フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2022年6月10日 (金)

謎の人形の正体判明!

3~4年前にネットオークションで入手したしたこの人形。

Dsc_5299-2

Dsc_5300-2

画像で見たときは博多人形か何かとおもいましたが、届いてみると高さ25㎝ほどでずっしりと重く、紙粘土のむくの人形のようでした。

Dsc_5301-2

Dsc_5302-2

作りも、博多人形師が作ったような洗練さはなく、顔の造形など上手い素人が作ったような印象の出来で細部も表面仕上げも粗いのですが、とは言うものの全体としては良い雰囲気のある謎の人形でした。

Dsc_5303-2

さて、そんなこともすっかり忘れていた先日、ネットオークションに気になる出品があり、見てみると・・・
あれ?これどっかで見たぞ!あ!あれや!

3_20220609213601

出品者の説明によると、1950年代に書籍の挿画などを手掛けていた西津青滋(本名 省次)氏(1915~1988)作ということです。

1_20220609213601

2_20220609213601

この説明の真偽は分かりませんが、出品されている作品と私の所有している人形は同じ作家の手によるものは確かです。

Iimg832x60016542452053jxt7w226649

目の作り方、口の形、髪の塗り方など非常に特徴があります。

Iimg862x6001654246326e5ocaa227983

ということで、私も様子の良いものを何点か入札してみましたが、見事全部撃沈!みなさんお好きですね(笑)

Iimg865x6001654245329lmbsvu234343

なんて言うか、人形職人ではない作家が、自分の好きな色っぽい女性の像を作った人形という意味では、私と同じですごく親近感の湧く作品ですね。
(有名な作家さんでしたら、失礼しました!)

ちなみに落札価格はこんな感じでした。(6月11日追記)

_20220611_094246

_20220611_094328

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年5月17日 (火)

妄想の昭和遊郭大改造!

3年前に作った妄想の昭和遊郭。とは言うものの、リサイクルショップで購入した、デアゴスティーニの温泉旅館ドールハウスをそれ風に見立てただけでのナンチャッテ遊郭(大阪で有名な)でしたが、今回あるきっかけで、より新地遊郭っぽくしてみようを思いました。

Image_20220517224401

飛田新地の写真集(百年の色街-飛田新地)が出版されているので、それをもとに門構えというか、玄関先をよりそれらしくするため、暖簾と提灯を加えることにしました。

51t2yih8y9l_sx350_bo1204203200_

しかし、私にはそんな器用なものを作る腕が無いので、ここはT氏に助っ人に頼むことにしました。

Dscn1807-2

T氏はいろんなマテリアルを使ってミニチュアを作る名人です。これまでもふんどし海女のサザエや天狗の面など作っていただいてます。
なので、今回もオチャノコサイサイと思ってましたが、けっこう苦戦されたようで、本当に申し訳ありませんでした!いつも無理ばかり言ってすみません!(T氏の奮闘ぶりはこちらをどうぞ

Dscn1808-2

T氏のおかげで、リアルな提灯が出来ました!屋号は「荒一」(ま~由来は分かる人には分かる?)

Dscn1810-2

T氏に「明かりもつくとリアルですよね~」とか言ってしまって、その仕組みもいろいろしてくださいました。(ありがとうございます)

Dsc_5162-2

さて、今日、本業が少し時間が空いたので、作ってもらった暖簾、提灯を玄関に付けて、電飾を試みました。

Dsc_5173-2

お!いいじゃん!華やかじゃん!飛田新地じゃん!

Dsc_5170-2

こらまた行かないと!ね~Tさん!

Dsc_5181-2

関連記事:妄想の昭和遊郭を作るぞ! 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

 

2022年3月14日 (月)

岩槻人形博物館とスモールワールズに行く

今回もエロい話はありません(笑)

本業の納品で関東に出張。
3年ぶりの関東なので、仕事が終わったあと前から行きたかった「さいたま岩槻人形博物館」に行ってきました。

Dscn1129

岩槻市は大阪の松屋町みたいなところで、博物館に行くまでの街道沿いに人形店が点在していました。

Dscn1059

博物館は2020年に開館した新しい施設で、雛人形などがどのように作られるかの展示、コレクション展示、そして催事、今回は雛人形関係の企画展が催されていました。

Dscn1096

平田郷陽などの人形もありましたが、想像していたよりも規模が小さく、博多人形や日本の郷土人形の展示があると期待していましたがちょっと期待外れでした。

Dscn1114
さてその後東京浅草に泊まり、翌日有明にできた「スモールワールズTOKYO」にも行きましたが、こちらもちょっと期待外れでした。

Dscn1145

ま、これは施設がと言うよりも私個人の問題で、老眼の身としては、あんなに小さい縮尺のものが、あんなに大きなジオラマで見せられても、とても細部まで見ようという気が起こらない(笑)せいぜい30㎝四方のジオラマならじっくり見ようという気になりますが。

