フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月15日 (火)

何家英の工芸画

確か4~5年前から、ネットオークションで気になる絵が出品されてました。

9ithfycwymx3870985
構図は裸婦が百合を持ってたり、カニを食べてる、けったいな絵。

掛け軸に日本画のような、それにしては写実的で魅惑的な裸婦画でしたが、そのころは絵には興味がなく(と、言うか、立体物は現物を入手しないと手に取ることができませんが、絵はコピーでも良いと思っていたので)、入札はするものの落札までは至りませんでした。

その後、その絵を見なくなったと思ったら、最近また見るようになり、それも前よりも高額で出品、落札されていました。

作者は中国の画家 何家英。

Dw6vagmucaaemh8
ただ、最近出品されているものは、どうも胡散臭いもの(肉筆画と紹介されているが、明らかな贋作?)が多く、この際、印刷でも良いので、工芸画を2つ入手しました。
(ま、これも縮小印刷に簡易な表装を施したもので、海賊版の可能性もありますが)

Dw6woku8aauvju
最近の女性が描く日本画の美人画も綺麗なものが多くなりましたが、この裸婦画も上品で綺麗です。

Dw6wonu0aemc1q
大きさは原画の1/2ぐらいでしょうか。

Dw6wopvsaej1qv
なんといっても顔がいい!(笑)

Iimg600x5671546097538gqyyj1103217
美人!惚れてまうやろ!

Iimg600x6831546696127elkv4m162373
前からリサイクルショップで買っておいた額に入れてみました。

Dw6vaguvaaa2zxm_1
ちょっとサイズが合ってませんが、工芸品なので気軽に飾れます。

Dxf5h7evyaazgil

仕事場に飾ってみました。(1月17日追記)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年1月13日 (日)

「週刊大衆」で紹介されたぞ!

このブログを始めて5年ほど経ちますが、こつこつ作ってきた自作の四十八手人形が、あの「週刊大衆」(1月28日号)の吉村智樹氏連載「関西発! この人どエライことになってます!」紹介されました。

T1
モノクロ1ページですが、吉村氏の愛情あふれる文章で紹介いただきました。

T2
本業の模型の分野ではいろんな媒体で紹介や取材されたことがありますが、こっちの分野の模型を取り上げてもらったのは初めてだったので、2019年、春から縁起がいいです!

Dwxj2xuvaaucao8
これを皮切りにドバっと広がるか、それとも今年の西宮えびすの福男のようになってしまうのか?

現在発売中です。書店、コンビニで見かけたら、ちょっと手に取って見てやってください。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年1月11日 (金)

初々しい舞妓の博多人形

今回はエロい人形ではありません。

名人 原田嘉平の博多人形をネットオークションで入手。

H2
旧家の保管品で、作品名「口紅」

H3
御座敷前に紅をさす若い舞妓でしょうか。

H4
なんとも初々しい表情で艶っぽいですね。

H5
御所車柄のだらり帯がきれいです。

H7
人形の大きさは約縦23横18高さ21.5㎝

H6_2
いつごろの作品か分かりませんが、保管が良かったのか状態はとてもきれいです。

H8
台座の裏を見ると、第二号 出品とありますから、何かの展示会の出品作品かもしれませんね。

H1
もともと秘宝館で見た、春画風根付から始まり、裏絵博多人形と集めだしたわけですが、この艶っぽい人形を入手してから、古い博多人形も気になりだしました。

I3_2
まあでも、あんまり目移りすると懐もさみしくなる一方なので、そろそろ控えないといけませんね(笑)

H9

1月13日追記:ツイッターで岡本神草の「口紅」とポーズがそっくりと情報をいただきました。

Kuchibeni
Dscn4075
たしかに似ていますね。と、言うよりも、おそらくこの絵をモデルに制作されたんでしょう。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »