フォト

モーション ウィジェット

  • おススメ!
無料ブログはココログ

2020年5月15日 (金)

湯上り熟女の土人形

以前とある秘宝館で見て、ずっと欲しかった湯上がり女性の土人形がネットオークションに出品されていましたので、ちょっと値段が高かったのですが、またの機会がいつあるか分からないので、無理してゲット!

Exuxdjpvaailtt1

さて、届いた実物を見ると、良い! 割と大きく高さ20㎝ほどあります。

Exuxgc6u0aiqy4n

年増の肉体と色気を、これほど写実的に表した造形があるでしょうか? (赤ん坊はオマケで、たぶんこの土人形とは関係ありません)

Exuxilvcaa49ch

もちろん、彫刻の名作やリヤドロなどの名だたる工芸品には、もっと素晴らしいものがあるでしょうか、言ってみれば、戦後場末の温泉の土産物店で売っていたであろう品物が、ここまで、日本女性のあるがままの姿を表現し、商品化し、それを買う好事家がいたという事実!これがいま日本で失われつつある真の文化でしょう!とか言ってみる(笑)

Exuxh_yucaa9tg

もちろん手拭いは取れます! じゃまだ!どけガキ!

Exuxukeuwaa66ov

こちらはジジババの湯上り人形。もちろん持ってます!

Exvw2vuwkammccp

なんでこんなん作るかな!?(笑)

Exvw39zu0aa0ujx

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2020年5月13日 (水)

黒人美女人形たち

ネットオークションに黒人女性の人形がまとめた数で出てたので落札。

Exjz71au8ac_nr9

以前、同じタイプの人形を、骨董市でひとつ買ったことがあり、こんなに入手できて良かったです。
大きさは、高さ15~20cmぐらい。

Exjacdwuyaepbtc

黒人のスレンダーなスタイルや長い手足なんかも、上手く表現してありますね。
着衣や半裸のものもあり、私の好きなロケットおっぱいも再現!

Exjaaixuyaevv6r

半身の彫刻も顔の造型など、よく特徴をとらえています。おっぱいの形も良いですね!

Exjz9ngu0ayd2eo

同じころに、この黒人の女戦士の置物もゲット。
彩色が多く、目も色が塗ってあり、先の人形とはちょっと趣が違いますね。

Exjtyuueaenjb 

じつは1~2年前に、京都、北野天満宮の骨董市で、この女戦士人形があって(うろ憶えで、これだったかは不明)、買おうかどうか迷ったあげく買わずに帰り、後から後悔して、どうしても欲しくて、自分で粘土で作ったのが、このマサイの女戦士でした(笑)

Exjyd2vcaapop7

ま、やっと入手できて良かったです。これをあのとき骨董市で買ってたら、マサイ人形は作ってなかったかも?

Exjvleu0aeme2t

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2020年4月20日 (月)

夢千代日記 博多人形

久しぶりの人形紹介ですが、すいません。エロくないです。

Ermui4luwaabftr

少し前にネットオークションでとても素敵な人形を入手。

Ermu8ghu4aiwqa

夢千代日記の吉永小百合様(たぶん)の博多人形。

Ermu9lqu0aavvvm

植木進 作

Ermu6zcvuaaiuxf

私は残念ながらドラマは見てないのですが、夢千代日記の時の吉永小百合様は36歳。

Ermv4vmuuaalwu

本当に美しく、儚げで、なんとも言えない艶気がありますね~( 〃▽〃)

Ermv6biu0aar1gw

若い時の映像を見ると、今の広瀬すずみたいなちょっと勝気なチャキチャキしたイメージですが、夢千代の頃が一番綺麗なんじゃないでしょうか。

Ermv7tgvaaa2pni
(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2020年1月11日 (土)

春画人形 遊女と老按摩師

以前、何度か「老刺青師と遊女」の裏絵 博多人形を紹介しましたが、今回デザイン・意匠の異なった春画人形を入手しました。

Image_20200111210401

遊女の腰部分を指圧?按摩?している按摩さん?

「遊女と老按摩師」と名付けておきましょう。

_20200107_174728 

見ようによれば目も悪そうですね。

女性の方も髪の結を解いた状態で、せっかくの刺青が見えませんね(笑)

Dsc_8866

裏を見ると隠し絵ではなく、老師と遊女がまぐわった状態が、造型的な破綻なく表現されています。

_20200107_174815

Dsc_8864

エッチしながら女の子の腰をマッサージって、割とみんな経験あるかも?