Dscn1171

東武ワールドスクエアは、自然光の下で見たのでまだ精巧なミニチュアを見ている満足感がありましたが、スモールワールズのように屋内展示で日中や夜間を表現できるのが、私には逆効果でした。

Dscn1185

何事も楽しむには体力がいるということですね。

Dscn1152

さて、今回エッチな出来事がひとつ。浅草のホテルにチェックインして部屋に行くと、前の部屋から真っ最中の若い女性のあえぎ声が聞こえて、しばらくドアの前で聞いてしまいましたw

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2022年2月16日 (水)

濹東綺譚を見た

いつもの同い年の知人の話です。

ヒマだったのでアマプラで映画「濹東綺譚」を見たそうです。
1992年の映画で、ちょうど30年前。
当時、雪役の墨田ユキのヌード写真集が出たりして知ってはいましたが、この墨田ユキの顔がタイプでないし、ボクトウキタンという名前からして、なにか怪奇物語に墨田ユキのヌードの出てくるエログロ映画だと勝手に思い込んでいたそうです。
もちろん永井荷風のことも知らなかったわけですが、最近永井荷風のことなどもちょっと聞きかじり、興味が湧いて見てみたそうです。

さて感想は・・・面白かったそうです。

802357_01

彼曰く「若い頃見たら、オッサンと若い娼婦のなんやどうでもいい話で全然面白く思わんかったかもしれんけど、自分が主人公と同じくらいの年齢になって新地や風俗遊びとかしてるからか、いろいろ気持ちが持っていかれたな。もし自分が結婚してなかったとしても、30歳も若い女と一緒になるかは考えてしまうな。自分が先に死んでしまうからな・・・」

と訳わからんこと言うてました。
劇中で雪が荷風に「どうないしてたん。顔見せないから心配してた。って台詞が、コロナでまる一年行かんかった新地のなじみに会ったとき、同じこと言うてくれた。」って嬉しそうに言うてましたが、そんなん営業トークでしょ。
最近はツイッターなどという便利なのかどうか分からんSNSのおかげで、例えば飛田新地の女の子の本音?のつぶやきも見ることができます。そこに書かれているのは、お客の悪口のオンパレード!聞くに堪えない罵詈雑言の嵐。
風俗嬢にとってはお客はお財布以外の何物でもないでしょう。

ま、当然知人もそんなこと百も承知で楽しんでいるわけですが。でもかすかに雪のように、本当に心配してくれたんかな?って思ってしまう気持ちも分からんでもない。と言うかそう思うから馴染みのところに行くのかもですね。
墨田ユキも今見ると、色が白くていい女に見えたそうです(笑)
映画では、哀れ荷風は誰にも看取られず孤独死したそうですが、そういう生き様もまたありですね。
オレはイヤやけど。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年12月22日 (水)

終い弘法に行ったついでに・・・ショック!

さて、コロナもちょっぴり落ち着いたような、オミクロン新株の市中感染が広まりつつあるような、なにやら安全なのかそうでないのかよく分からない状況ですが、今年は東寺の終い弘法も無事開催され、行ってきました。

Fhgz9lgakayvxg3

お店も人出も例年並みに増え、賑わっていましたが、欲しいものがなくて何も買いませんでした。

Fhgz6fcaqaelefi

Fhgz7kdaaamd9ij

で、せっかくここまで来たことだし、前に訪れたあの怪しいレトロショップを久しぶりに覗いてみようと行ったところ・・・無くなっていました!(閉店?)残念!!

