フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2021年4月19日 (月)

佐伯俊男の世界

以前から時間ができたら佐伯俊男氏の絵の世界を作ってみようと思ってました。
氏の描く耽美と怪奇の絵は独特の世界は大好きで、画集も持っています。→ やっぱり佐伯俊男やね! 

さて、本業の仕事に時間が空いたので、ここぞとばかりに作り始めました。

_20210419_175420_1

前から作るならこれと思っていたのが、この人魚の絵。

01013099624-2

いつもと同じく1/12スケールで、針金を芯に石粉粘土でいつものように作ります。

210419214355

で、作り始めてすぐ分かりました。佐伯俊男の世界を再現するには、ワシの技量では無理だということ。
ここは開き直って自分の作れそうな人形をアレンジして作ることにしました。

Dscn8794

絵では男性は小枝を持ってますが、何をしようとしているのかよく分からないの、張形を持たせました。浴衣も前をはだけさせてイチモツを屹立。

Dscn8821

はだける部分は後から色を塗るのが難しいので、先に色を塗って、浴衣も粘土を薄くして作り、裏側も塗ってからつけていきました。

Dscn8876_20210420121301

人魚は今回、縄で縛られているので、まず身体を作ってから、縄が食い込む箇所を彫って表現。

Dscn8786

Dscn8787

色もいつもようにアクリル絵具。

Dscn8844_20210419222201

Dscn8847_20210419222201

ウロコの色もピンクに変えましたが、手を抜きすぎて失敗でした。

Dscn8849_20210419222201

仕事の合間に完成させたかったので急いで塗りましたが、また時間ができたら塗り直そう。

Dscn8851

佐伯色がずいぶん無くなってしまいましたが、これで完成ということで。

Dscn8855-3

さて、いつもの和風ドールハウスで撮影。

_20210419_175150

Dscn8866

佐伯俊男氏の絵の耽美と怪奇の世界って、すごくシンプルな線で構成されていて、わりと簡単に立体化できそうだが難しいように思います。そのまま立体化しても陳腐かも。
むしろ寺山修司の役者のような、リアルな人形に白塗りして、一見シンプルに見えるが実は肉感的な造形でないと再現できないかもしれないのかもしれませんね

追記:ウロコ塗り直しました 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

 

 

2020年11月21日 (土)

そうだったのか!椋陽児と東てる美

私は来年還暦なんですが、私ら世代で日本のポルノの女優と言えば、「泉じゅん」か「東てる美」だったと思うのです。(意義は認めます 笑)
私は断然 泉じゅん派で、東てる美は当時はあんまり好きなタイプの顔ではなかった記憶ですし、最近の「渡る世間は鬼ばかり」等のテレビでも、意地悪な小姑役などから別段好きでもなかったですが、最近ツイッターで、若いころの東てる美の緊縛姿の画像を見る機会があって、これを見るとすごく可愛い。

Emb0fjguyaae6xe

と言うか、どっかで見た気がする。

Emb0fjfvkaaa_0a

ああ、そうだ!椋陽児の描く緊縛された少女に似てるんだ!と思い、ツイートしたところ、先の画像を出していた方が、椋陽児の描いた絵の中には明らかに東てる美の緊縛写真を元にして描いたものがあることを教えてくれました。

Emi_vtwvcams2da

なるほど似てるはずですね。

Emi_vtwu8aifnxi

そう思って見てみると、東てる美のオッパイや乳首ってすごくきれいな形をしていますね。

おそらくその世界ではよく知られた話でも、私などは初めて知って、目から鱗が落ちる思いでした。

こちらは私が所有している椋陽児氏の原画です。

S6_2

参考日記:額装するぞ! 


(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)



2020年11月20日 (金)

思わぬところでお宝発見!

先日、福井で仕事があって、京都から湖西道路から敦賀抜けの道を走っていたら、見かけないガラクタ屋があって寄ってみました。
毎年通る道なので店主にいつできたのか聞いてみると、今年の春とのこと。なるほど今年コロナはでこの道を走るのは初めてなので、知らなかったはずです。

先を急いでいたので、パッパッと見て、たいして興味が引くものなかったのですが、ふと見ると笠間しろうの単行本が4冊!しかも「堕天使」と「堕天使 part2」が!しかも美品!

Emc2ux6voaacjfz

店主に「これいくら?」と聞くと、他のSM雑誌含め合計7冊で「1000円」と言うので、即購入!