Dsc_8867_20200112213401

女「ああ 気持ちいい~」
男「どっちがや?」

_20200107_174749

ちょっとお高かったんですが、大きさ、幅:約24cm 高さ:約16cm 奥行:約19cm キズも汚れもほとんどなく、箱も付いてました。

Dsc_8869

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)



2019年11月22日 (金)

山本高樹氏のレトロ昭和ミニジオラマ「飛田新地」を入手!

2012年のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」のオープニングで流れる、懐かしい昭和のジオラマを憶えておられるだろうか?

20121027000126a26

あのジオラマを担当したのが、レトロジオラマ作家の山本高樹さん。

Iimg1200x12001573465928obgocz817601

今回、ネットオークションに氏が自ら出品した、ミニジオラマ「飛田新地」が登場。

Iimg1200x12001573465903fwr6md833659

めでたく落札できました。

Ejyd0l5u8aau3pv

玄関でお客を呼び込むやり手婆、にっこり笑顔の嬢。

Iimg1200x12001573467318yenw6l802226

ニコニコ二階へ向かうお客は、お運びさんのスカートの中をちゃっかり覗き見。

Iimg1200x12001573466001potdm1833704

案内される部屋には、真っ裸でお迎え予定の嬢。(それとも一戦終えた後でしょうか?)

Iimg1200x12001573466116sdbbs2849652

幅約165㎜ 奥行165㎜ 高さ260㎜の空間にギュッと物語が詰まっていますね。

Iimg1200x12001573466032runlqb933419

LED照明付きで、雰囲気たっぷりです。

「もうここにしよか?」「いや、おれはもう一回りしてくるわ」って会話が聞こえそうです。

Dsc_8220_20191122221601

さて、こちらはおなじみの私が作った飛田新地の人形。

Tb1_2

もうすぐクリスマスシーズン。サンタの格好した嬢たちが待ってるかもね。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)


2019年11月 6日 (水)

「日本歴代風俗人形」と言ってもエッチな風俗じゃありません!

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852

5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031

11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044

 12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

Akda2008img800x6001509238024icjwra17645

Akda2008img800x600150923802451feue17645

Akda2008img800x6001509238024qdabu117645

Akda2008img800x6001508637164ldqskv7864

Akda2008img800x6001508637164nxwepi7864

Akda2008img800x6001508637164t6ofp67864

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
学習教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

 

 

 

 

2019年7月11日 (木)

お前百までわしゃ九十九まで 裸高砂人形

さて、前から気になって欲しかった人形をついに入手しました。

裸の老夫婦の博多人形。

T1

よく見る、長寿を祝う「高砂」とよく似た構図(?)なので、その変形かもしれませんし、こういうデザインが普通にあったのかもしれませんね。

M91975198478_1

少なくとも、裏絵や隠し絵のようなエロを目的にしたものではないような気もしますが・・。

実はこのお爺ちゃんのほう以前からは持っていました。
今回やっとお婆ちゃん共々の夫婦人形も入手できましたが、ここで思わぬ三角関係勃発!

T2

去年老妻を亡くした双子の兄が風呂場に乱入!

T3_20190713210401

弟「こりゃ!」兄貴!ひとの女房に手を出すな!」

T4

弟老妻「ありゃ!どちらがわしの旦那かね~?珍棒見たらわかるかね~?」

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年7月 2日 (火)

真鍮製 歓喜仏とネットオークションの傾向と対策

前から欲しかった歓喜仏の真鍮製の置物をネットオークションで入手しました。

Hb1

あんまり詳しくはありませんが、チベット仏教(密教)の聖天さんのひとつ?でしょうか。

Hb2

ご覧のように、小ぶりでそれほど凝ったつくりではなく、簡易な作りで、ネットオークションでも骨董市でもよく見る工芸品です。

Hb3

しかし、その割には値段が高く、骨董市ではだいたい15,000円~20,000円ぐらい。
ネットオークションでは1円から始まるものが多く、しかし入札しても入札しても高値更新され、結局10,000円以上に競り上がってしまいます。
おそらく、最初から最低値段が設定されており、サクラがその値段で入札しているんでしょう。

Hb4

実感では大陸系の出品者にはこの傾向が多く、いくら安値で落札しようと思っても時間の無駄です。(もちろん良心的ところもあります)

Hb7

今回の出品は、他の出品物を見る限り、個人の所有物の放出的な感じで、値段も上記の半値で落すことができました。

Hb5

とは、言うもののこの歓喜天・歓喜仏、あるところ(日記参照)でとんでもないコレクションを見ているので、集める気はとうの昔に無くなっていて、とりあえずこれ一個で満足しておきます。

チベット密教参考ブログ(画像が多くて分かりやすいです)

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年6月26日 (水)

良く似た姉妹 木彫 裸天女像

先日ネットオークションに、すでに所有している「木彫 裸観音像」がガラスケース付きで出品されていて、ダメもとで入札。

K5

するとあまり競合相手がいなかったのか、割と安価で落札できました。

さて、後日届いて荷解きして、現物を見ると、持ってる像と何か違う。

K1

もともと、ひとつひとつ手彫りなので、顔が一個一個違うのは知ってましたが、やぱり何かが違う。

K2

という事で観音様を持ってくると

K6

あっ!手の位置も違うし桃も持ってない。なるほどそうだったのか。

K8

ま、当初は同じものが2つと思ってたのが、違う種類の像を入手できたと嬉しくなりました。

K9

で、今回の像は、出品時に書いてあった通り、「木彫 裸天女像」と名付けました。

K3

もちろん天女の女陰もしっかり彫刻してあります。ありがたや!

K4

まるで姉妹のようなので、同じガラスケースに入れてあげましょう。

K7

ケンカせず、御利益二倍増しでお願いします!

参考日記:木彫オ○コ観音 

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)

2019年6月12日 (水)

念願のタイの裸菩薩坐像入手顛末記

おばんです。

前から欲しかったモノを入手しました。

これは以前伊豆の「伊豆極楽苑」で見た裸坐像。

Image

シャムかタイ製のものだと思いますが、なんとも言えない艶消しの柔らかそうな肌合いは、他の人形には見ない妖しさ、色っぽさがありました。
その後、タイの立像は何種類か入手できました。
でも長いこと、座像はなかなか見る事がなかったんですが、先日ネットオークションに出ていて、めでたく落札できましたが、今回紹介できるまでの顛末記を書きたいと思います。

以下画像3枚は、ネットオークションの出品時の画像です。

Iimg480x6401558323691iamxgr1564562

さて、この坐像、よく見ると女陰部分に手が加えられているようです。

Iimg640x480155832369111sevp1564605

これまで何ヵ所かで同じデザインの像を見ましたが、アソコはプックリした無毛の恥丘で(そこがまた魅力のひとつ)、このような女陰が作られ、陰毛まであるものは見たことがありません。しかも造形が雑!おそらく以前の所有者が手を加えたのでしょう。

Iimg640x4801558323733bfn91q1564643

それはさておき、今回出品者が骨董屋さんで、比較的近い場所だったこともあり、直接受け取りに行きました。(これがそもそもの失敗だったかも?)
品物を受け取り、帰ってから改めて隅々まで見たところ、ガ~ン!首が折れとる!!

B9

出品画像を見ると折れている様子ないし、と言うものの、現地でしっかり確認しなかったし、骨董屋のおっさんが箱に入れるときぶつけてたような気もするし、車で移動中に折れた可能性もあるし・・・

落札後、宅配便で送付してもらってたら、何らかの補償が可能だったかもしれませんが、もうこうなるとどこに責任の所在があるか分からんし、いずれにしてもこの坐像自体は欲しいし、ここは全て私の責任と開き直り、女陰も含め、他の破損部分も修正・補修することにしました。

B7

女陰部分以外でも色のハゲやカスレがあったので、首の折れと一緒に補修。

B8 

ハイ!出来ました!俺って天才?

B1

B3

B2

再彩色の際に、描いてあった雑な陰毛も消して、元の無毛恥丘に。

B5

女陰ももっとわたし好みに造形。

B6

これは半分私の手が入ってしまったので、勝手に「タイの裸菩薩坐像」と名付けちゃいましょう!

PS:パソコンの画像を整理していたら、以前ネットオークションに出ていた完品(と思われる)画像がありました。

D9jg9etueaav1gr

(このブログは「春画人形の世界」 の一部です)


 

より以前の記事一覧