フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2019年1月15日 (火)

何家英の工芸画

確か4~5年前から、ネットオークションで気になる絵が出品されてました。

9ithfycwymx3870985
構図は裸婦が百合を持ってたり、カニを食べてる、けったいな絵。

掛け軸に日本画のような、それにしては写実的で魅惑的な裸婦画でしたが、そのころは絵には興味がなく(と、言うか、立体物は現物を入手しないと手に取ることができませんが、絵はコピーでも良いと思っていたので)、入札はするものの落札までは至りませんでした。

その後、その絵を見なくなったと思ったら、最近また見るようになり、それも前よりも高額で出品、落札されていました。

作者は中国の画家 何家英。

Dw6vagmucaaemh8
ただ、最近出品されているものは、どうも胡散臭いもの(肉筆画と紹介されているが、明らかな贋作?)が多く、この際、印刷でも良いので、工芸画を2つ入手しました。
(ま、これも縮小印刷に簡易な表装を施したもので、海賊版の可能性もありますが)

Dw6woku8aauvju
最近の女性が描く日本画の美人画も綺麗なものが多くなりましたが、この裸婦画も上品で綺麗です。

Dw6wonu0aemc1q
大きさは原画の1/2ぐらいでしょうか。

Dw6wopvsaej1qv
なんといっても顔がいい!(笑)

Iimg600x5671546097538gqyyj1103217
美人!惚れてまうやろ!

Iimg600x6831546696127elkv4m162373
前からリサイクルショップで買っておいた額に入れてみました。

Dw6vaguvaaa2zxm_1
ちょっとサイズが合ってませんが、工芸品なので気軽に飾れます。

Dxf5h7evyaazgil

仕事場に飾ってみました。(1月17日追記)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2018年4月 5日 (木)

額装するぞ!

二ヶ月のご無沙汰です。
しかも今回は人形でもフィギュアでもありません(笑)

前からネットオークションなどで入手した、肉筆画や春画を額装したいと思っていましたが、なかなか時間が取れなかったのですが、今回実行。

S10_2

額やフレームも新品を買うと結構お高いですが、リサイクルショップなどでは、未使用の新古品が割安で入手できるので、少しずつ買い集めていました。

こちらは昭和の緊縛絵師 椋陽児 画伯の肉筆画稿二枚を額装。

S6_2

雲助に手籠めにされる町娘ってシーンでしょうか。

S8_2


こちらは現代風で、変態親父にいたぶられる少女でしょうか。

S7_2

モノクロの鉛筆画やペン画の絵はよく見ますが、彩色で秘所の細部まで描かれています。

S11_2

この少女の表情は素晴らしいですね。お宝です!

こちらは前田寿安 画伯の緊縛挿絵。

S9_2

ラフなタッチで、使用時のパラフィン紙もついてましたが、そのまま額装しました。

こちらは絹本肉筆の春画6図の巻物。

S2_2

きれいなので、そんなに古いものではないでしょう。

S3_2

こういうものは表装するのが良いのかもしれませんが、そんなお金もありませんし、それほど値打ちがあるとも思えないので、ハサミで切ってバラバラにしました。

S1_2

一枚ずつ額装。

S4_2

ま、巻いたまま置いておくより、この方が陽の目を見ていいですよね。

S5_2

さて色々額装しましたが、飾るところが無い・・・

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年7月 2日 (土)

橙色の着物

最近購入したパステル画と博多人形です。

O1
先に買ったのは博多人形のほうでしたが、ネットオークションでよく似たきれいな舞妓さんの絵があったので入手しました。

O2
荒木義太郎 作 「舞(祇園の舞妓)」 パステル画 10号(額装サイズ 685㎜×610㎜)

O3
華やかで、凛としたきれいなお顔で気に入ってます。

O4
さて、この絵が目にとまったのは、半年ほど前に近所のリサイクルショップで入手した、この博多人形を持っていたからです。

O5
梅の花をあしらった鮮やかなオレンジ色の着物が綺麗で、あでやかな立ち姿。

O6
伏し目のお顔も品があってよろしおますな。

O7
「春粧」 中村広男 作 高さ 約40cm

O8

ついでに紹介。やはりネットオークションで入手した「花嫁人形」の博多人形。(作者不明)

O9
高さ 約25cmです。ガラスケース付。

O10

お顔はいまいちですが、これはこれで清楚で綺麗です。

すいません。今回はまったくエロなしで。

こんな普通のものも集めてますよ!と言うアピールでした!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年4月30日 (土)

思い出の麻田紘子 その後

先日実家に行く用事があったので、あのにますさんのコメントを真に受けて(笑)、高校生のころに描いた油絵を探して持って帰ってきました。

A2
10号のキャンバスに描いてました。ま・・・出来は・・・こんなもんですわ・・・すみません・・・

A1
もとのグラビア写真はこちらです。

A3
今は亡き両親も、高校生のころにこんな絵を描いていた私をさぞや心配したことでしょうね・・・。
安心してください!立派な変態に育ちましたよ!