Fhg5vfiaqainnrg-2

在りし日の店構え。

Fhg5yejauaewvht

あ~もっと早く再訪すれば良かった・・・

ネットでちょっと調べたところ2019年中ごろまではやっていたようです。

訪問時のブログ その1 その2 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年12月13日 (月)

セーラー服と扇風機

12月も半ばになり、年の瀬の忙しさと共に寒くなってきましたが、ちょっと季節外れの夏の人形を作ってみたくなりました。

Dscn0693-3

Dscn0704-2

ことの発端は扇風機のガチャです。

71kqra78xil_ac_sl1238_

ちょうど1/12スケールの扇風機のガチャを見つけて、これはもうこれで何か作りなさい!と造形の神の啓示でしょう(笑)
扇風機と言えば「あ”~~われわれはバルタン星人だ~」ですよね。

なので、今回は夏の暑い日、学校から帰ってきた女学生と、ひとり暮らしを始めた女の子の風呂上りの二つの人形を作ってみました。

作り方はいつもと同じく針金を芯に石粉粘土で作っていきます。

211213224151

まあポーズも服のシワはテキトーです。

Dscn0601-2

髪型も色々試してみます。

Dscn0572

女学生の方は彩色しやすいように、胴体で二分割しました。

Dscn0630

色もいつもと同じくアクリル絵の具の筆塗りで雑を極めていますが、いつかきれいにペーパーがけして、丁寧に塗ってみたいものです。

Dscn0640

出来ました。

Dscn0650

仕事場の片付けも並行して行っていたので、2週間以上かかってしまいました。

Dscn0651

それぞれ、和室と洋室のドールハウスを使って撮影。

「夏の昼下がり」

土曜日の半ドン。クラブ活動が終わって帰ってきて、汗びっしょりの制服を扇風機を当てると気持ちいい~!

Dscn0693-3

本当はもっとレトロな昭和な扇風機が欲しかったんですが・・・

Dscn0696-2

「ひとり暮らしの風呂上り」

ちょっと長湯しすぎて火照った身体に当てる扇風機の風は強!

Dscn0674-2

あ”~~

Dscn0676-2

全裸のほうはもちろんですが、

Dscn0707

女学生も裏返すと春画人形風にしてみました(笑)

Dscn0709

こんな感じで現代版の春画人形をシリーズ化するのも面白いかもですね(笑)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年12月 5日 (日)

人生とは?

「ほんま生き返るわ~!」

悪友の感想です。
新型コロナの影響で1年半自粛していた悪友がワクチン接種したことと、このところのコロナの沈静化で以前のように風俗に恐る恐る行きはじめて漏らした感想。

_20210526_111149

悪友曰く、「この一年半、仕事以外全然他人と話す機会も無かったのに、それがまた若いベッピンさんと裸の付き合いで話までできて、こんな天国があるか?もういい子ばっかりやねん!」

もちろん彼もそれがお相手の営業トーク、営業接待と百も承知で分かっているでしょうが、幸せならいいじゃないですか。
自分の稼いだお金を何に使うかは人によって千差万別です。
家族のためや趣味や道楽のため、他人のため、何でもいい。

あいつは女性とエッチがしたい!それが人生!(笑)
やっとまたそれが可能になったんですから、しかたないですよねw

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年10月29日 (金)

一期一会の春画人形

今日は恒例の京都アンティークフェアが京都パルスプラザで開催されたので初日に行ってきました。

Dsc_3334

毎度書くように東寺や北野天満宮のようなガラクタ市と違い、ここは値付けがしっかりしていて、高いものはしっかり高く、掘り出し物がめったにないので、ウィンドウショッピングのようにいつも見て回り目の保養をするだけです。

Dsc_3344

さて、ここ数回コロナの影響で開催されなかったり、開催されてもお客さんが少なかったですが、今日は緊急事態宣言解除後でワクチンもしっかり2回接種しているような年配客が大勢来ていました。(私もその一人 笑)

Dsc_3340

今日もぶらぶら見て歩いてましたが、以前以上に春画人形や色っぽいものが少なく…と言うかほぼ壊滅状態で、「今日も何も無かったな~」と帰りかけた最後の方で運命の出会いが!

見たことない大きな春画人形。男女別々で着物は布で作られています。

Dsc_3345

何よりもその細工の精緻なこと!

