまつわる造形物を紹介しています。

S3
ページ数は少ないですが、裏絵博多人形についても紹介されています。

S4
珍しい木彫の性交人形なんかも紹介されています。

S5
こちらは「高橋鐵コレクション」昭和38年 マイアミ出版社刊 函入りハードカバー 206ページ

S6
性学者で著書も多い高橋鐵氏の風俗画、浮世絵、エロ写真などのコレクション体系で、少しですが、縁起物の土人形なども紹介されています。

S7
カラー図版がほとんどないのがもったいないですね。

S8
両書に共通していますが、道祖神や魔除け、縁起物など民俗学的な位置づけで性的造形物が受け継がれてきたことが分かります。

ま、まだほとんど読んでませんので、しっかり知識を仕入れねば。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年3月 3日 (金)

裏絵 能面と春画土人形

相変わらずの小物のご紹介です。

陶器製 裏絵つき能面。大きさは縦15.6×横9.5×厚5.3cm程。実物の半分の大きさ、前に紹介したお面の倍ほどのものです。

M1
桐箱つきで、裏返すと・・・

M2
若い僧侶と未亡人の戯れ(勝手に想像)のレリーフが。

M3
局部アップ!

M4

実は、子供のころから「能面」って嫌いで、実家の応接間にも飾ってあったのを、怖くて見れなかった記憶があります。手塚治虫氏の漫画(ザ・クレーターの一話)のせいですかね。
ですからこれも桐箱に収納。

さてこちらは、昭和の温泉地の射的の景品のような、ちょっとエッチな土人形が2点。

M5
お姫様座りポーズですが、ま、作りも塗りもそれなりです。大きさは高さ 約6㎝ 横幅 約6㎝ 奥行 約5㎝。裏返すと・・・

M6_2
こちらは芸者と若旦那の逢瀬でしょうか。大きさは、高さ 約4.5㎝ 横幅 約7.5㎝ 奥行 約2.5㎝。

M7
作りが新しいと思われるぶん綺麗ですが、雑と言うかなおざりな作りです。
でも近年までこういう物が売られていたと思うと、ずいぶんおおらかな時代でしたね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »