フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2022年12月 6日 (火)

やらずに後悔するよりも リベンジ編

いつものスケベな知人の話です。
この夏に一算段して撃沈した彼ですが(この日記)、先日再びチャンスが巡ってきたそうです。
今回は前のように北陸ではなく、大阪のS新地に近い泉南方面の仕事が入ったそうです。
この機会を逃すまいと、なんとか奥方に宿泊の許可を得て計画。
仕事は昼過ぎからで終わる時間が読めなかったそうですが、仕事場所から新地までの距離はほんの1時間ほどです。
ちょうどコロナ対策の旅行支援事業の大阪いらっしゃいませキャンペーン中で、泊まった温泉宿の宿泊料の40%引きで、3000円のクーポンが付くので、宿賃は実質タダみたいなもんやと喜んでました。
さて、仕事も順調に夕方には終わり、一路宿に向かい5時にチェックイン。前回と違ってまだ明るいです。
今回は時間がたっぷりありますので、あせる必要はありません。
前回の反省も込めてまず一発に向かいます。
宿と新地とは徒歩5分という便利さ。

Dsc_0607
画像はイメージです


本日の一発目は推定35歳のいとうあさこ似の熟女だったそうです(笑)
その後、素泊まりなので、近くのスーパーで弁当と酒を買って部屋に帰って食事。
寒い日だったそうですがここには大浴場があるのでゆっくり温まったそうです。
酒を飲みながらテレビを見ていたら、そろそろ10時。
さてもう一発行くか!といことで、2発目に出発。
新地が近いっていいですね!
今度はベッピンさんだったそうですが、酒のせいかなかなか発射できず、手とおクチでなんとか発射!
さすがにこの日は打ち止めで就寝。
そして次の日、チェックアウト後に朝一の突撃。
3発目ということで心配だったそうですが、馴染みの娘で無事発射!

Sugomori2
画像は人形です


と言うわけで、今回は3戦3勝。見事リベンジを果たせたと満足そうでした。
まあお互いええ歳であんまり無茶もできないので、こんなことはこれが最後かなとも申していました。
同い年の渡辺徹さんもお亡くなりになったしね・・・

それにしても彼のタイムライン、笑かすなw

2_20221207203301
画像はホンモノです


(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年10月31日 (月)

「庭掃除をしている隣の若奥さん」人形を作るぞ

胸チラ お嫌いですか?
お好きです!

_20221031_182135-2

こんなブログを書いてる時点で十分ヘンタイなんですが、書店やスーパーで下の方の本や物を取ろうとかがむ女性の胸元が、首元の衣服の隙間からチラっと見える瞬間、大好きです。むしろ、大股開いてるよりも好きかも?

_20221031_182057-2

さて前からこの胸チラの人形を作りたいと思ってましたが、本業が割と忙しいんですが、合間をぬって作ってみました。

_20221031_182638-2

ズバリ!胸チラの決定版!「庭掃除をしている隣の若奥さん」

_20221031_182749-2
作り方はいつもと同じく、針金を芯に石粉粘土で作っていきます。

221031214810

スケールも1/12。ちり取と箒はセリアで売ってるやつを少し改造して使用。

Img_0575-2

色もいつもと同じアクリル絵具。

Img_0744-2

胸が小さいのは、うまくチラリと見える胸の大きさをいろいろ試行錯誤の上の表現です。

Img_0750-2

下半身は、最初ミニスカートでノーパンとも考えましたが、無性にホットパンツ姿が作りたくなり、それで行きました。

Img_0752-2

問題は胸チラのための服ですが、一番簡単なタンクトップに決め、最初は粘土を薄く延ばして作ろうかと思いましたが、どうしても厚みが出るし、布のような透過性も欲しかったので、ティッシュを切って、「カミカタメール」という、紙を硬くする(そのまんま)溶剤を使おうかと思いましたが、これもイマイチ上手くいかず、結局、ダイソーで売ってた人形の服をそのまま流用。これがなかなか上手く行きました。

Img_0741-2

Img_0743-2

_20221031_114907-2

ハイ!出来ました(^o^)

_20221031_183151-2

なかなかイイ感じの胸チラ人形ができたと思います。

Img_0774-2

Img_0775-2

さて、ちり取りやホウキの小道具をもう少しリアルにするともっと良い感じになると思うので、時間ができたら、竹ぼうき、金物のちり取りを自作して持たせようかなと思います。またタンクトップも肩ひもあたりをもっと細くして脇部分をもっと広くすると、脇からの胸チラも可能かもしれませんので、また試してみます。