これまで見てきた秘宝館やネットでもこのようなものを見た事は一度しかありません。(それは後でまた書きます)
見た瞬間一目惚れしてしまい、値段を聞くと〇〇万円!もちろん手持ちでは足らんし、でも欲しいし、とりあえず購入すると伝え、近くのコンビニの銀行ATMでお金を下してきました。なんかテレビの「お宝鑑定団」によくそんなことして骨董品を騙されて買うオッサンを見てバカにしてましたが、まさか自分がするとは・・・(笑)
まあ、ぶっちゃけ一ヶ月の収入分ぐらいで、いままで買ったなかで一番高価なものですが、今回を逃すと二度とお目にかかれないものだと思い一大決心しました。

寄り道せずさっさと仕事場に帰ってじっくり鑑賞。

Dsc_3365

会場で見たときは、博多人形のようなものと思っていましたが、ずっと軽くて中空のようで、表面は粘土のようですが、叩くと軽く木のような感触です。

Dsc_3349-2

Dscn9963-2

あまり知識がないので間違っているかもしれませんが、雛人形と同様の桐塑人形かもしれません。
目は玉眼ではありませんが、塗りも丁寧です。

Dsc_3375

着物も脱がせることができそうですが、こわくて出来ません!
カワイイ乳首!

Dsc_3381

布団の大きさが50㎝ぐらいですので、スケールすれば1/4ぐらいでしょうか。

Dscn9975-2

小物も良い出来。

Dscn9938

男女ともに表情も良く、手の先まで表情豊かです。

Dsc_3376

指先の爪には白い半月の塗られています。

Dsc_3379

局部もしっかり造形されていて、ひじょうにリアルです。

Dsc_3378-2

この角度いいですね!とても表情豊か!

Dscn9958

男性の珍棒も手抜き無し!亀頭と竿の色の違いや質感や血管も秀逸。

Dsc_3380

接合部分

Dsc_3364-2

先っちょだけいい?

Dscn9989-2

作られた時期は分かりませんが、着物の傷み具合からは50年以上は経っているでしょう。

Dscn9955-2

男性のお尻に作者印?がありました。「弘」?ですかね?ご存知の方がおられましたら是非ご一報くださいませ。

Dsc_3382

一部壊れもありますが、こんなに綺麗に残っているのはよほど大切に扱われていたのではないでしょうか?

さて、じつは形は違いますが、これによく似た春画人形を前に一度見たことがあります。→そのときのブログ 
それがこの人形ですが、男性の顔や局部の造形などよく似ています。

Image-2

Image-1

Image_20211029213001

この人形は出品時、明治時代のものと説明されていましたので、もしかしたら今回買った人形も・・・?
この時のネットオークションは次点で落札できませんでしたが、今回のものよりも高い値段で入札していました。
そのときは本当に悔しかったんですが、今回この人形と出会えたのは何かの縁かもしれません。
この人形が北海道や東京の骨董市に出ていたら出会えてないし、今日初日に行ってなかったらまた誰かに買われていたかもしれませんし。

Dsc_3371-2

まさに一期一会。

2021年10月30日追記:人形の研究されている方より、お尻の刻印から「忘れられた昭和の名工のひとり、宇佐見弘業(うさみ・こうぎょう)の作品では」とお知らせいただきました。ありがとうございます。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年9月20日 (月)

The answer to that question is …

さて命知らずの知人、ついに2年ぶりに遊びに行ったそうです!
医療用マスクの性能に近いマスクを入手し、それを二重につけて、極力スキンシップは避けて(どうやって?)決行したそうです。
年に一度か二度しか行かないお気に入りの女の子を2年ぶりに指名したところ、ウソかマコトか分かりませんが、お相手のお嬢さんも憶えてくれたたそうで、とても嬉しかったのこと。
なんかこのコロナ禍での心や身体のモヤモヤ・悶々とした気分がス~としたそうです。
女の力は偉大ですな~

Jubanundershirt2100522

ま~まだまだコロナ禍は続いていますので、くれぐれもお身体に気をつけて。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2021年8月30日 (月)

To be or not to be; that is the question.

さて、無事コロナワクチンを2回接種した知人。
いさんで遊びに行くと思いきや、「いや~、なんかワクチン打ってても感染するみたいやし、いままで我慢してたのに今更危険を冒すのも何だかな~」
まさに、シェイクスピアのハムレットの「To be or not to be; that is the question.」
中国のことわざ「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と「君子危うきに近寄らず」の気分だそうです。
そんな大層な!と思いつつも、たしかに一時の快楽のためにコロナに感染して家族や仕事に多大な影響や迷惑を及ぼす可能性があることを考えると、確かにそうかも知れませんね。
そんなこと考えずに遊びに行ける、無敵のひとが羨ましい?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

より以前の記事一覧