Emc2vjovcael_cv

実はこの単行本、20代のころに持っていて、金欠で古本屋に二束三文で売ったことがあっり、その後アマゾンやネットオークションで再購入しようと思ったときは思わぬ高値がついて諦めていました。

おそらくこれが古本屋とかチェーンのリサイクルショップとかなら、ネットなどで流通値段を調べて、それなりの値段だったかもしれませんが、そこは田舎のガラクタ屋!ただのエロ本ひとまとめで買えた幸運!
ま、たまにはこんな良いこともあっていいですよね。

以来、笠間しろうの描く熟女の「尻えくぼ」のファンになってしまい、何点か原画も入手しました(笑)

Drdsgauuuaasuhw

Dm4cq2tu0aajozm

Dm4cq2tuyaab5sq

Dm4cq2uu8aahiyu


(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)



2020年1月17日 (金)

図鑑メーカー

今年の正月はじめぐらいにツイッターで図鑑メーカーなるもが登場し、ちょっと楽しくてついつい遊んでしまいました。
画像を使って、自分の欲しいオリジナル図鑑(の表紙)が手軽に作れるという代物でしたが、せっかくなんでブログに張っておきます。

「春画人形 図鑑」 もちろん一番欲しいのはこれ!是非執筆者のひとりに加えてください!

5

「世界の性神 図鑑」 古今東西の性の神様、歓喜仏、歓喜天などを網羅!絶対欲しい!

12

「江戸の刑罰 図鑑」 図説 日本の刑罰ってよくあるんですが、ここは喜多玲子の絵で!

23

「昭和の折檻 図鑑」 昭和のおしおきはもちろん椋陽児の挿絵で!

26

「小人図鑑」 大人の小人図鑑。ポケットの中の彼女?

7

「博多人形 図鑑」 これ、無いのが不思議なくらいなんですが?

15

番外「恐竜の交尾 図鑑」 あったら欲しいよね!

Photo_20200117215901

ツイッター上でも色んな図鑑があって、見てるだけでも楽しかったです(笑)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)



2019年1月15日 (火)

何家英の工芸画

確か4~5年前から、ネットオークションで気になる絵が出品されてました。

9ithfycwymx3870985
構図は裸婦が百合を持ってたり、カニを食べてる、けったいな絵。

掛け軸に日本画のような、それにしては写実的で魅惑的な裸婦画でしたが、そのころは絵には興味がなく(と、言うか、立体物は現物を入手しないと手に取ることができませんが、絵はコピーでも良いと思っていたので)、入札はするものの落札までは至りませんでした。

その後、その絵を見なくなったと思ったら、最近また見るようになり、それも前よりも高額で出品、落札されていました。

作者は中国の画家 何家英。

Dw6vagmucaaemh8
ただ、最近出品されているものは、どうも胡散臭いもの(肉筆画と紹介されているが、明らかな贋作?)が多く、この際、印刷でも良いので、工芸画を2つ入手しました。
(ま、これも縮小印刷に簡易な表装を施したもので、海賊版の可能性もありますが)

Dw6woku8aauvju
最近の女性が描く日本画の美人画も綺麗なものが多くなりましたが、この裸婦画も上品で綺麗です。

Dw6wonu0aemc1q
大きさは原画の1/2ぐらいでしょうか。

Dw6wopvsaej1qv
なんといっても顔がいい!(笑)

Iimg600x5671546097538gqyyj1103217
美人!惚れてまうやろ!

Iimg600x6831546696127elkv4m162373
前からリサイクルショップで買っておいた額に入れてみました。

Dw6vaguvaaa2zxm_1
ちょっとサイズが合ってませんが、工芸品なので気軽に飾れます。

Dxf5h7evyaazgil

仕事場に飾ってみました。(1月17日追記)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2018年4月 5日 (木)

額装するぞ!

二ヶ月のご無沙汰です。
しかも今回は人形でもフィギュアでもありません(笑)

前からネットオークションなどで入手した、肉筆画や春画を額装したいと思っていましたが、なかなか時間が取れなかったのですが、今回実行。

S10_2

額やフレームも新品を買うと結構お高いですが、リサイクルショップなどでは、未使用の新古品が割安で入手できるので、少しずつ買い集めていました。

こちらは昭和の緊縛絵師 椋陽児 画伯の肉筆画稿二枚を額装。

S6_2

雲助に手籠めにされる町娘ってシーンでしょうか。

S8_2


こちらは現代風で、変態親父にいたぶられる少女でしょうか。

S7_2

モノクロの鉛筆画やペン画の絵はよく見ますが、彩色で秘所の細部まで描かれています。

S11_2

この少女の表情は素晴らしいですね。お宝です!

こちらは前田寿安 画伯の緊縛挿絵。

S9_2

ラフなタッチで、使用時のパラフィン紙もついてましたが、そのまま額装しました。

こちらは絹本肉筆の春画6図の巻物。

S2_2

きれいなので、そんなに古いものではないでしょう。

S3_2

こういうものは表装するのが良いのかもしれませんが、そんなお金もありませんし、それほど値打ちがあるとも思えないので、ハサミで切ってバラバラにしました。

S1_2

一枚ずつ額装。

S4_2

ま、巻いたまま置いておくより、この方が陽の目を見ていいですよね。

S5_2

さて色々額装しましたが、飾るところが無い・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年7月 2日 (土)

橙色の着物

最近購入したパステル画と博多人形です。

O1
先に買ったのは博多人形のほうでしたが、ネットオークションでよく似たきれいな舞妓さんの絵があったので入手しました。

O2
荒木義太郎 作 「舞(祇園の舞妓)」 パステル画 10号(額装サイズ 685㎜×610㎜)

O3
華やかで、凛としたきれいなお顔で気に入ってます。

O4
さて、この絵が目にとまったのは、半年ほど前に近所のリサイクルショップで入手した、この博多人形を持っていたからです。

O5
梅の花をあしらった鮮やかなオレンジ色の着物が綺麗で、あでやかな立ち姿。

O6
伏し目のお顔も品があってよろしおますな。

O7
「春粧」 中村広男 作 高さ 約40cm

O8

ついでに紹介。やはりネットオークションで入手した「花嫁人形」の博多人形。(作者不明)

O9
高さ 約25cmです。ガラスケース付。

O10

お顔はいまいちですが、これはこれで清楚で綺麗です。

すいません。今回はまったくエロなしで。

こんな普通のものも集めてますよ!と言うアピールでした!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年4月30日 (土)

思い出の麻田紘子 その後

先日実家に行く用事があったので、あのにますさんのコメントを真に受けて(笑)、高校生のころに描いた油絵を探して持って帰ってきました。

A2
10号のキャンバスに描いてました。ま・・・出来は・・・こんなもんですわ・・・すみません・・・

A1
もとのグラビア写真はこちらです。

A3
今は亡き両親も、高校生のころにこんな絵を描いていた私をさぞや心配したことでしょうね・・・。
安心してください!立派な変態に育ちましたよ!

さて、一緒に勉強部屋にあった「135人の女ともだち 篠山紀信 激写 全撮影」も発掘。

A4
原田美枝子や!

A5
水沢アキや!

A6
リンゴの麻田奈美も激写されていた!

A7
もちろん、我らが麻田紘子さんのページも(小っちゃく)ありまっせ!

A8
そして時代はビニ本、裏本、そしてヘアヌード解禁と移っていますが、結局ポルノ解禁には至らず、最近ではテレビでヌードは映らなくなり、どちらかと言えば時代は逆行しているような気がします。
インターネットならなにもかも丸見えなのにね・・・ 昭和は遠くになりにけり。

関連日記:思い出の麻田紘子 in GORO 

2016年3月25日 (金)

思い出の麻田紘子 in GORO

今回は人形とは関係ありませんが、掃除をしていると高校生のころ(1979年頃)の「GORO(小学館)」のスクラップが出てきました。

H4
私ぐらいの年齢の男性は皆さん、篠山紀信撮影の巻頭グラビア「激写」のお世話になったんじゃないでしょうか

H6
私が後生大事に保管していたモデルさんは「麻田紘子」さん。

H5
もう大好きな写真で、このたたずまいから清楚な雰囲気まで、今に至る私の女性美の原点みたいなものです。

H7
伏し目がちな表情、きれいな横顔・・・

H8
画像追加:57才北村さんのリクエストにお応えして、美尻を!

Go1

当時よく絵に描いたものです。

H1
確か実家にはキャンバスに描いた油絵もあったはず・・・。

H2
私の記憶が正しければ、彼女はこのグラビアのあと「資生堂」のCMに起用されたと思いますが、すぐに叶和貴子に変更になり、がっかりした憶えがあります。(うろおぼえ)

現在60歳ぐらいのオバチャマにおなりなんでしょうかね。

関連日記→思い出の麻田紘子 その後 

全く関係ありませんが、昨今なんでも(戦闘機でも戦艦でも)美少女化するのが流行ってますが、これは当時(1979年)スターウォーズのハン・ソロ船長を女の子化して描いたものです。

H3
なかなか時代を先取りしていたと思いません?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月15日 (金)

インド 春画 ミニアチュール

人形ではありませんが、またよく分からんものをネットオークションで入手しましたので、紹介します。

M1
薄い象牙の板に描かれた、インド風春画4枚。
なんと言ってもカーマ・スートラの国ですからね。

大きさ約10cm×7cm 厚さは全て1mm程度です。

M2
大きさ約6.5cm×10cm

M3
大きさ約7cm×6.5cm

M4
大きさ約7.5cm×5.5cm

M5
少し調べてみるとインドの工芸品でミニアチュール(細密画)と呼ばれるものだそうです。
象牙を薄く板状にして、その上に描かれており、薄く板にしても、象牙はまた丸く復元しようとするので、薄い透明のフィルムで巻いてあるそうです。

M7
裏を見ると象牙?ですかね。やはりフィルムが巻かれていますが、保存が悪かったのか、やや丸く反ってきています。フィルムにも破れや色移りがあります。

M8
絵も細密とはちょっと言いにくいですが、ま~ま~きれいに描かれているでしょうか?

M6
値打ちが有るのか無いのか??

情報お持ちの方がいらしたらまた教えてください。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)