Img_0773-2

また、屋外で実際に庭掃除しているようなシーンも撮ってみたいですね。

2022年11月2日 追記 背景付けました! 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年10月18日 (火)

あわおどり

いつものスケベな知人のお話し。
仕事の関係で北陸方面に行くことがあり、帰りに久しぶりに近江の国O琴温泉の石鹸の国に行ったそうです。
以前、1.5万円、50分、マット有の熟女店に馴染みがいたそうですが、そのお姉さんが辞めたそうなので、今回は前に一度行った1.6万円の別の熟女店にフリーで入店。
とにかくマットの出来る人なら誰でもいいのでそう店員さんに伝え、しばし待ってお姉さんとご対面!
まあ覚悟はしていたそうですが、紹介写真(顔は隠している)には42歳と書かれてましたが、おそらく知人(=わたし)と同い年ぐらいだったようです(笑)顔も、スーパーでレジ打ちしてそうなどこにでもいるおばさんっぽい。
しかし話は面白いし身体はなかなかきれいだったそうで、無駄に話ばかりしてなかなか事に及ばない嬢もいるなか、話をしながらもテキパキとスケベ椅子、潜望鏡、マットの用意などこなし、マットの泡踊りも十分満足いったとのことでした。
マットプレイ中はお姉さんの顔を見ることもほとんどないので、目をつむって感覚を味わっていたそうです。
ソープと言えばマットが醍醐味なので、それさえ満足できれば上出来でしょう。
嬢の労力など考えると、1,6万円なんて、すごくコストパフォーマンスが良いとも言えます。
まあ、大阪の飛T新地なんて、同じ1.6万円で、確かに若くてカワイイ娘相手ですが、実質20分程度で美人でも愛想の悪いこに当たったら満足度もかなり低いですよね。
それに同い年ぐらいだと話も合う。若い嬢だと話も続かないそうですが、今回は子供の話や旅行で行った城の話や県民割りのクーポンの使い途など、話が盛り上がったそうです。
まあお金のことばっかり言うは女遊びでは野暮ですが、かと言っても先立つものが無いとね~。って知人が言ってました。

Omatsuri_awaodori

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年9月11日 (日)

すわ!コロナか!?

いつもの遊び人の悪友(ワクチンも4回接種済み)の話です。
前にも書きましたが、最近はコロナ前のように出張の仕事も徐々に増え、夜遊びもちょこちょこ再開していた彼ですが、何事もなく過ごしていたところ、先日ちょっと微熱が出て続いたそうです。
まあ、思い当たることが多すぎるので、「ついに俺もコロナデビューか!」と覚悟して、発熱外来に行ってPCR検査を受けたところ陰性。
そうなると新たに下半身の心配が。こちらは局部にとくに症状が無かったので無視していたそうですが、コロナじゃあ無いとすると・・・ひょっとして・・・?
と、こちらも思い当たることが多すぎて心配になり、急ぎ泌尿器科で受診して尿検査と血液検査をしたそうです。
幸いこちらも異常なしだったようで一安心。
ま~ 年齢も年齢ですし、高温の夏日の体温調節が上手くできないとか、身体の老化や仕事のストレスもあったのかも?と言うてました。

しかし、「医者にもらった性病(ー)の結果を持って行ってソープで遊ぶぞ~!」って言ってたあんたはエライ!

Iimg1200x10671531718927rvlcjb515620

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年9月 5日 (月)

裸で跳び箱

もう50年以上前の思い出です。当時、小学生の高学年くらいだったと思います。確か公園の片隅に、朽ち果てたエロ本がありました。

Dscn2496-2

Dscn2513-2

ヌードグラビアもあったと思いますが、文字だけの部分も多く、それを読むと「裸で運動会」みたいな記述がありました。その中でも特に記憶に残っているのが「跳び箱」で、文字だけですが、裸の少女たちが跳び箱をする姿を、十代の何も知らない少年の妄想をかき立てるには十分でした。それ以来、お付き合いした女性に「裸で跳び箱飛んでよ」と、ついに言えないまま還暦を迎えてしまいました。実際、跳び箱があるラブホテルも探したことがあり、本当にあることも確認しました (笑)

_20220902_205200

もうこうなったら、作りましょう!ということで、本業の仕事の合間に作りました。

_20220902_205248

今回のきっかけになったのは、100円ショップセリアで発売された、跳び箱があります。
(以前スクールデスクを販売したときに作ったもの)