さて、一緒に勉強部屋にあった「135人の女ともだち 篠山紀信 激写 全撮影」も発掘。

A4
原田美枝子や!

A5
水沢アキや!

A6
リンゴの麻田奈美も激写されていた!

A7
もちろん、我らが麻田紘子さんのページも(小っちゃく)ありまっせ!

A8
そして時代はビニ本、裏本、そしてヘアヌード解禁と移っていますが、結局ポルノ解禁には至らず、最近ではテレビでヌードは映らなくなり、どちらかと言えば時代は逆行しているような気がします。
インターネットならなにもかも丸見えなのにね・・・ 昭和は遠くになりにけり。

関連日記:思い出の麻田紘子 in GORO 

2016年3月25日 (金)

思い出の麻田紘子 in GORO

今回は人形とは関係ありませんが、掃除をしていると高校生のころ(1979年頃)の「GORO(小学館)」のスクラップが出てきました。

H4
私ぐらいの年齢の男性は皆さん、篠山紀信撮影の巻頭グラビア「激写」のお世話になったんじゃないでしょうか

H6
私が後生大事に保管していたモデルさんは「麻田紘子」さん。

H5
もう大好きな写真で、このたたずまいから清楚な雰囲気まで、今に至る私の女性美の原点みたいなものです。

H7
伏し目がちな表情、きれいな横顔・・・

H8
画像追加:57才北村さんのリクエストにお応えして、美尻を!

Go1

当時よく絵に描いたものです。

H1
確か実家にはキャンバスに描いた油絵もあったはず・・・。

H2
私の記憶が正しければ、彼女はこのグラビアのあと「資生堂」のCMに起用されたと思いますが、すぐに叶和貴子に変更になり、がっかりした憶えがあります。(うろおぼえ)

現在60歳ぐらいのオバチャマにおなりなんでしょうかね。

関連日記→思い出の麻田紘子 その後 

全く関係ありませんが、昨今なんでも(戦闘機でも戦艦でも)美少女化するのが流行ってますが、これは当時(1979年)スターウォーズのハン・ソロ船長を女の子化して描いたものです。

H3
なかなか時代を先取りしていたと思いません?

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2016年1月15日 (金)

インド 春画 ミニアチュール

人形ではありませんが、またよく分からんものをネットオークションで入手しましたので、紹介します。

M1
薄い象牙の板に描かれた、インド風春画4枚。
なんと言ってもカーマ・スートラの国ですからね。

大きさ約10cm×7cm 厚さは全て1mm程度です。

M2
大きさ約6.5cm×10cm

M3
大きさ約7cm×6.5cm

M4
大きさ約7.5cm×5.5cm

M5
少し調べてみるとインドの工芸品でミニアチュール(細密画)と呼ばれるものだそうです。
象牙を薄く板状にして、その上に描かれており、薄く板にしても、象牙はまた丸く復元しようとするので、薄い透明のフィルムで巻いてあるそうです。

M7
裏を見ると象牙?ですかね。やはりフィルムが巻かれていますが、保存が悪かったのか、やや丸く反ってきています。フィルムにも破れや色移りがあります。

M8
絵も細密とはちょっと言いにくいですが、ま~ま~きれいに描かれているでしょうか?

M6
値打ちが有るのか無いのか??

情報お持ちの方がいらしたらまた教えてください。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2015年11月22日 (日)

やっぱり佐伯俊男やね!

耽美エロスと言えば、私は真っ先に佐伯俊男氏の絵が思い浮かびます。

最初に知ったのは高校生のころ「SMセレクト」のカラーグラビア部分に数ページ載っていたもので、不気味でそれでいて独特の色香のあるイラストで、一度見てから忘れられないものでした。(その後創刊された、SMスナイパーの写真のきれいさに、SMセレクトやSMファンはあんまり見なくなるんですが・・・

私が持ってる佐伯氏の画集。

S1
緋匡(あかいはこ)芳賀書店刊(昭和47年) 200部限定の豪華本。

S2
これはさすがに古本で入手しましたが、学生のころ心斎橋の大丸・そごうの向かいにあった古書店のワゴンに置いてあった小振りの普及版をよく立読みしていました。

「痴虫(ちむし)」「痴虫2号」トレヴィル刊(1995年・1996年)

S3
大判の画集で全ページカラーで氏の絵が堪能できます。
S4
蛸と海女はここでもしっかりモチーフになっていますね。
S5
こんな色っぽくて可哀そうな人魚、見たことない。
S6
「佐伯俊男 最初期画集」青林工藝社刊(2002年)

S7
氏の直筆サイン入り。限定本で落款入りの画集です。

S8
初期のコミカルな絵柄も掲載されています。
S9
こちらは「夢覘-佐伯俊男画集」国書刊行会 刊(2014年)

A1
おそらく一番新しい画集だと思います。

A2
先述のSMセレクトに掲載されていた巻頭カラーグラビアが収録されています。私みたいに切り取ってスクラップしていたファンには嬉しいですね!

佐伯俊男のこの決して陽気ではない、陰なエロスの絵を実在のモデルで再現できるのは、壇蜜さんしかいないと思います。
壇蜜を初めて見たとき、「あっ!佐伯俊男と江戸川乱歩の世界の女性が本当にいた!」と思いましたがいかがでしょう?

丸尾末広や山本タカトなどの世界観も佐伯俊男からかなりインスパイアされているんじゃないでしょうか?(ま、そんなこと言い出せば佐伯だって月岡芳年がいなければみたなことになりますが)

S10

あらためて画集を見直して、私も自作の人形で再現したい絵がいくつもありました。

こんど挑戦してみよう!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年9月14日 (日)

望月三起也のフィギュア

漫画家 望月三起也と言えば「ワイルド7」ですが、私は少年チャンピオンの「はだしの巨人」ですね。
ま、それはどうでもいいんですが、25年ほど前、望月三起也のムック「THE ART OF MIKIYA MOCHIZUKI」(徳間書店)が出たとき、氏が趣味で作ったオリジナル・フィギュアも一緒に掲載されていました。

M1
これが実にいいんです。

M2
と言うか、氏の描く女性にそっくり!

M3
「あ~!やっぱり描く絵と立体は似るんだ!」と実感した瞬間でした。

M4
漫画家の絵を見ると、立体を理解・把握している絵と全く把握していない絵があります。
「ドラゴンボール」の鳥山明氏の絵なんかその典型で、メカのパイプが裏側でどう繋がっているか、関節がどう動くか分かるぐらい把握して描かれています。

望月三起也の絵も女性がすごく肉感的で動きもダイナミックなんですが、フィギュアもその絵の通りでビックリしました!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年9月 3日 (水)

Hなことは全て永井豪で学んだ!

私が現在50代になって、漫画家の永井豪や楳図かずおはいったい何歳なんだろう?と時々思います。

私が最初に買った漫画雑誌は「少年チャンピオン」で、小3の頃でしょうか。
そこに連載されいたのが永井豪の「あばしり一家」でした。(画像は角川文庫版)

A1
A2
SMも拷問もスカトロ、ロリコン、猟奇趣味、巨大女も、ほぼ全ての性的フェチズムは永井豪の漫画から学んだと言って過言ではないでしょう。(当時は子供なので分かっていなかったんでしょうが)

やっぱり同じことを思ってるひとはいるようで、こんな本も出ています。
「永井豪 ショッキング エッチ コレクション」講談社

N1
ま~そんなシーンばっかり集めて解説。しかしドリル浣腸って!

N2
永井豪の「デビルマン」や「マジンガーZ」などは後のクリエイターに与えた影響は計り知れず、あらゆる分野において先駆者と言っていいんじゃないでしょうか。

こちらは各方面で活躍中のクリエイターが描いた「デビルマン イラストレーションズ」講談社

N3
各々の才能で昇華されたデビルマンが堪能できます。
司淳の死麗濡(シレーヌ)

N4
永井豪ほどダイレクト、直接的でなくても当時のウルトラマン・セブン・Qなどでも、八つ裂き光輪で真っ二つにされる怪獣や首チョンパされる宇宙人、巨大フジ隊員、Qの八分の一計画など、見え隠れする性的倒錯要素はあったように思います。

手塚治虫の漫画もそうですし(私は「アラバスター」が好き)、ジョージ秋山らも大伴昌司の巻頭グラビアも、いま振り返ると’60s~’70s代はトンデモないのが多かったですね

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2014年8月30日 (土)

苦悶の表情なら沖渉二

「沖渉二作品第一集 バラクーダの秘宝」(マガジン・ファイブ)

O1
沖渉二(おき しょうじ)も好きな緊縛絵師のひとりです。
現代絵も時代絵も洋物風も上手い。

O2
いつも眉をひそめた苦悶の表情を浮かべた美人ですがバタ臭い顔という印象があります。
なので、SM絵師には珍しい、洋物の拷問などのイラストも多いですね。

O3
この本にはカラー・モノクロ・2色イラスト挿画とともの劇画も掲載されています。

M1
絵柄は劇画家 平田弘史のようでもあり迫力がありますね。

O4
肉感的でええな~!

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)