フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

« 2021年9月 | トップページ

2021年10月29日 (金)

一期一会の春画人形

今日は恒例の京都アンティークフェアが京都パルスプラザで開催されたので初日に行ってきました。

Dsc_3334

毎度書くように東寺や北野天満宮のようなガラクタ市と違い、ここは値付けがしっかりしていて、高いものはしっかり高く、掘り出し物がめったにないので、ウィンドウショッピングのようにいつも見て回り目の保養をするだけです。

Dsc_3344

さて、ここ数回コロナの影響で開催されなかったり、開催されてもお客さんが少なかったですが、今日は緊急事態宣言解除後でワクチンもしっかり2回接種しているような年配客が大勢来ていました。(私もその一人 笑)

Dsc_3340

今日もぶらぶら見て歩いてましたが、以前以上に春画人形や色っぽいものが少なく…と言うかほぼ壊滅状態で、「今日も何も無かったな~」と帰りかけた最後の方で運命の出会いが!

見たことない大きな春画人形。男女別々で着物は布で作られています。

Dsc_3345

何よりもその細工の精緻なこと!

これまで見てきた秘宝館やネットでもこのようなものを見た事は一度しかありません。(それは後でまた書きます)
見た瞬間一目惚れしてしまい、値段を聞くと〇〇万円!もちろん手持ちでは足らんし、でも欲しいし、とりあえず購入すると伝え、近くのコンビニの銀行ATMでお金を下してきました。なんかテレビの「お宝鑑定団」によくそんなことして骨董品を騙されて買うオッサンを見てバカにしてましたが、まさか自分がするとは・・・(笑)
まあ、ぶっちゃけ一ヶ月の収入分ぐらいで、いままで買ったなかで一番高価なものですが、今回を逃すと二度とお目にかかれないものだと思い一大決心しました。

寄り道せずさっさと仕事場に帰ってじっくり鑑賞。

Dsc_3365

会場で見たときは、博多人形のようなものと思っていましたが、ずっと軽くて中空のようで、表面は粘土のようですが、叩くと軽く木のような感触です。

Dsc_3349-2

Dscn9963-2

あまり知識がないので間違っているかもしれませんが、雛人形と同様の桐塑人形かもしれません。
目は玉眼ではありませんが、塗りも丁寧です。

Dsc_3375

着物も脱がせることができそうですが、こわくて出来ません!
カワイイ乳首!

Dsc_3381

布団の大きさが50㎝ぐらいですので、スケールすれば1/4ぐらいでしょうか。

Dscn9975-2

小物も良い出来。

Dscn9938

男女ともに表情も良く、手の先まで表情豊かです。

Dsc_3376

指先の爪には白い半月の塗られています。

Dsc_3379

局部もしっかり造形されていて、ひじょうにリアルです。

Dsc_3378-2

この角度いいですね!とても表情豊か!

Dscn9958

男性の珍棒も手抜き無し!亀頭と竿の色の違いや質感や血管も秀逸。

Dsc_3380

接合部分

Dsc_3364-2

先っちょだけいい?

Dscn9989-2

作られた時期は分かりませんが、着物の傷み具合からは50年以上は経っているでしょう。

Dscn9955-2

男性のお尻に作者印?がありました。「弘」?ですかね?ご存知の方がおられましたら是非ご一報くださいませ。

Dsc_3382

一部壊れもありますが、こんなに綺麗に残っているのはよほど大切に扱われていたのではないでしょうか?

さて、じつは形は違いますが、これによく似た春画人形を前に一度見たことがあります。→そのときのブログ 
それがこの人形ですが、男性の顔や局部の造形などよく似ています。

Image-2

Image-1

Image_20211029213001

この人形は出品時、明治時代のものと説明されていましたので、もしかしたら今回買った人形も・・・?
この時のネットオークションは次点で落札できませんでしたが、今回のものよりも高い値段で入札していました。
そのときは本当に悔しかったんですが、今回この人形と出会えたのは何かの縁かもしれません。
この人形が北海道や東京の骨董市に出ていたら出会えてないし、今日初日に行ってなかったらまた誰かに買われていたかもしれませんし。

Dsc_3371-2

まさに一期一会。

2021年10月30日追記:人形の研究されている方より、お尻の刻印から「忘れられた昭和の名工のひとり、宇佐見弘業(うさみ・こうぎょう)の作品では」とお知らせいただきました。ありがとうございます。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年10月 6日 (水)

佐伯俊男の世界 第二弾

ありがたいことに本業がまあまあ忙しいんですがちょっとストレスも溜まってきましたので、発散にエロいものが作りたくなったので、仕事時間の合間に作り始めました。

_20211006_175303-2

前に佐伯俊男氏の人魚を作ったときに、同時に妊婦のイラストも候補に挙がっていて、今回は迷わずこれを作ることにしました。

Fa_rgpvvuakxxl4-2

妊婦という題材は前から作りたかったモチーフで、月岡芳年や伊藤晴雨の描く、逆さ吊りに妊婦なども作りたい候補に入っています。

さて、佐伯氏のこのイラスト。妊婦なのか?、はたまた空気を入れられて膨らんだお腹なのか?マジメに考え出すと疑問だらけになりますが、佐伯氏の他のイラストもまともな思考では理解できないものばかりなので、怪奇で耽美な不思議な世界と理解して作ります。
また、前回で思い知りましたが、氏のイラストを立体化できるほどの技術も才能もありませんので、氏の世界観をお借りしたナンチャッテ作品とご理解ください。

作り方はいつもと同じで、スケールは1/12。針金を芯にして石粉粘土でちゃちゃと作ります。

211006215932

日本髪はそんな本を持ってたので参考。

211006220019

さて、彩色でやってみたかったのは妊婦の腹の静脈。まずピンクの下地に青色で静脈を描き込み、その上から肌色を塗っていきました。

211006220119

画像では分かりにくいですが、うっすらと血管が透けてる見えて、まあまあ成功?でしょう。


小道具の空気入れもテキトーに作って、出来上がり。

Dscn9823-2

Dscn9874-2

いつもの和風ドールハウスで撮影します。

_20211006_174831-2

途中禿げオヤジの首の角度を変えたり、禿げオヤジそのものが小さすぎたとかいろいろ失敗もありましたが、一応形にになったので良しとしましょう。

Dscn9835-2

今回、女性の襦袢も男性の浴衣も想像で作りましたが、シワなど全然分からないので、実際にモデルにこのポーズをしてもらうと良いかもしれませんね。

_20211006_175222-2

和風旅館で一泊して、浴衣の着崩れなど撮影OKの女性はいませんか?
もちろん旅費、モデル代すべて出しますよ!(いね~よ)

Dscn9837-2

参考日記:佐伯俊男の世界 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年10月 1日 (金)

博多人形 高尾八十二「花合せ」

今回もエロくないです。

_20210930_153132

ずっと欲しかった博多人形、高尾八十二 作の「花合せ」をとうとう入手できました。

_20210930_153258

数年前にネットオークションで見て、その時はまだ春画人形にしか興味がなかったころで、何となく良いな!と思いながらある程度の金額で入札したんですが、上回る金額で落札されました。

_20210930_153407

そのときの出品画像を保存したのですが、春画人形以外の博多人形にも興味が出てくると、この人形の良さに気づいて
きて、欲しい気持ちがどんどん膨らんできました。まさにその美しさに一目惚れだったんだなと。

_20210930_153219

さて、落札を逃してから探していましたが、今回、ネットオークションでに出品されているのを見つけて無事落札できました。

_20210930_223133

数年前に見た作品よりは、着物の塗りなどはかなり劣りますが、汚れも少なく許容範囲です。

_20210930_223208

それにしても本当に美しい顔立ちですね!(^o^)

Iimg1200x12001632040720pm3cwc314478


(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)


« 2021年9月 | トップページ