Fzxfxsjauaa7p79

セリアが何のために跳び箱を販売したのかよく分かりませんが、私は素直に嬉しいです。
セリアのこのシリーズ。表記は1/12スケールですが、モノによっては、他競合プラモメーカーに比べ、スケール違い感もあります。ま、ざっと1/12~1/20ぐらいのイメージでしょうか。
作り方はいつもといっしょ。針金と粘土でちゃちゃと作ります。

220905220535-2

220905221041-2

220905221253-2

一体作るのも二体作るのも一緒なので、一体は太っちょに。

_20220903_172107

Dscn2459

まあ、両方ともなんとか形にはしましたが、なんかイマイチやな~…。

_20220902_211601

「男なら一度は見たい。この角度」

_20220903_172922

また機会があったら作り直すかも?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年8月21日 (日)

旅立つ春画人形コレクション

このブログを始めて8年ほどになりますが、こつこつと集めてきた趣味のセクシーフィギュアや春画人形の一部を、東京のあるところにお貸しすることになりました。

まだオープン前で詳しいことは書けませんが、コンテンツの一部として展示?していただく予定です。

まず7月12日に20点ほど送付。

1_20220821214601

2_20220821214601

その後、増量の希望があり、8月19日に追加分30点ほどを送り出しました。

3_20220821214601

4_20220821214601

大切なコレクションを、遠方にやるのは一抹の不安とさみしさがありますが、期待もあります。

より詳しい情報をオープンできるようになったらまたお知らせしますので、こうご期待!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年8月 2日 (火)

やらずに後悔するよりも

いつもの知人の話です。
知人は私と同じ関西在住で、同い歳で、仕事も同じく自営業で、スケベです。
以前、コロナで出張も減って出張先の風俗にも行けなくなった!と嘆いた彼ですが、去年暮れから今年にかけてはちょっと元に戻ってきたみたいで、出先の風俗を楽しむことが増えてきたそうです。
とは言うものの、またコロナ感染が拡大しているので、濃厚接触時にはマスクは外さないという、用心しているのかしてないのか分からないヤツです。
さて、今回北陸方面で出張があり、奥方に仕事後の泊りの許しを得て、一算段。
ふだんよくお世話になってる大阪のS新地近くに戻って、近くのホテルに宿泊して何回トライできるか挑戦してみたいという、かねてから夢?をやってみようと思ったそうです。
彼の計算では、北陸での仕事が終わって、高速を飛ばして午後6時ぐらいにホテルにチェックインして、まず一発。その後食事後に一発、寝る前に一発。そして翌日、チェックアウト後に一発。目標は計4発を目標。(もちろんドーピングあり)
さて、先日いよいよ決行したところ高速道路が大渋滞で予定の時間を大幅にオーバーして、ホテルに9時半にチェックイン。大浴場が10時までということなので、仕事の汗を流したくてまず風呂に入って10時。そのあと気持ちを大きくするため酒を何杯か飲んで、いざ!鎌倉へ!
お相手はサービスの良い熟女だったそうですが、酒と長時間の運転の疲れのせいか、なかなか発射できず時間切れ。結局その日はそのまま就寝・・・。
あくる日、20代の嬢に一発決めたものの、結果2戦一勝一敗。目標通りにはいかなかったそうです。

彼曰く:戦の前は酒は飲むな。予定はもっと余裕を持って。これが分かっただけでも良し!次回は雄琴温泉で再挑戦だ!

だそうです。ま、年齢的にもいまが最後の挑戦できる時期なので、がんばってくだい!

クリックしてね ↓

Newimage1

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年7月24日 (日)

仕事先で偶然見つけた博多人形

先日仕事で岡山 倉敷市に行きました。
さて、仕事の合間に美観地区を散策。家族旅行や職場の慰安旅行で2度ほど訪れてますが、当時はもちろん骨董などには興味が無かったの、今回はそれっぽいお店を見て回りまりましたが、見つからず。

Dsc_5558

その後、今回一緒に仕事をしている散策中の方に偶然会って、「あんたの好きそうなお店があっちにあったよ」と教えられ、行ってみました。
美観地区から外れたところにあり、外観も教えられなければ、素通りしそうなお店でしたが、入ってみると・・・

あ!見たことないヌードの博多人形が!

_20220723_174050-2

_20220723_174218-2

お値段がちょっと高かったのですが、一期一会、思い切って買っちゃいました。

_20220723_174008-2

おそらく現代作家のものと思いますが、肉感的な表現、切なげな表情がとても素敵ですね。

_20220723_174305-2

実は教えられる前は違う店を探して迷っていたときで、そこは木工クラフトの犬や猫の作品があって、もう買う気満々だったのですが、この博多人形を買ってしまって、財布が空っぽになったので、そちらは諦めました・・・一期一別・・・

7月26日追記 先の写真が少し殺風景だったので、家にあった柔らかい布(風呂敷)を敷いてもう一度撮ってみました。

Fyf5qekagail5li-2

Fyf5qwpaiaexjic3

Fyf5rc7amaevxed3

Fyf5rwdaiaaixq3

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年6月10日 (金)

謎の人形の正体判明!

3~4年前にネットオークションで入手したしたこの人形。

Dsc_5299-2

Dsc_5300-2

画像で見たときは博多人形か何かとおもいましたが、届いてみると高さ25㎝ほどでずっしりと重く、紙粘土のむくの人形のようでした。

Dsc_5301-2

Dsc_5302-2

作りも、博多人形師が作ったような洗練さはなく、顔の造形など上手い素人が作ったような印象の出来で細部も表面仕上げも粗いのですが、とは言うものの全体としては良い雰囲気のある謎の人形でした。

Dsc_5303-2

さて、そんなこともすっかり忘れていた先日、ネットオークションに気になる出品があり、見てみると・・・
あれ?これどっかで見たぞ!あ!あれや!

3_20220609213601

出品者の説明によると、1950年代に書籍の挿画などを手掛けていた西津青滋(本名 省次)氏(1915~1988)作ということです。

1_20220609213601

2_20220609213601

この説明の真偽は分かりませんが、出品されている作品と私の所有している人形は同じ作家の手によるものは確かです。

Iimg832x60016542452053jxt7w226649

目の作り方、口の形、髪の塗り方など非常に特徴があります。

Iimg862x6001654246326e5ocaa227983

ということで、私も様子の良いものを何点か入札してみましたが、見事全部撃沈!みなさんお好きですね(笑)

Iimg865x6001654245329lmbsvu234343

なんて言うか、人形職人ではない作家が、自分の好きな色っぽい女性の像を作った人形という意味では、私と同じですごく親近感の湧く作品ですね。
(有名な作家さんでしたら、失礼しました!)

ちなみに落札価格はこんな感じでした。(6月11日追記)

_20220611_094246

_20220611_094328

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年5月17日 (火)

妄想の昭和遊郭大改造!

3年前に作った妄想の昭和遊郭。とは言うものの、リサイクルショップで購入した、デアゴスティーニの温泉旅館ドールハウスをそれ風に見立てただけでのナンチャッテ遊郭(大阪で有名な)でしたが、今回あるきっかけで、より新地遊郭っぽくしてみようを思いました。

Image_20220517224401

飛田新地の写真集(百年の色街-飛田新地)が出版されているので、それをもとに門構えというか、玄関先をよりそれらしくするため、暖簾と提灯を加えることにしました。

51t2yih8y9l_sx350_bo1204203200_

しかし、私にはそんな器用なものを作る腕が無いので、ここはT氏に助っ人に頼むことにしました。

Dscn1807-2

T氏はいろんなマテリアルを使ってミニチュアを作る名人です。これまでもふんどし海女のサザエや天狗の面など作っていただいてます。
なので、今回もオチャノコサイサイと思ってましたが、けっこう苦戦されたようで、本当に申し訳ありませんでした!いつも無理ばかり言ってすみません!(T氏の奮闘ぶりはこちらをどうぞ

Dscn1808-2

T氏のおかげで、リアルな提灯が出来ました!屋号は「荒一」(ま~由来は分かる人には分かる?)

Dscn1810-2

T氏に「明かりもつくとリアルですよね~」とか言ってしまって、その仕組みもいろいろしてくださいました。(ありがとうございます)

Dsc_5162-2

さて、今日、本業が少し時間が空いたので、作ってもらった暖簾、提灯を玄関に付けて、電飾を試みました。

Dsc_5173-2

お!いいじゃん!華やかじゃん!飛田新地じゃん!

Dsc_5170-2

こらまた行かないと!ね~Tさん!

Dsc_5181-2

関連記事:妄想の昭和遊郭を作るぞ! 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

 

より以前の記事一覧