フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月13日 (木)

愛しのマリリン

と言うほどマリリン・モンローのファンではありませんが、発売当時から気になっていたブリッツウェイのマリリン・モンローのスタチューを入手しましたので紹介します。

Ma1
スケールは1/4で高さ約45cm。

Ma7
マスプロ製品としては、ま~ま~よく出来ていると思います。

Ma2
でも市場価格が3~7万円と考えると、塗りがいまひとつですねかね。特に肝心の瞳の塗りは出来が悪いように思いました。

Ma8
さてそれ以上にがっかりさせられたのはここ。

Ma4
バストを拝もうとドレスをずらすと・・・なんじゃこの継ぎ目は!?

Ma5
最近の日本製の美少女フィギュアの出来る限りプロポーションやディテールを損なわないよう巧妙なパーティングラインや分割を見慣れた身としては、いくらドレスに隠れているとは言え、この分割ラインは許せる範囲を超えているでしょう。

Ma6
私としてはドレスを脱がせば、それこそセックスシンボル マリリン・モンローの悩殺超絶ボディが、あんな所やこんな所までくまなく再現されているフィギュアと勝手に思い込んでいましたので、ガッカリの3乗でした。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2017年7月 4日 (火)

骨董市の戦利品

最近の楽しみは新地通いと骨董市通いしかないと、知人が言うてました。
私も似たようなもんで、先日も恒例の「京都大アンティークフェア」を覗いてきました。

A1
ま、いつも何も買う気は無く、何か面白いものを見るつもりで、財布には小銭しか入れて行かないんですが、今回たまたま万札が数枚まぎれこんでました。

A2
まともな骨董には目もくれず(と言うか知識ゼロ)、いつものように興味のあるものだけ見て回ります。ま、値段を聞いても手の届く値段じゃないので。

A3
何軒か春画や裏絵人形を置いているディーラーがありました。

A4
そんな中で一軒、きれいな裏絵博多人形が置いてある店があり、値段を聞くと手が届かないでもない値段なので、ちょっと高かったですが買っちゃいました。(ま、高級ソープに行くと思えば安いもんやで。と知人)

B1
ぱっと見、博多人形の伝統的な意匠で、作りも綺麗だと思います。

B2
いいですね、このうなじ。色っぽい!

B3
お顔も美しい!
B4
このままで十分鑑賞に堪えうる作品だと思いますが・・・

B5
・・・・裏返すと

B6
とても艶っぽい造型!お見事!

B7
物理的にはあり得ない格好で、かわいい三毛猫が秘所をペロペロ。
B8
一緒に買った小さい春画人形の老彫り師。

C1
ときどきネットオークションでも出ますが、割と高額になったりします。
C2
小さいので、作り自体はおなざりです。
C3
すでに持ってる大きなものと。やっぱりこちらは出来がいい!

C5
実は今回のアンティークフェアでこの意匠の九谷焼人形を見ました。

A5
まったく同じデザインで、ちょっと期待して裏返すと・・・

A6
むむむ・・・何も無い・・・

A7_2
んんん・・・骨董って面白いですね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »